【トイアンナ】人をバカにする人を上手にかわす●●の裏技

こんにちは、トイアンナです。人をバカにしてくる人っていますよね。こういう方に職場など避けられない人間関係でぶつかるとストレスで胃がどうにかなってしまいそうです。

私もかつてそういう先輩に職場で当たったことがあり、毎週日曜日の夜になると「また明日からバカにされるのか」とユウウツになっていました。けれど、そんな人のせいでウツになったらもったいない。

ここから私が編み出した「人をバカにする人をかわす裏技」をお伝えできればと思います。

人をバカにする人の声を「録音」する

まず、人をバカにする、特に自分をバカにしてくる人のことは録音しましょう。いきなり何事!? と思うかもしれませんが、いざというときにパワハラで訴える資料となるからです。

ただし、『今すぐ訴えろ』というのではありません。訴えるのは土壇場になってからでもいいですし、他の方が訴えたときの便乗でも構いません。その人が先に退職や異動をすることだってあるでしょう。

しかし録音しておくことで「こいつめ、今に見ておれ。お前が今訴えられてないのは私のおかげだぞ」と心に余裕が生まれるのです。

ただし録音した音声をネットへアップロードするなど公に晒すと、「たとえそれが事実でも」名誉棄損で訴えられる可能性があります。録音はあくまでプライベートのフォルダに保存しておいてください。【トイアンナ】人をバカにする人を上手にかわす●●の裏技

人をバカにする人の過去を「分析」する

次の裏技は「分析」です。どんな人の行動にも、そう行動する理由があります。だとすれば人をバカにする人にも、そう行動する理由があるはずです。

「この人の過去にどんな経験があって、人をバカにする人となったんだろうか」と考えるだけで、ただのストレスの源だった相手は「研究対象」へ進化します。人をバカにする人はたいてい自尊心が低く、他人をバカにすることで自分を守っています。

どうしてそこまで自分を守らなくちゃいけないほど、バカにしてくる人は傷ついたのか。その原因となる過去まで聞き出したら、あなたは立派な調査員です。【トイアンナ】人をバカにする人を上手にかわす●●の裏技

最後は人をバカにする人から逃げて

それでも人をバカにする人のふるまいに耐えられないなら……思い切って逃げましょう。あなたが負けたのではありません。その人が有害だっただけです。交通事故にあったようなものですから、自分を責めることなく思い切って逃げ出しましょう。

どうか自分を傷つけることなく、人をバカにする人から逃げ出せますように! 応援しています。

 

(あなたはどっち派!?恋学アンケート実施中!!)
(1)あなたの周りに「人をバカにする人」はいますか?

トイアンナの他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

6うーん…