見た目はイケメンなのに、中身が残念すぎる男性の特徴6つ【前編】

スタイルが良くて顔も整っている、誰が見ても「イケメン」と思える男性にひと目惚れしてしまいそうになったとき、すぐに恋に落ちてしまわないように気を付けておきましょう。イケメンなのに彼女がいないフリー男性は、もしかしたら何か引っかかるところがあるのかもしれません。

見た目はイケメンなのに、中身が残念すぎる男性の特徴6つ【前編】
そこで今回は、見た目は素敵でも、実は中身が残念な男性の特徴をピックアップしてみました! あなたの周りにいるイケメン男性は、中身もイケメンですか? 恋愛を長続きさせるためにもぜひチェックしてみてくださいね。

■1.センスがなさすぎる
ファッションセンスがなさ過ぎて、見た目とのギャップが激しすぎると「残念だな…」というのが第一声ではないでしょうか? 仕事の日はピシッとしたスーツを着ていてかっこよさが倍増するだけに、残念度がアップしてしまいます。ただ、ファッションセンスは努力次第でどんどん変化させることはできるので、磨けば輝く可能性は大いにあるでしょう。

■2.趣味が残念すぎる
見た目からは判断できないくらいに残念な趣味を持っていると、それが大きなネックになってしまうと思います。たとえば、熱狂的なアイドルヲタクだったり、恋愛に興味がなくアニメに没頭していたりと、少し周りが引いてしまうような趣味を持っている可能性があります。自分の趣味の話題になった途端に人が変わったように延々としゃべり続ける傾向もあり、より残念さに拍車をかけてしまうことになるようです。

■3.常識やモラルがない
いい年をしても常識のある言動ができない人、モラルに反するような行動をとる人は、いくら見た目がかっこよくても恋愛を長続きさせることはできません。最初は顔目当てで付き合っても、だんだん彼の悪いところが見えてきて、嫌気が差してくるという結果が見えています。

こういうタイプの男性は、自分本位で思い通りにならないとすぐに感情的になったり、人のせいにしたりする傾向があります。人間的に残念な人は、どれだけイケメンでも将来性はないと考えておいた方が良いと思います。

引き続き後編でも、見た目と中身とのギャップが激しすぎて幻滅してしまう残念イケメンの特徴を3つ紹介しています。いつも恋愛で失敗してしまうという人は、もしかしたら残念イケメンに引っかかっているのかも。恋愛を成功させて幸せを掴むためにも、相手の内面を把握することは大切です。次回もお楽しみに! 
(RUREI)

この記事どうだった?

1いいね!

4うーん…