恋に落ちる瞬間って? 女子が恋に落ちるメカニズムや条件を徹底解説!

「ある日、突然恋に落ちた!」なんて言われることがありますが、恋に落ちる瞬間がどのようなものかよく分からないという方も多いと思います。しかし、「一度は恋に落ちるというロマンチックな経験がしてみたい!」「ドラマのようなトキメキを感じてみたい」と恋に落ちることへ憧れを抱くことも珍しくありません。

ということで今回は、「恋に落ちた経験を持つ人達の体験談」や「恋に落ちる瞬間」「恋に落ちるメカニズム」「恋に落ちやすい状況」などについてご紹介します。

「恋に落ちる」という言葉の意味

「恋に落ちる」という表現の由来は、「恋は盲目」という言葉から関連付けされたようです。恋をしてしまうと、彼以外見えなくなり、周りが見えなくなる。彼以外見えなくなるので、まるで落とし穴のごとく落ちていく…….。

こういう意味で、「恋に落ちる」という表現がされています。

恋に落ちる時、音が聞こえるってホント?

恋に落ちる瞬間、「“音”が聞こえる」という話を聞いたことがありませんか? 「おいおい、何言ってんの(笑)」という声が聞こえてきそうですが、実際に恋に落ちる瞬間に音が聞こえた、という人は多いです。

その音というのがコチラ▼
1.「ドキッ」
2.「キュン」
3.「ズキューン」
4.「アッ」
5.「ビビビッ」

<参考元>
「ドキッ」それとも「キュン」? 恋に落ちる瞬間の音ってどんな音なのか、みんなに聞いてみた!|Pouh
https://youpouch.com/2016/01/12/328013/

心臓の鼓動の音だったり、ふいに出た「アッ」という心の声。「ズキューン」という表現もなんだか分かるような気もします。

恋に落ちる瞬間って? 女子が恋に落ちるメカニズムや条件を徹底解説!

恋に落ちる瞬間、音がした経験ありますか? ※恋学アンケート

『恋学』で「Q.恋に落ちる瞬間、音がした経験ありますか? 」というアンケートを実施したところ、18人中、5人の方が恋に落ちた瞬間に音がした経験がある、と回答してくれました。
Q.恋に落ちる瞬間、音がした経験ありますか?

「音」という表現が正しいかは別として、恋に落ちる瞬間は例えようのない衝撃を感じるのだと聞きます。

アンケートとは別に、実際に恋に落ちた瞬間に音が聞こえた! という女性の話を伺ってみると――。

「その人を見た瞬間に釘付けになった」
「目線を逸らせない」
「胸がキュンと締め付けられた気がした」

▲こういう瞬間に、「ドキッ」「キュン」という音が聞こえてきたそうです。残念ながら筆者はそういう経験がまだありませんが、いつか聞いてみたいものです。

ここからは恋に落ちる瞬間と、その時の体験談をいくつか紹介していきます。

恋に落ちる瞬間5つ

恋に落ちる瞬間には、どのようなものがあるのでしょうか。よくあるパターンが以下の5つ。

1.突然の不意打ちをされた時
2.自分の本心を見透かされた時
3.居心地がいいと感じた時
4.真剣な姿を見た時
5.単純にルックスがタイプだった時

これをそれぞれ順番に見ていきましょう。

恋に落ちる瞬間って? 女子が恋に落ちるメカニズムや条件を徹底解説!

1.突然の不意打ちをされた時

「いつも厳しくて、私に笑顔とか優しさを見せてくれない先輩が、ふいに優しくしてくれたんです。その瞬間に『こういう一面もあるんだ』と、新たな一面に気づいたら好きになっていました」(21歳/女性)

思いがけない人が突然の不意打ちをしてきた時、恋に落ちてしまう女性は多いようです。いつもとは違う予想外の行動に思わずドキッとしてしまい、恋に落ちる女性は多いと聞きます。

2.自分の本心を見透かされた時

「私は弱音とか一切見せないタイプで、落ち込んでも周囲に悟られないように振る舞っていました。そんな時彼が『大丈夫か? 何かあったらいつでも俺に言え』って言ってくれたんです。『ああ、この人は私のことちゃんと見てるんだな』と思い、恋に落ちましたね」(22歳/女性)

他人に見せていない自分の本心を見透かされた時、「この人は私の内面をちゃんと見てくれているんだ」と、嬉しく感じ、恋に落ちてしまうことがあります。人は誰でも二面性を持ち合わせていますが、それを見抜くには真剣に向き合わないと難しいですよね。誰にも悟られなかった本心を見抜いてくれる人が現れたら、興味が出てしまうのは自然な流れでしょう。

3.居心地がいいと感じた時

「知り合ってそんなに経ってないけど、一緒に居るとすごく落ち着くし、お互いに何でも話すことができました。そのことに気づいた時にはもう好きになっていましたね」(20歳/女性)

一緒に居て居心地がいいと感じた瞬間は、心の壁(パーソナルスペース)が失くなった証拠。心の距離が近くなると、その相手に好意を抱いてしまいます。

4.真剣な姿を見た時

「どうしてこんなにいい加減なんだろうと思っていた同僚(男性)が、みんなが居ない時に真剣な顔で黙々とデスクで仕事をしていたんです。その真剣な姿に思わず『キュン』ときましたね」(27歳/女性)

普段は不真面目でダラしない人が、ふいに真剣な姿を見せると、そのギャップに思わず「ドキッ」としてしまう女性は多いのではないでしょうか。ドラえもんで言うところの、映画のジャイアンは優しい、みたいな。

5.単純にルックスがタイプだった時

「合コンで、彼を見た瞬間に『ズキューン』ときましたね(笑)もう超タイプ(笑)絶対に自分の物にしてやる! って心の中で決心してました」(22歳/女性)

人のほとんどは第一印象から入ります。単純に相手が自分のタイプだったり、ルックスが超絶イケメンであれば、見た瞬間に恋に落ちる女性は多いでしょう。

恋に落ちる時のメカニズムを心理学で読み解く!

恋に落ちる時のメカニズムとは、一体どうなっているのでしょうか? 誰かを好きになる瞬間には、以下の3つの状況であると恋に落ちやすいようです。

1.心拍数が上がっている時
2.自信をなくしている時
3.好意を持たれていることが分かった時

それぞれの理由を心理学を元に読み解いてみましょう。

恋に落ちる瞬間って? 女子が恋に落ちるメカニズムや条件を徹底解説!

1.心拍数が上がっている時

自分の脈拍や心臓の鼓動が高まっている時に、近くに居合わせた男性や、話しかけられた男性を好きになりやすいと言われています。脈拍が高い、つまり「ドキドキ」している状態で男性に近づかれると、それを“恋のドキドキ”だと錯覚してしまうのです。

これを「錯誤帰属」と呼び、男性が異性として魅力のある人であれば、ドキドキを恋だと錯覚しやすく、元々関心のない人であれば錯覚しにくいようです。

2.自信をなくしている時

何かで失敗したり悩んで落ち込んでいたりする時に、男性から優しくされると好きになってしまった……という経験はないでしょうか。落ち込んでいる時は、相手の優しさを愛情を受け入れやすく、それがきっかけで恋愛に発展しやすいと言われています。

これは「自尊理論」と呼ばれ、自分が弱っている時に支えになる人が現れると恋に落ちやすいようです。また、自尊心(プライド)が高い女性にはあまり響かないらしいですね。

3.好意を持たれていることが分かった時

誰でも好意を持たれることを嬉しく感じ、好意を寄せてくれる人を好きになるのはよくあります。これを「好意の返報性」と呼びます。

タイプでもないし、気にもしていなかった男性がどうやら自分に気があるらしい。それに気がつくと、以降はその男性のことがやたら気になってしまう……そういう経験はないでしょうか? 好意を持たれていることが分かると、その人のことを自分も好きになってしまうことは多いです。

加えて意識し始めた頃にその男性から直接告白をされると、一気に心拍数が上がり、1で紹介した「錯誤帰属」の効果も合わさり絶大な威力となるのは言うまでもないですね。

恋に落ちたと自覚する瞬間

恋に落ちたと自覚する瞬間とはどのようなものでしょう。自分の心の本音というのは、なかなか気づいてあげられないことも多いので、「これはもしかして恋かも!? 」と思っている女性は参考にしてみてください。

相手を目で追いかけていた時

ついつい相手のことを目で追いかけてしまうのは、恋に落ちた証拠です。バレないようにコッソリと見てしまったり、相手を目が合えばすぐに目を逸らしてしまったり。無意識に目で追ってしまうのは、その人のことが気になっているからです。好きな人が近くに居れば、ずっと視界に入れておきたいものです。

姿を見るだけでドキドキする時

その人を見ただけで、鼓動が早くなりドキドキしてしまうのは、恋に落ちた証拠です。その人と会話したい、話しかけられたらどうしよう、上手く喋れるだろうか、そんな想いが心を緊張させて姿を見ただけでドキドキ……。完全に恋しちゃってますね。

気合を入れて身支度をしている時

気になる人と会う時に、いつも以上に気合を入れて身支度をしているのは恋に落ちた証拠です。別にデートでもなく、その他大勢も居るのに、入念に身支度をしているのは、その人に少しでも自分を良く見せたいと思っているからです。

「あれ? なんでこんなに気合を入れてるんだろう」それに気がついたら、恋に落ちたことを認めてもいいと思いますよ。

最後に:恋に落ちる瞬間は突然訪れる!?

誰かを好きになろうとするのは難しいけど、恋に落ちるのは一瞬です。しかも恋に落ちる瞬間は突然訪れるので、その際の衝撃を味わってみてください。もしかしたら「キュン」とか「ズキューン」という音が聞こえるかもしれませんよ。

Clevaの他の記事を読む


この記事どうだった?

4いいね!

0うーん…