A型のあるある行動14選! 恋愛におけるあるあるや恋愛アドバイスも紹介。

体の中を隅々まで流れる血液には、言わずと知れたA、B、O、ABという4つのタイプがあります。

そして、人にはその血液型による大まかな気質や行動パターンがあるのです。

本記事ではa型あるあるな行動や恋愛傾向について徹底解説しています。

A型あるある行動と性格の因果関係

A型のあるある行動14選! 恋愛におけるあるあるや恋愛アドバイスも紹介。

 

A型と言えば、真面目で謙虚さがあり、質実剛健な性格をしているなどのイメージがありますよね。

小さい頃から聞き分けがよく、親や先生に言われたことをきちんと守ります。いわば、優等生に多いと言えるでしょう。

真面目な気質ゆえに、仕事もコツコツと誠実にやり遂げます。

目立つ派手な言動はしませんが、縁の下の力持ち的な存在で、信頼を勝ち取ります。

A型のあるある行動14選

A型のあるある行動14選! 恋愛におけるあるあるや恋愛アドバイスも紹介。

日本人にはA型の血液型の人が多く、反対にAB型は少ないと言われていますよね。

A型という血液型のイメージは、日本人の気質や特性をよく表しているとも考えられるでしょう。

では、世間一般がA型に抱くイメージとはいったいどのようなものなのでしょうか?

ここからは、A型あるあるを14個ピックアップしてご紹介していきます。

A型あるある行動1:ネット上でガラッとキャラ変

A型の人は、周囲が自分に抱いているイメージに応えようとして、無意識のうちに理想の自分を演じがちです。

本当は真面目な性格をしている女子であっても、周囲からの期待に応えるべく、カラッとしたイメージの人物になろうとすることが多いのです。

そのため、SNSには、ふざけている写真やはじけた変顔などを載せることもあるのではないでしょうか。

A型あるある行動2:メールの返事が早い

忙しかったとしても、また寝ていたとしてもメールやメッセージが来たことに気付いたならば、すぐに返信をするというのもA型あるあるですよね。

神経質なところがあり、メールの返事をしないでいるとストレスを感じるので、レスはスピーディにすることがA型の人にはあるのではないでしょうか。

また、用件のみの短い文章であることが多いのではないでしょうか。

A型あるある行動3:喧嘩した相手とも仲良くなれる

人と向き合いたいと思うA型は、揉めても関係を絶ちにくいと言われています。むしろ、困難を乗り越えることで絆を深めていきます。

喧嘩の原因をしっかりと探り、お互いに納得して「もうしないから」と言い合えば、後には引きずらないでしょう。

そのため、人とは広く浅い関係ではなく狭く深い関係を築くことができるのです。友人や恋人と喧嘩別れをしてしまうこと少ないのかもしれません。

A型あるある行動4:忘れ物が多い

A型と言えば、しっかりしていて真面目というイメージがありますよね。実際に、A型は気配り上手であることが多いです。

しかし、周囲に対して気配りをしすぎて、その結果、自分がうっかりミスをしてしまうことも少なくないでしょう。

忘れ物が多い自覚があるならば、前日に持ち物チェックをするなど、予防策をしっかり講じる必要があるかもしれません。

A型あるある行動5:周りへの気配りが出来る

A型のあるある行動14選! 恋愛におけるあるあるや恋愛アドバイスも紹介。

A型あるあるのひとつとして忘れてはならないのが、周りへの気配りを欠かさないということです。

よくも悪くもマイペースなB型とは対照的に、A型は協調性が高く、周囲と上手くやっていきたいという気持ちを強くもっています。

また、自分のことばかりではなく他人のことを思いやる優しさや心の余裕も併せ持っているので、困った人がいればすぐに気づいて助けてあげようとするでしょう。

A型あるある行動6:生真面目だけど融通は利かない

生真面目で融通が利かないというのも、A型のあるあるとして挙げられるでしょう。良くも悪くも、A型は真面目です。

真面目であるということは美徳であるように感じられるかもしれませんが、悪く言えば「融通が利かず、柔軟性に欠けていて保守的」とも表現できますよね。

自分のこれまでのやり方やスタイルに固執して、新しいものを受け入れようとしない頑なさも持っています。

A型あるある行動7:部屋が綺麗

A型あるあるとしてご紹介したいのが、部屋が綺麗に片付いているということです。

神経質で生真面目な性格をしているA型は、散らかった部屋にいるとストレスを感じてしまいます。

どんなに忙しかったとしても、また体調が悪かったとしても、部屋が散らかっていればできる限りの範囲で片付けや掃除をしようとするでしょう。

そのため、A型の部屋はいつも綺麗で整理整頓されています。

A型あるある行動8:協調性はない

気配り上手なイメージのあるA型ですが、意外と協調性がないという一面も持っています。

確かにA型は周囲に気を遣うので、わがままを言ったり自己中心的な振る舞いをして周囲に迷惑をかけることは決してありません。

しかし、真面目で自分のスタイルを貫こうとする頑なさも持っているので、自分に合わないと感じたならば、無理やりその場の雰囲気や環境に自らを適合させようとはしないのです。

A型あるある行動9:論理的に考える

A型あるある行動のひとつとして挙げられるのが、論理的に物事を考えられるということです。

真面目な性格をしているA型は、いついかなる時も感情や雰囲気に流されることなく、論理的で合理的に物事を考えて判断し、行動に移します。

そんなA型の行動は、どこか淡々としていて、人間味に欠けているように感じられることもあるでしょう。

A型あるある行動10:初対面では猫をかぶる

A型のあるある行動14選! 恋愛におけるあるあるや恋愛アドバイスも紹介。

初対面の人には猫をかぶった状態で接してしまうというのも、A型のあるある行動のひとつに数えられるでしょう。

A型は警戒心が強く、初対面の人とすぐに打ち解けた関係になることはありません。

まずは相手がどのようなタイプなのかをよく見極めたうえで、心許せる人物だとわかると、徐々に本音を出してフランクになっていきます。

A型あるある行動11:冗談は通じない

A型あるあるとして欠かせないのが、冗談が通じないということです。

生真面目な性格をしているからこそ、A型は相手から言われたことをそのまま真に受けてしまい、それがジョークであることに気づきません。

また、後で「あれは冗談だったんだな」と気づいたとしても、「もしかして本気で言っていたのかもしれない」とあれこれ考えてしまいがちです。

A型あるある行動12:上に弱く下に強い

上に弱く下に強いというのも、A型の人によく見られる「あるある」行動のひとつとして挙げられるでしょう。

真面目なA型だからこそ、上下関係には厳しいのです。年上の人や自分よりも立場が上の人にはきちんとした態度で接し、礼儀を尽くします。

普段から目上の人には礼儀正ししく振る舞っているからこそ、年下や下の立場の相手に対して、「自分と同じように目上に敬意を持って接するように」と強く求めるのです。

A型あるある行動13:冷静沈着

A型あるあるのひとつとしてご紹介したいのが、冷静沈着であるということです。良くも悪くも、A型は感情的になることはありません。

自制心が強く、感情よりも理性が働くため、たとえ予想外のトラブルが起きたとしても慌てたりパニックになったりせず、落ち着いて必要な行動をとることができるでしょう。

そのため、周囲からは「あの人は頼りになるな」と信頼を寄せられやすいです。

A型あるある行動14:計画性をもって行動する

計画性をもって行動するというのも、A型のあるある行動のひとつとして挙げられます。

生真面目な性格をしているからこそ、何事もきちんと計画や順序を立てて実行したいと考えているのです。

仕事でもプライベートでも、計画性のある行動をとるのがA型なのです。

そのため、気分気ままに行動しがちなB型とはあまり相性がよくないと言われています。

恋愛においてのA型のあるある行動5つ

A型のあるある行動14選! 恋愛におけるあるあるや恋愛アドバイスも紹介。

ここまでは、A型の人によく見られる「あるある行動」を14個取り上げて解説してきました。

これらの特徴から、A型の人は総じて真面目で論理的であり、また理性的な人間であると言えるでしょう。

では、そんなA型は恋愛をするとどうなるのでしょうか?

ここからは、A型にありがちな恋愛傾向をご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

恋愛においてのA型あるある行動1:復活愛が多い

A型女子は、別れてからも誕生日を覚えているなど、常に心のどこかに元彼がいることが多いでしょう。

元彼から貰った物を綺麗な空き箱などに大切にしまっているかもしれません。

未練がましいというよりも、本気で好きになった人としか付き合わないので、別れた時のダメージが大きく、簡単には忘れることはできないのです。

そのため、新しい恋にムーブオンするよりは元彼とヨリを戻す復活愛が多いと言えるでしょう。

恋愛においてのA型あるある行動2:恋愛至上主義

A型は「仕事やお金が一番」と言いながらも、実際には愛を選びます。真面目な分、恋愛にも真剣なのです。

一度好きになったら、末永く付き合いたいと思うのがA型ならではの恋愛傾向だと言えるでしょう。

たとえ相手の嫌なところが見えてきても、教えてあげれば直ると信じ、傍に居続け流傾向があります。

そのため、A型は一人の人と長く付き合うことが多いです。

恋愛においてのA型あるある行動3:わかりづらいアプローチをしがち

恋愛におけるA型のあるある行動のひとつとしてご紹介したいのが、わかりづらいアプローチをしてしまうということです。

生真面目な性格をしている分、情熱的かつストレートに好きな人に自分の想いをぶつけることができません。感情よりも理性が働いてしまうからです。

また、不器用なところも多いので、自分では脈ありサインを出しているつもりでも、客観的に見るとかなりわかりづらいことが多いでしょう。

恋愛においてのA型あるある行動4:失恋を引きずる

失恋を引きずってしまうというのも、恋愛におけるA型のあるある行動のひとつです。

真面目で一途な性格をしているからこそ、A型は恋人ができると全身全霊で相手を愛し、フラれてしまったときにひどく落ち込むことがあるかもしれません。

別れた恋人を連想させる場所や匂いに触れるたびに、思わず悲しくなって涙を流してしまうこともあるのです。

恋愛においてのA型あるある行動5:尊敬できる人が好き

A型ならではの恋愛傾向のひとつとしてご紹介したいのが、尊敬できる人を好きになりやすいということです。

A型は真面目な性格をしていることが多いため、感情よりも理性で人を好きになる傾向にあります。

直感的に一目惚れをするというよりも、相手の人となりを知っていくうちにその人格を尊敬し、その気持ちがいつのまにか恋愛感情に変化するのです。

A型への恋愛アドバイス4つ

A型のあるある行動14選! 恋愛におけるあるあるや恋愛アドバイスも紹介。

ここまでご紹介してきたように、A型は恋愛においては一途に相手を愛し続ける傾向が強く、失恋をしたならば何年も引きずってしまうこともあります。

生真面目で不器用な性格をしているがために、恋愛が上手くいかずに悩んでいるA型女子も少なくないことでしょう。

そこでここからは、恋に悩めるA型女子のために、恋愛のアドバイスを4つご紹介していきます。

A型への恋愛アドバイス1:野性の勘を頼る

大抵は思いやり深い男性と、幸せな恋をするのがお決まりのパターンで、結婚となるとA型特有の安定志向を発揮します。

あっさりお見合いや紹介でゴールインを決めるケースも少なくありません。

安定志向はいいのですが、条件も何もかも忘れて、野性の勘でピンときた相手と燃えるような恋を一生に一度はしてみてもいいかもしれません。

その人とはゴールインできなくても、許容できる範囲が広がりますし、人に対して寛大になれるでしょう。

A型への恋愛アドバイス2:キャパを広げてみる

献身的で合わせ上手なA型は、男性の色に染まりやすいタイプです。また、好きな男性ができたとしても、自分から積極的にアプローチすることはあまりないでしょう。

生真面目な性格をしているがために、付き合っている彼氏に対してもどこか遠慮をしてしまい、勝手に我慢をしてキャパオーバーになってしまうことさえあります。

恋人と良い関係を維持したいのならば、自らの殻を打ち破り、キャパを広げてみてはいかがでしょうか。

A型への恋愛アドバイス3:安定志向に囚われない

A型女子は、情熱的な恋愛よりも穏やかで静かな恋愛を好む傾向があります。つまり、究極的な安定志向なのです。

結婚となると安定志向であるほうが幸せになりやすいですが、恋愛に関して言えば毎回安定性を重視していると、ドキドキやときめきがなくつまらなく感じてしまいます。

時には理性よりも感情を優先して、燃えるような情熱的な恋をしてみるのもよいでしょう。

A型への恋愛アドバイス4:A型女性と相性のいい血液型

A型女性と相性のいい血液型の男性は、AB型男性です。クールなAB型男性と、心を徐々に開いていくA型女性で、恋の進展はゆっくり進んでいきます。

恋の気配がなかなか見えない2人ですが、しばらく経つと猛列に人恋しくなります。お互いに「自分を変えたい」という思いの中、急接近していくでしょう。

一度心と心がぴったりと重なったら、離れられなくなります。長い付き合いの末、ゴールインという展開になるのも夢ではありません。

あるある行動からA型の性格を読み取ろう!

今回はA型のあるある行動について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。

しっかりしていて律儀であり、真面目さと几帳面さを併せ持ったA型は、仕事においても恋愛においても安定志向が強く、計画的に物事を進めていきます。

しかし、いつも論理的に考えて理性的に行動していては、人生を思う存分楽しむことはできません。

時には理性よりも自分の心に素直になって行動してみるのもおすすめです。

紅 たきの他の記事を読む


この記事どうだった?

36いいね!

10うーん…