下心が実際のスキルに見合っている男性を、ベッドインまでに見抜く方法!

どうせセックスをするなら、しっかりとスキルを身につけている男性としたいところですよね。しかし世間には、そういう理想の男性って案外多くありません。

むしろがっついてきて、どうにかしてセックスしようと必死で下心を丸出しにした男性に限って、実際のテクニックが乏しいといったことばかりです。

「お前あれだけがっついてきて、このザマかよ」と思ってしまうような、しょうもないセックスしかできない男性、大勢います。

ところが稀に、物凄くアプローチしてくる男性と、半ば惰性でセックスをしてみたところ、相手がかなりのテクニシャンであった、というような事例に直面する方もいるようです。

下心が実際のスキルに見合っている男性と、そうでない男性。両者とも蓋を開けてみないと分からないように思えるのですが、これを見抜けるようになればしめたもの。

今回は、下心だけで動いている、全くセックスのテクニックが伴っていない男性を見抜く為のポイントを、いくつか紹介していきましょう。

セックスは繊細さが必須! 日頃の素行に注目しよう

セックスが上手い人って、そもそもどういう人を指すのでしょう。それは、男女共に繊細であることが条件にあるのではないかと思います。

大雑把なテクニックでは相手は満足しませんし、何なら痛みを強いることになります。そういうことにならないように、繊細なタッチで相手に触れること。これこそ、せめて下心を全開にしてベッドに誘ってくる以上は、その人物に求めたい大前提ですよね。

この繊細さって、別にセックスの際だけ発揮されるわけではありません。日頃の口ぶり、仕事ぶり、人間関係のこなし方を見て繊細な気遣いを感じられる人というのは、セックスの際にも繊細なタッチで愛情表現をしてくれる傾向にあります。

この部分に注目すれば、下心に押されてセックスをして後悔……といった事例に陥る可能性は十分に減らすことができるでしょう。

いつも粗雑な人がベッドの上では優しかったり、繊細だったりした試しはそうそうありません。常に乱暴だったり、思慮が足りない言動しかできなかったりする人のセックスは、常に独りよがりです。

男性は特にこのような人が多いので、不満だらけのセックスを避けたいなら、自分に下心をぶつけてくる相手の日頃の言動に注目しておくことですね。

日常の態度こそが、セックスにおけるテクニックの目安なのです。下心が乏しい男性を、ベッドインまでに見抜く方法!

相手が器用かどうかも要チェック!

セックスが上手な人って、器用な人が多くないですか?

いわゆる指先のテクニックが優れていると、セックスをしていて「あ、上手い」と思ってしまう瞬間って、あると思うんです。

ということは単純な話、自分に下心を向けてくる相手に対して、その器用さを何となくチェックしておくというのは、ダメなセックスを避ける為にも大事なポイントではないでしょうか。

例えば、相手の食事中の手先に集中して観察してみたり、折鶴を作らせてみたり。こういった手先の器用さを自分の目で判断して、一つの思案材料にするのも悪くないと思います。

というのも、やっぱり不器用な人ってセックスが下手なんですよ。手先が上手く使えないばかりか、体幹もバランスが悪いのか、ピストンが異様に下手な男性っていますもの。

そういう男性とのセックスは、当たり前のことが当たり前にこなせないので、やけにイライラすることになってしまいます。こういった事態を防ぐ為にも、下心を向けて接してくる相手の器用さ。ここに着目することは大事なことなのです。下心が実際のスキルに見合っている男性を、ベッドインまでに見抜く方法!

終わりに

どうせ自分に下心を向けてくる相手がいるなら、せめてその話に乗った以上は、気持ちいいセックスを楽しませてもらいたいところですよね。

それができない男性とベッドを共にするまで関係を深めてしまうと、疎遠になるまでに余計な苦労がいくつも生じてしまい、かなりめんどくさいものです。

こういったしなくていい苦労は、最初からしないように努力して回避するに限ります。今回紹介した2つのポイントを頭の片隅に入れておくことで、余計な苦労を背負い込まないで済むようにすることができるでしょう。

松本 ミゾレの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…