ガーベラの花言葉が教えてくれた 〜恋を叶える私になる〜

お花って良いですよね〜♪「もらうのも贈るのもどちらも好き」っていう女性多いんじゃないでしょうか?

同性からプレゼントされるのも嬉しいですが、普段お花と触れ合う機会がなさげな男性からいただくとまた嬉しいですよね。お花を選んでくれている場面を想像して微笑んじゃったり。

さぁ、そんなお花の中でも今回はガーベラにスポットを当ててみました。

恋に悩む女性達へ。恋を叶える私になるために、ガーベラが教えてくれた花言葉をご紹介したいと思います!

ガーベラの花言葉の種類

ガーベラの花の色は、赤や白やピンク、黄色やオレンジなど様々。

色によって花言葉は違うのですが、ガーベラ全体の花言葉として「希望」「常に前進」というものがあります。誰かに贈る際などは、花言葉もチェックしてみると喜ばれるかもしれません。

恋愛をしていると時々不安になって、変に彼の気持ちや態度を深読みしてしまい、希望や前進という前向きなワードを忘れてしまいがち。

手に入れたいと思えば思うほど、そうなってしまいますよね。しかし、ここで本来の気持ちに立ち返りましょう。

手に入れたいと思うよりも、彼を好きだという気持ちを取り戻しましょう。

彼のどんなところを好きになりましたか? どんなところを尊敬していますか? 好意を持つということは、相手のそういう部分を尊敬しているということ。そして、その思いはどんな人の心にも自信を与えてくれます。

あなたのその尊敬の眼差しが、彼を幸福にしてくれるでしょう。希望を持って、常に前進を。
ガーベラの花言葉が教えてくれた 〜恋を叶える私になる〜

赤いガーベラは「神秘」

日本の花言葉と西洋の花言葉は少し違うみたい。ちなみに西洋では赤いガーベラは「情熱」「愛情」「ロマンス」という花言葉があるようです。

赤い花を見ると情熱が湧いてきて、彼への愛情も燃え上がります。燃え盛った熱い思いは、直球のロマンスを生む。筆者的には、西洋的な意味合いの方がしっくりきてしまいました。

恋愛において、この要素は大切ですよね。誰かを愛する思いに種類はありますが、一番シンプルで一番心が震える情熱。

生きている間に何回こんな気持ちになれるのでしょうか。もし自分以外の誰かをそんな風に思うことができたならば、それはきっと神様からのギフト。大切にしたいものです。

ピンクのガーベラは「崇高美」

こちらも西洋的花言葉は「感謝」「思いやり」

ピンクは赤よりもなんだか優しい、ピュアな女性らしさを感じる色です。そして崇高美とは気高く尊いという意味ですね。母のような偉大な存在。女性らしさとは、永遠の崇高美。リスペクトしている女性などに贈ると良さそうです。

恋愛においても、この意識は大切。嫌われるかもと恐れすぎると、どうしても自分の気持ちを押し殺してしまい、NOと言えない関係性を作り上げてしまいます。それでは、いつか都合の良い女になりかねません。

いつでも男性にとって尊い存在で在ることも、良質な恋愛をするには必要です。自分の安売りはせず、自分の価値を磨き、そして知りましょう。
ガーベラの花言葉が教えてくれた 〜恋を叶える私になる〜

白いガーベラは「希望」「律儀」

西洋では「純粋」「純潔」という花言葉を持つ白いガーベラ。

いくつになっても純粋さや純潔さを持ち合わせた女性でありたいと思うし、そういう女性は同性から見ても素敵ですよね。

たくさんの辛い思いをしてきたからこその純潔。赤ちゃんの純粋、純潔とはまた違って、強さをも感じられるその白は男性からみても憧れの対象に。

律儀であることも、良き大人の女性には不可欠要素ですね。

黄色いガーベラは「究極美」「親しみやすい」

究極美ってすごい強い言葉ですね~。これだけ見ちゃうと、今流行りの自分磨きをたくさんするってこと!? って解釈してしまったのは筆者だけでしょうか(笑)

もちろんそんなわけはありません。そのあとに続く「親しみやすい」というワードと、西洋で意味する「親しみやすさ」「日光」「優しさ」という意味がある黄色のガーベラは、その色の通り、周囲の人たちの心を明るくしてくれる太陽のような存在。

女性の笑顔は何にも勝るほどのパワーがあります。男性にしても「好きな人が自分の言葉で笑ってくれた」ということに幸せを感じたり、自信を持ったりと、笑顔の女性は魅力的なのです。

好きな人の前では緊張せずに親しみを込めて笑顔で話してみましょう。緊張しているのは自分だけではないと思ってみたらいいかも。
ガーベラの花言葉が教えてくれた〜恋を叶える私になる〜

オレンジのガーベラは「我慢強さ」

その明るい色からは少し意外な花言葉。西洋では「あなたは私の太陽」「忍耐」とも。

恋愛に忍耐は欠かせません。自分が思い描いた通りに進まなくても、諦めずひたすらに彼を思うことが必要。その思いがいつか実を結んだ時には、きっと太陽のように強い愛の光を放って彼を包み込む存在になれるでしょう。

本当に彼を愛しているならば、諦めないで! 頑張りましょう。

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか? ガーベラの花言葉。

なんだかこの記事を書きながら、筆者自身も心が幸福に満たされてきました。花がくれる素敵な言葉たち。恋をしている女性の背中を少しでも押せたなら……。

 

<参考元>
ガーベラの花言葉(誕生花、色別や西洋の花言葉も) | 花言葉-由来
http://hananokotoba.com/gerbera/

ヒナタの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…