健康志向の人はぜひ取り入れて! 裸で寝ることで得られるメリットとは?

あなたは寝るとき、どんな服を着ていますか? パジャマ派、Tシャツ短パン派、ネグリジェ派、スウェット派など、いろいろな服装がありますよね。

健康志向の人はぜひ取り入れて! 裸で寝ることで得られるメリットとは?

そして中には何も身にまとわずに裸で寝ているという人もいると思います。裸で寝たことがない人にとっては驚くべきことだと思いますが、実はイギリスでは裸で寝ているという人が約3割いると言われています。

なぜ数ある部屋着、パジャマを選ばずに裸で寝るという選択肢を選んだのでしょうか? 実は裸で寝ることは、いくつものメリットが得られるという魅力がありました。

■裸睡眠って何?
何も身に付けずに生まれたままの姿で寝ること=裸睡眠と言います。裸睡眠は日本ではまだまだ浸透していないので、最初は抵抗があるかもしれませんが、実は裸睡眠を取り入れることでいくつものメリットを得られるとも言われています。

■体にいい効果がたくさん得られる裸睡眠
裸睡眠で得られるメリットはたくさんありますが、以下にいくつかをまとめてみました!

・血行促進につながる
体を締め付けないので、血流の流れが良くなり、身体に血が流れやすくなるので体の疲れを取れたり、冷え症を改善したりすることができます。

・ストレスフリーで過ごせる
衣服を着ると、どうしても衣服で締めつけてしまいます。毎日衣服を身に付けることでほとんど感じていないのですが、実は無意識のうちにストレスを感じている傾向があるようです。裸睡眠ならそういったストレスを感じずに、快適な睡眠に促すことができるのです。

・免疫力向上
血流の流れが良くなることで、新陳代謝もアップし、免疫力向上に繋がります。内臓機能も正常に働いてくれるので、健康な体を手に入れることができるでしょう。

また、男性の裸睡眠は精力アップに効果的だとか。彼と一緒に裸睡眠を取り入れてみるのも良いかも知れませんね。

■デメリットも知った上でトライしてみて
裸睡眠を導入する際は、メリットだけでなくデメリットもきちんと理解しておきましょう。

まず、裸で寝るので汗を吸収してくれるものがなく、そのまま布団に汗が吸収されてしまいます。清潔な状態で睡眠できるように、小まめにシーツを交換することが必須。

また、いつも知らない間に布団をはいでしまっている人は気を付けないとお腹を冷やして風邪をひいてしまうかも。

ひとり暮らしならまだ取り入れやすいかも知れませんが、実家暮らしだと家族に診られてしまう危険性も否めません。そして、地震などの災害に備えて、枕元には必ず服を置いておくことが大切です。

メリットとデメリットを理解した上で、裸睡眠を取りれられそうなら、ぜひ導入してみてくださいね!
(RUREI)

夜オンナの他の記事を読む

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…