在宅ワークの種類はどれぐらいある? 在宅ワークの仕事内容と注意点

 

大手企業の「副業解禁」のニュースが発表されてから、在宅ワークへの関心が広まりつつあります

「自宅で仕事ができる=通勤する必要がない」仕事であり、家事・育児との両立がしやすいことなどから注目を集めており、気軽にはじめる人も増えています。

在宅ワークとは?

このままで大丈夫!?「婚期を逃すバリキャリ予備軍」診断

今まで企業では副業を禁止するところも多くありましたが、働き方改革の影響で労働者が過重労働を減らし柔軟な働き方をできるように副業を解禁する動きが出ています。

副業が解禁されることがニュースでも大々的に取り上げられたことから、本業のかたわら空いた時間で自宅に居ながらできる『在宅ワーク』が注目を集めています。

もちろん子育てや介護で外に働きに行くことができない人の間でも在宅ワークは注目されています。

内職との違い

在宅ワークと似たものとして『内職』があります。在宅ワークと内職は似ているようで全く位置づけが違うものです。

在宅ワークは個人事業主ですが、内職は労働者という位置づけです。

内職は『家内労働法』で労働者と定義されており、最低賃金(工賃)が決められていますが、在宅ワークは労働に関する法律で守られていないので最低賃金が決められていません。

また仕事の内容にも違いがあり、内職は製造業者などから委託を受けて製造加工を行うものですが、在宅ワークは情報機器を利用して行う業務です。

厚生労働省

在宅ワークの種類6選!仕事内容&メリットデメリット

在宅ワークは、パソコンやタブレット端末、電話機などの情報機器を利用して行う業務ですが、在宅ワークの中にはいくつかの種類があります。

初心者ではなかなか手を出すことができないような難易度の高いものから、誰でも簡単にはじめることができる難易度の低いものまであります。

今回は代表的な在宅ワークの種類を6つ紹介していきます。仕事内容やそれぞれのメリット、デメリットを参考にしてください。

在宅ワークの種類1:データ入力

在宅ワークの代表的な種類に、『データ入力』があります。

在宅ワークの中でも募集件数が多く、求人でも「データ入力してくれる人を募集中」という文言をよく見かけることができます。

比較的仕事を見つけやすいものです。データ入力はパソコンで文字入力ができる人であれば、初心者でも簡単にはじめることができる在宅ワークです。

仕事内容

データ入力の仕事内容ですが、企業が所持している情報(データ)をパソコンで入力していくというものです。

データの内容は企業の売上データだったり、会議やセミナーの録音音声、手書きのメモや原稿などさまざまです。

それらをパソコンで、Excelなど依頼企業が決めた書式で正確に入力していくというものが基本的な内容です。

メリット

データ入力のメリットは、基本的なパソコンの操作に強くなることです。

パソコンを使って正確かつ迅速に作業を行うことになるので、タイピングやパソコンの知識はもちろん、事務処理能力が仕事をしているだけで向上します。

また、そこまで専門的な知識は必要ないので、Word、Excelなどを一通り使える人であれば気軽に始めることができるのも魅力のひとつです。

デメリット

データ入力のデメリットは正確性とスピードを求められることです。

仕事を依頼する企業からすれば、データを見やすく、完璧な形で提出してもらいたいので、入力ミスなどがあれば修正依頼を求められます。

また、一つのデータ入力に時間をかけてしまうと時給換算すれば割に合わないことや「○○までに欲しい」という納期もある為にミスが発生しやすく、入力のスピードが遅いと納期に間に合わなくなり継続して仕事がもらえなくなる場合もあります。

在宅ワークの種類2:ライター

『ライター』業務も在宅ワークの中では人気の種類です。

ライターの中でもジャンルや仕事の内容を選べば、WEB上で仕事を完結させることができるので隙間時間で子育て中の主婦でもはじめることができる仕事です。

文章を書くことが好きな人やさまざまことを調べてまとめることが好きな人に向いている在宅ワークです。メールやLINE(ライン)で長文を打つのが好きな人も向いているといえます。

仕事内容

ライターの仕事は、あなたが現在、読んでいるこのような記事を書いたりするのも仕事の一つです。

ライターと言っても色々あり、雑誌や書籍を書く為に取材や資料の収集をして書くものや、WEB上で得られる情報を元に記事を書いたりするWEBライターがあります。

因みにブロガーとして収入を得ている人は、ライターとは少し違います。

ブロガーは広告収入やアフィリエイト報酬で稼ぐのが主ですが、ライターは依頼主があって成り立つ職業です。

メリット

ライターのメリットは、パソコンがあればどこでも好きな場所で好きな時間に仕事ができるということです。

納期は決まっている場合が多いので、依頼を受けた仕事を納期までにきちんとこなせばいいだけです。

また、在宅ライターになるには専門的な知識は基本的に不要なので、パソコンまたはスマートフォンやタブレットがあれば誰でも始めることができるのもうれしいです。

デメリット

ライターのデメリットは初心者のうちは満足に稼げないことです。

依頼する企業はライターのスキルや経験・実績を参考に仕事を依頼するか判断をするので、経験の浅いうちはあまり仕事が回ってこないでしょう。

専門的な知識は不要と言いましたが、専門的な知識や経験があれば仕事を受注しやすくなるのも事実です。

例を挙げるなら、不動産・金融・医療などの知識や経験があるとそれだけで受注率はかなり高くなります。

在宅ワークの種類3:アンケートモニター

諦めない想いが最後には勝つ!? あなたの「諦めない粘り強さ」チェック

アンケートモニターも在宅ワークの中でメジャーな種類です。アンケートに答えるだけでいいので、仕事という感覚がなく、気軽にはじめることができます。

WEBで簡単なアンケートに答えるものや商品のモニターをしてアンケートに答えるもの、決められた会場に出向いてインタビューや座談会に参加するものなどさまざまなものがあります。

仕事内容

アンケートモニターというのは、企業が運営するアンケートサイトに登録して、さまざまなアンケートに答えながらポイントを貯めていくというものです。

会員登録の時に属性アンケートに答えることで、自分に合ったアンケートが配信されるようになります。

貯まったポイントは日常の買い物で使える商品券や電子マネー、現金などと交換することができます。

メリット

アンケートモニターのメリットは、パソコンやスマホがあれば、誰でもどこでもできるというメリットがあります。

移動時間などに数分で終わるアンケートも多いので時間を気にする必要もありません。また、登録も無料なので「副業が初めて」という人でも、ノーリスクで始めることができるのもメリットの一つです。

アンケートモニターは“コツコツ稼ぐ副業”ですので、気がつくと「おお! こんなにポイント(お金)が貯まってる!」という喜びも感じることができるでしょう。

デメリット

アンケートモニターのデメリットは単価(報酬)が低いということです。WEBアンケートだけだと、1件のアンケートに答えて1円というものも多いです。

また、1件数百円の高単価のアンケートもありますが、答える項目が多かったり、興味のない内容であったりすることが多いので、ストレスに感じてしまうことも多いでしょう。

更に、一つのアンケートモニターに登録しても案件(アンケート)は限られているので、複数のアンケートモニターに登録しないと稼ぐことは難しいです。

在宅ワークの種類4:WEBデザイン

在宅ワークの中でも難易度が高い部類に入りますが、技術や経験を重ねていくことができれば高収入を得ることができるのがWEBデザインです。

WEBデザイナーの中には、サラリーマンとして働いている人もいますが、フリーランスとして在宅で仕事をする人たちも多くいます。

独学で知識を身につけてWEBデザインの仕事をする人もいます。

仕事内容

WEBデザインとは、企業や個人が運営するサイト(ホームページ)のデザインを担当する仕事です。

依頼者が思い描く構想を聞き取り、WEBサイトのレイアウト、装飾、HTMLなどの言語を駆使してWEBサイトの形を作っていきます。

専門的な知識やデザインセンスも必要なので、誰にでもというわけにはいきませんが、知識さえあれば在宅ワークでもかなり稼げるのがWEBデザインです。

メリット

WEBデザインの仕事は、技術職なので技術を身につけることができ、経験や実績を積めば一生食べて行けると言われています。

WEBデザインの需要は多いので、営業次第では簡単に仕事も見つかるでしょう。

他にもWEBデザインでは、「フォトショップ」や「イラストレーター」を使う能力も自然と身につくので、カッコいいデザインを作ることもできますし、その能力を仕事以外に使うことができます。

しかし、当然のことながら求められるPCスキルはかなり高くなるでしょう。

デメリット

WEBデザインのデメリットは、競合(ライバル)が多いということでしょうか。1件あたりの単価が高くても、それを安く受けてくれる人がいれば企業はそちらに依頼を出します。

次に、HTMLやCSSなどの言語にもかなり熟知する必要があるので、元々WEBデザイン関連の知識がある人でないと難しい副業です。

依頼主が納得できなければ、納得のいくまでデザインや文言の修正もありますし、簡単に「こういうの実装してほしい」と、非常に難易度の高い要求をしてくることもあります。

在宅ワークの種類5:プログラミング

プログラミングも注目されている在宅ワークのひとつです。

難易度が高い職業ですが、専門的な知識を身につけている人であれば仕事にすることができますし、評価されればWEBデザイン同様に高収入を得ることができます。

2020年からは小学生の授業の中にプログラミングが取り入れられるようになるなど、何かと注目されている仕事でもあります。

仕事内容

プログラミングというのは、プログラミング言語を使い、WEB上で動作するプログラムを組んだりする仕事です。

最近ではスマートフォンアプリの開発の募集が盛んにおこなわれています。

先程、紹介したWEBデザイン同様に、サイト(ホームページ)の制作もプログラミングの仕事の一つなので、多岐に渡って仕事を選べ活躍できるのも特徴です。

メリット

プログラミングのメリットは、スマートフォンアプリを個人で開発して広告収入を得たり、依頼を受けて収入を得たりと得意な分野で活躍できるということがあります。

自分の得意分野で勝負することができるので長続きさせることができます。

仕事をこなしていくうちに知識やスキルも向上していくので、独学でも色々な分野にも挑戦することができるようになります。

デメリット

プログラミングのデメリットは、知り合いやツテがないと始めの頃はあまり仕事にありつけないことです。

専門性の高い仕事かつ単価も高額なので、実績・経験・信頼できる人でないと、最初は仕事をもらうのが難しいようです。

実績を積む意味では、相場より格安で仕事をします! という風に営業をすれば仕事を得ることもできますが、価格競争でどんどん単価が下がってしまうと、正直割に合わないと感じてしまうでしょう。

在宅ワークの種類6:電話応対や在宅経理業務

最近、注目されている在宅ワークの種類として、電話応対や在宅経理業務というものがあります。

これは、在宅秘書や事務代行と言われる仕事のことで、オフィスの中で行っていた秘書業務や事務業務を在宅で行います。

経理や事務、秘書の経験があれば戸惑うことなく始めることができますが、コミュニケーションを取ることが好きな人であれば初心者でもスタートできます。

仕事内容

電話応対は、在宅で顧客や取引先からコールセンターやオフィスにかかってきた電話を受け、マニュアルに沿って応対する業務です。

業務効率化のためにオフィスに電話を置かない企業も増えているので、今後、需要が増える業務のひとつです。

在宅経理業務は、経理事務だけでなくオフィスで発生する事務処理を在宅で代行で行うという内容です。

定型事務をアウトソーシングする企業が増えているので、これからも今後、求人が増える可能性があります。

メリット

電話応対や在宅経理業務は、ほかの在宅ワークとは違い人とコミュニケーションを取りながら行うことができる仕事です。

孤独感を感じることが少なく、チームの一員として働いているという喜びを感じることができます。

もちろん在宅ワークですからスケジュールを自分の都合に合わせることができることも魅力のひとつです。

デメリット

電話応対や在宅経理業務も在宅ワークですから、スケジュールはある程度の都合に合わせることができますが、企業のオフィスが稼働している時間が勤務時間になるので夜中に仕事ができると言うような自由はありません。

また、電話やメールでのやり取りが基本になるので、コミュニケーションスキルが高くないと相手に伝えることが難しいでしょう。

在宅ワークをする時の注意点4つ

ここまで紹介してきた在宅ワークの種類はほんの一部です。

ほかにも、アクセサリーや小物、洋服などを作るハンドメイドなど自分の特技を活かすことができるものもあり、自分に合った仕事をすることができます。

でも、どのような種類の在宅ワークを選んでも在宅ワークをする上では注意しなければならないことがいくつかあります。

在宅ワークをする時の注意点1:報酬形態を確認する

在宅ワークをする時に注意することとして、報酬形態を確認するということがあります。在宅ワークの報酬形態は、時給制と出来高制です。

時給制の仕事は、電話応対など勤務時間が決められているものや会社に属しながらオフィスに出社しないいわゆるリモートワークの人たちに限られます。

在宅ワークはほぼ出来高制で、アンケート1件○円、1文字○円といったものです。報酬形態がどうなっているかは事前に確認しておく必要があります。

在宅ワークをする時の注意点2:単価・時給を計算する

在宅ワークをする時に注意することとして、単価や時給を把握するために計算するということがあります。

たとえばデータ入力の仕事を受注した場合、1件○円や1文字○円と報酬が設定されています。

1件をこなすのにどれぐらいの時間がかかるか、1時間でどれぐらいの文字を入力できるかを把握することで時給を知ることができます。

時給を把握できれば1ヶ月でどれぐらいの収入を得られるかもわかるので、稼働時間をどれぐらい取るべきかもわかります。

在宅ワークをする時の注意点3:クライアントのチェック

在宅ワークの案件を受注する場合には、どのような企業なのかクライアントをチェックすることも大切です。

在宅ワークの提供を行う企業はほとんどの場合、信用できる企業ですが、中には詐欺を働こうとするところも実際に存在します。

最初に高額な初期費用や登録料をだまし取り仕事は依頼しないというケース、納品をしても報酬を支払わないケースなどさまざまです。

クライアントは実歴のある企業であるか、これまでに仕事の内容、報酬がきちんと支払われているかなど調べましょう。

在宅ワークをする時の注意点4:継続してできる案件を選ぶ

在宅ワークをする時には、継続してできる案件を選ぶということも大切です。

在宅ワークは同じクライアントから継続的に依頼される案件もありますが、1回限りの単発の案件もあります。

継続して依頼される案件であれば、決められた期間は基本的に仕事が途切れることはありませんので収入が途切れる心配もありません。

もちろん継続できる案件でもクライアントの都合で仕事量が少ない時期が出てくることもありますので、どれぐらいの頻度で仕事が発生するかを確認しておく必要があります。

在宅ワークを探すのにおすすめのサイト5選

はじめての在宅ワークを探す場合、どのように探したらいいかわからないという人も多いのではないでしょうか。

はじめて在宅ワークを探す場合には、在宅ワークを専門に扱うサイトを利用するのがおすすめです。

ここからは、在宅ワークを探すのにおすすめなサイトを紹介していきます。サイトを活用して自分に合った在宅ワークを探しましょう。

おすすめのサイト1:クラウドワークス

在宅ワークを探すのにおすすめのサイトとしてクラウドワークスがあります。最近では、CMでもクラウドワークスという名前を耳にします。

クラウドワークスは、資格やスキル、学歴など必要なく登録することができ、10万社以上の企業からの案件を受注することができます。

発注者から仮払いを受けて仕事がはじまるので、報酬の不払いの心配がないサイトです。

クラウドワークス

おすすめのサイト2:ママワークス

在宅ワークを探すのにおすすめのサイトとして、ママワークスがあります。ママワークスは、主婦のための求人サイトで、主婦におすすめな案件を探すことができます。

はじめて在宅ワークをはじめる人にうれしいパソコンのレンタルなどのサービスを受けることができます。

また、キャリアカウンセリングを受けることもでき、自分の希望に合った在宅ワークを探すことができます。

ママワークス

おすすめのサイト3:サグーワークス

在宅ワークを探すのにおすすめのサイトとして、サグーワークスというサイトもあります。サグーワークスは、国内でも有数の記事作成サービスを提供するサイトです。

記事作成つまりライティング案件に特化しているので、特別なスキルや資格がなくてもできるので主婦だけでなく学生にも人気です。

少ない文字数の案件もありますので、隙間時間ではじめることができます。

記事作成外注・代行/在宅ワークでwebライティング |【サグーワークス】

おすすめのサイト4:レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、エンジニアにおすすめなサイトです。業界では認知度が高いサイトであり、業界でも有数のエンジニア向けのマッチングサイトでもあります。

レバテックフリーランスは、担当のキャリアコンサルタントが案件探しをサポートしてくれるので、自分の希望に合った仕事を見つけることができます。高報酬の案件も多く人気のサイトです。

フリーエンジニアのIT求人・案件サイト【レバテックフリーランス】≪公式≫

おすすめのサイト5:ココナラ

テレビや雑誌などメディアで取り上げられる機会もあるココナラもおすすめの在宅ワークを探すことができるサイトです。

ココナラは、ほかの在宅ワークを探すことができるサイトとは違い、自分が持っているスキルや知識を必要としている人たちに売ることができるサイトです。

たとえば、イラストを得意とする人がイラストを売ることができるサイトで、占いや人生相談などユニークなスキルを販売している人もいます。

ココナラ – みんなの得意を売り買い スキルマーケット

在宅ワークの種類はいろいろあるので自分に合った仕事を見つけよう

いかがでしたか?在宅ワークが初めてで、専門的な知識を持っていない人はアンケートモニターやライターがおすすめです。まずはやってみて、自分に合うと感じたら続けたらいいと思います。

最近では、在宅ワークとして始めた副業が気づいたら本業の収入を超えていた、ということも珍しくありません。

軽い気持ちで始めた副業が人生の大きな転機になることもあるので、迷っているなら一度行動してみてはいかがでしょうか。

Clevaの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…