結婚挨拶で持参する手土産の相場はいくらくらい? 喜ばれる品物は?

結婚の挨拶のために相手の自宅へ訪問するときは手土産を持参するのがマナーです。しかし、「結婚挨拶の手土産はどんな品物がいいのだろう」と悩む人も多いかもしれません。

そこで今回は、結婚挨拶の際の手土産の相場やおすすめの品物についてご紹介します。

自宅を訪問する場合は手土産を持参するのがマナー

結婚相手の自宅を訪問する際は、結婚の挨拶ではなくても手土産を持参するのが一般的なマナーとなっています。

手土産には、「相手に喜んでもらいたい」「この訪問を大切にしたい」という気持ちが込められています。

このことを考えても、手土産持参で訪問するのと手土産なしで訪問するのとでは、訪問先の相手に与える印象が大きく違ってきます。

大切な結婚の挨拶ですから、きちんとマナーを守って相手の両親にいい印象を与えることが大切です。

手土産の相場は3000円が目安

あまりに安っぽい品物では相手に気持ちが伝わらない恐れがあるので、結婚の挨拶で持参する手土産の相場は、3000円を目安に選ぶといいでしょう。

訪問に際し、時間を作ってくれた相手の両親に対するお礼の気持ちを込めて手土産を選びましょう。

また、高価すぎる品物を手土産にすると、かえって相手に気を遣わせてしまうこともありますから、5000円を超えないような値段設定のものを選ぶようにしましょう。
結婚挨拶で持参する手土産の相場はいくらくらい? 喜ばれる品物は?

手土産で喜ばれる品物は?

相手の両親の好みをリサーチしておく

結婚の挨拶で持参する手土産は、相手の両親が好むものを準備すると好感度が上がります。あらかじめ好みをリサーチしておくといいでしょう。

好みがわからない場合は、口コミで高評価のお菓子や、自分が食べてみて美味しかったお菓子などを選ぶといいでしょう。

持参した手土産が相手の好みにぴったり一致していれば、相手に与える印象が良くなるでしょう。

結婚の挨拶で相手の自宅に伺うのは緊張するものですが、手土産をきっかけに話題が広がったり場が和む効果があるので、手土産を持参することは自分自身にとってもメリットがあると言えます。

手土産で人気があるのはお菓子

一般的に、手土産として人気があるのは洋菓子や和菓子などのお菓子の詰め合わせです。お菓子を選ぶポイントは、切り分けるタイプのお菓子ではなく、個包装のお菓子の詰め合わせがおすすめです。

切り分けるタイプのお菓子は、一度封を開けてしまうと早く食べきらなければなりません。一方、個包装タイプのお菓子なら比較的日持ちもしますし、近所へのおすそ分けをする際にも便利です。
結婚挨拶で持参する手土産の相場はいくらくらい? 喜ばれる品物は?

結婚の挨拶で持参する手土産でNGな品物は?

結婚の挨拶で持参する手土産について、「縁起が悪いものを持参したくない」と考えている人もいるかもしれません。例えば、おせんべいは割れるので縁起が悪い、羊羹などは切り分ける必要があるので縁起が悪いという人もいますが、普通はそれほど気にしなくても大丈夫です。

「おいしいと評判のお菓子なので」と一言添えれば、相手に不快な思いをさせることはないでしょう。

ただし、持参する手土産を訪問先の家の近くで購入するのは、相手に対して失礼なので避けましょう。「手土産を選ぶのに手間をかけたくない」という気持ちが相手に伝わってしまい、印象が悪くなってしまいます。
結婚挨拶で持参する手土産の相場はいくらくらい? 喜ばれる品物は?

結婚の挨拶で持参する手土産はマナーを守って!

結婚の挨拶は、人生の中でも重大なイベントですから、事前にきちんと準備をして臨むようにしましょう。しっかり手土産を持参するのがマナーであり、相手に与える印象を左右する要素でもあります。

まずは相手が好きなもの、食べやすいものを選ぶのが基本です。さらに、相手を大切に思う気持ちや、感謝の気持ちが伝わるような品物を選ぶようにしましょう。

EMILYの他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

0うーん…