【お肌トラブル別】コンシーラーの使い方6つとシミやクマへの使い方

コンシーラーを使えばお肌のトラブルを隠すことができます。

またコンシーラーにはお肌のトラブル隠し以外にも美しくみせるための応用テクニックがあります。

効果的にコンシーラーを使うためにはどのようなコンシーラーをどのように使えばよいでしょうか。ご紹介いたします。

コンシーラーを正しく使えてる?

【お肌トラブル別】コンシーラーの使い方6つとシミやクマへの使い方

ファンデーションだけでは隠しきれないお肌のトラブル『シミ』や『くすみ』そして『ニキビ跡』にコンシーラーを使用する人も多いのではないでしょうか。

コンシーラーを使用すればファンデーションの厚塗りを避けることができますし、何より自然な仕上がりで綺麗なお肌に見えます。

肌を美しくみせるために使用されているコンシーラーですが、意外にも正しい使い方や選び方を知っている人は少ないようです。

今回はコンシーラーの選び方と効果的な使い方をご紹介いたします。

コンシーラーの種類

コンシーラーと一口にいってもいろいろなタイプがあります。油分が多くよく伸びる『クリームタイプ』やコンシーラーを2色以上集めた『パレットタイプ』などです。

また、シワができやすい部分におすすめの『リキッドタイプ』や、カバー力が高い『スティックタイプ』、細かな補正に使われる『ペンシルタイプ』もあります。

カバーしたい場所や目的などに合わせてコンシーラーのタイプを選びます。

【お肌トラブル別】コンシーラーの使い方6つ

【お肌トラブル別】コンシーラーの使い方6つとシミやクマへの使い方

コンシーラーはファンデーションでカバーしきれない肌のトラブルをカバーしてくれるだけではありません。

加齢により目立つ目尻のシワやほうれい線などのカバーのほかにも、鼻筋や額に入れれば立体的なメイクを施すこともできます。

リキットタイプのファンデーションの場合はファンデーション後にコンシーラーを使い、パウダータイプのファンデーションの場合はファンデーション前に使用します。

この他にどのように使用すれば効果的にお肌のトラブルをカバーできるでしょうか。

コンシーラーの使い方1:シミ

シミにコンシーラーを使用するならスティックタイプのコンシーラーがおすすめです。シミの範囲が広い場合はクリームタイプでも対応できます。

また小さなシミに使用するのであればペンシルタイプでも充分です。気になるシミがある部分にポイント的にコンシーラーを乗せていきます。

その後、肌になじませますが、あまり伸ばしすぎてしまうとせっかく隠したシミが出てきてしまうので、気をつけましょう。

コンシーラーの使い方2:そばかす

そばかすがある範囲によって使用するコンシーラーを使い分けます。

そばかすが広範囲にある場合はクリームタイプのコンシーラーを使用し、ピンポイントのカバーですむ範囲のものはペンシルタイプやスティックタイプなどの固めでピンポイントで使えるものを使用します。

そばかす隠しで使用するなら、使用範囲が広い場合でも狭い場合でも使い方は同じで、そばかす部分に点々と置く感じで乗せていきましょう。

コンシーラーの使い方3:クマ

コンシーラーで目の下のクマを隠す場合は、リキッドタイプかクリームタイプのコンシーラーがおすすめです。

そしてクマの色で選ぶコンシーラーの色味を変えます。青いクマの場合はオレンジ系かピンク系を、茶いクマにはベージュ系かオレンジ系のコンシーラーを選びます。

また黒いクマにはベージュ系かオークル系でパール配合のコンシーラーがおすすめです。

クマへは薄く塗るのがコツで一回で隠れない場合は薄く重ねづけをしましょう。

コンシーラーの使い方4:シワ・ほうれい線

シワやほうれい線へコンシーラーを使用するなら、肌の色よりも明るい色味のものやパール配合のリキッドコンシーラーを選びましょう。

シワやほうれい線はその部分が陰になることで目立ちますが、パール配合のコンシーラーを使用するとシワやほうれい線がパールの光で目立ちにくくなります。

また明るい色のコンシーラーを陰になる部分に沿って何度かさっさと線を引いてなじませるか、指で塗って猫のひげを書くように横に逃がしながらぽんぽんとなじませるのもおすすめです。

コンシーラーの使い方5:ニキビ跡・肌の赤み

ニキビ跡にはピンポイントでの使用になるためクリームタイプのコンシーラーかスティックタイプのコンシーラーがおすすめです。

色の選び方は肌の赤みが強くなければイエロー系かベージュ系がおすすめですが、赤みが強い場合にはグリーン系のコンシーラーがおすすめとなります。

凸凹しているニキビ跡には中心から広げるよう優しくコンシーラーをなじませていきます。

このとき中心は自身の肌の色よりも濃いめの色を使い、周りは自分と同じ肌の色をのせます。

コンシーラーの使い方6:小鼻の赤み

小鼻の赤みを隠すにはリキッドタイプやクリーム状のコンシーラー、もしくは小鼻のキワにそのまま使えるスティックタイプが向いています。

色味は基本的に肌より少し明るめの色かイエロー系、赤みが強い場合はグリーン系のコンシーラーがおすすめです。

チップやブラシにとり小鼻のキワへ薄く塗ります。薄く塗った後はコンシーラーの周辺をスポンジを使ってなじませます。

コンシーラーを応用したメイク方法2つ

【お肌トラブル別】コンシーラーの使い方6つとシミやクマへの使い方

コンシーラーを使えばお肌のトラブルも簡単にカバーできますが、コンシーラーは気になるお肌のトラブルを隠してくれるだけではありません。

お肌のトラブル対策として使用するだけでなく、コンシーラーもファンデーションのようにお肌を美しく見せるメイクアイテムのひとつなのです。

お肌のトラブル隠し以外にもコンシーラーにはこのような応用テクニックがあります。

応用したメイク方法1:ツヤ肌に見せたいとき

白いコンシーラーや明るい色味のコンシーラーは鼻筋やおでこのいわゆるTゾーンに使用するとハイライト効果があります。

スティックタイプなどのコンシーラーで線を引くようにTゾーンへ塗り、その後ぼかします。

この他にもリキッドファンデーションを塗り終えた後に、明るい色味のリキッドタイプのコンシーラーを頬骨の高い位置へ塗る方法もあります。

このときコンシーラーは筋状にのせ、広範囲に伸ばしすぎないように注意します。

応用したメイク方法2:小顔に見せたいとき

目を大きく見せて小顔に見せるテクニックになります。小顔に見せたいときにはリキッドコンシーラーとブラシを使います。コンシーラーの色は自分の肌に合った色を使いましょう。

使い方は目の下のクマが出る部分にコンシーラーを塗っていくような形になります。目頭から少し離して頬へ向かって斜め下に伸ばします。

伸ばしたコンシーラーを今度は目じりに向かって斜め上にぼかしていきます。このとき目の下ぎりぎりへは塗らないのがコツです。

おすすめのコンシーラー5選

【お肌トラブル別】コンシーラーの使い方6つとシミやクマへの使い方

これまではコンシーラーの使い方について、ご紹介いたしました。

コンシーラーはファンデーションで隠し切れないお肌のトラブルに有効なだけでなく、より美しい肌を目指すためにも有効であるとご理解いただけたでしょう。

ここでは美肌を目指してコンシーラーを買ってみたいけど、どんなものを選んだらよいか選び方が分からない方におすすめのコンシーラーをいくつかご紹介いたします。

ご自身のコンシーラー選びの参考にしてみてください。

おすすめのコンシーラー1:ライン スムージング コンシーラー【CLINIQUE】

アプリケータータイプのコンシーラーになります。

色味は『スムーズライト』『スムーズフェア』『スムーズミディアム』の三色です。

目のクマ隠しにもおすすめとなっています。ファンデーションの上からも塗れるので便利です。

おすすめのコンシーラー2:キルカバーエアリーフィットコンシーラー【CLUBCLIO】

韓国コスメのアプリケータータイプのコンシーラーになります。

このスリムなブラシで小さなシミやそばかすをスポット的にカバーできます。

カバーしたいトラブルが広範囲の場合でもアプリケーターを寝かせて使うことで対応できます。

色味は『フェア』『ランジェリー』『アイボリー』『リネン』『バニラ』『ジンジャー』の6色です。

おすすめのコンシーラー3:ブライトアップファンデーション【COVERMARK】

こちらのコンシーラーは『2008年@cosmeベストコスメ大賞 殿堂入り』を果たしているロングヒット商品です。

形状は少し硬めのスティックタイプで、色味は『B1』『 B2』『 Y1』『 Y2』の四色になります。

おすすめのコンシーラー4:クレ・ド・ポーボーテ【資生堂】

『クレ・ド・ポー ボーテ コレクチュールルリエフ コンシーラー』は毛穴や小ジワをカバーしたい人におすすめのコンシーラーです。

コンシーラーの形状は滑らかなクリーム状です。ごく薄くつけるだけでもファンデーションの仕上がりを美しくしてくれます。

凹凸が目立ちにくくなるので鼻の回りに使う人が多いようです。

おすすめのコンシーラー5:ミネラルUVコンシーラー【24h cosme】

天然ミネラルに天然保湿成分が加味されているお肌に優しく、カバー力の高いコンパクトタイプのコンシーラーです。

ヨレにくく肌へ密着してシミやクマなどお肌のトラブルを自然にカバーします。

コンパクトに2色セットされているので、2色を混ぜ合わせて好きな色味に調整可能です。

コンシーラーの正しい使い方をマスターしよう

シミやそばかすなどお肌のトラブルを隠すにはコンシーラーはかかせません。

しかしコンシーラーにはさまざまな種類や色味があり、お肌のトラブルにより効果的なコンシーラーが違います。

トラブル隠し以外にも使い方によっては美肌効果も期待できます。

用途に合わせたコンシーラーの使い方をマスターし、お肌のトラブル別に上手に活用できればメイクをするのが一段と楽しくなります。

今まであまりコンシーラーを使っていなかった方も、一度コンシーラーを使ってみてはいかがでしょうか。

Marieの他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…