在宅ワークにはどんな種類があるの? 様々な種類の在宅ワークまとめ

大手企業の「副業解禁」のニュースが発表されてから、副業や在宅ワークへの関心が広まりつつあります。中でも在宅ワークは、「自宅で仕事ができる=通勤する必要がない」仕事であり、家事・育児との両立がしやすいことなどから注目を集めています。

そこで本記事では、様々な種類の在宅ワークを紹介します。簡単に取り組みやすいものから、技術が必要なものまで幅広く紹介していきます!

在宅ワークの種類①アンケートモニター系

アンケートモニターというのは企業が運営するアンケートモニターに登録して、様々なアンケートに答えながらポイントを貯めることが目的です。貯まったポイントは日常の買い物で使える商品券に交換することができたり、現金に換金することも可能です。

在宅ワークにはどんな種類があるの? 様々な種類の在宅ワークまとめ

アンケートモニターのメリット

アンケートモニターのメリットはPCやスマホがあれば、誰でもどこでもできるというメリットがあります。また、登録も無料なので「副業が初めて」という人でも、ノーリスクで始めることができるのもメリットの一つ。アンケートモニターは“コツコツ稼ぐ副業”ですので、気がつくと「おお! こんなにポイント(お金)が貯まってる!」という喜びも感じることができます。

アンケートモニターのデメリット

アンケートモニターのデメリットは単価(報酬)が低いということ。webアンケートだけだと、1件のアンケートに答えて10円〜くらいのものが多いです。単価が低い分アンケートに答える項目も少なめで、1件に費やす時間も数十秒〜数分程度ですが、稼ごうと思うとそれなりに数をこなす必要があります。また、1件300円ほどの高単価のアンケートもありますが、答える項目が多かったり興味のない内容であったりすることが多いので、ストレスに感じてしまうことも多いでしょう。

更に、一つのアンケートモニターに登録しても案件(アンケート)は限られているので、複数のアンケートモニターに登録しないと稼ぐことは難しいです。

アンケートモニターはこんな人におすすめ

アンケートモニターに向いている人は副業というものを経験したことがなく、「少しの金額でもいいから稼いでみたい!」という人です。

また、アンケートモニターは一気に稼ぐ! というような副業でもないので、毎日コツコツと暇を見つけてできる人がピッタリです。仕事の合間、家事の合間などに、数十分の作業で少しずつ稼ぐことができます。

アンケートモニターはどれくらい稼げる?

webアンケートのみで1ヶ月コツコツと稼いで得られる金額は少ない人で1,000円、多い人でも3,000円〜くらいです。

ただし、「座談会」と呼ばれる企業が開催するアンケート会場に直接足を運ぶと、webアンケートとは比べ物にならないくらい稼ぐことができます。案件にもよりますが、多いところで謝礼10,000円+交通費が出る超高単価の案件もあります。

アンケートモニターの副業でも、webアンケートだけではなく座談会にも参加すれば割といい副業になるのは間違いないです。

在宅ワークの種類②データ入力系

データ入力とは、企業が所持している情報(データ)をPCに入力する仕事です。データの内容は企業の売上データだったり、会議やセミナーの録音音声、手書きのメモや原稿だったり。

それらをPCにて、Excelや決められた書式で正確にデータ入力するのが基本的な内容です。求人にも「データ入力してくれる人を募集」とよく見かけるので、データ入力の仕事自体は簡単に見つかるはずです。
一応、在宅ワークですが、募集する企業によっては定期的に本社に出向く必要もあるので、応募する際にはその辺をしっかりと見ておいた方がいいでしょう。

データ入力のメリット

データ入力のメリットは、基本的なPC操作に強くなることです。PCを使って正確かつ迅速に作業を行うことになるので、タイピングやPC知識はもちろん、事務処理能力が仕事をしているだけで向上します。また、そこまで専門的な知識は必要ないので、Word、Excelなどを一通り使える人であれば気軽に始めることができるのも魅力です。

データ入力のデメリット

データ入力のデメリットは正確性とスピードを求められることです。仕事を依頼する企業からすれば、データを見やすく、完璧な形で提出してもらいたいので、入力ミスなどがあれば修正依頼を求められます。

また、一つのデータ入力に時間をかけてしまうと時給換算すれば割に合わないのと、「○○までに欲しい」という納期もある為にミスが多かったり、入力のスピードが遅く、納期に間に合わなかったりということが多いと継続して仕事がもらえなくなる場合もあります。

データ入力はこんな人におすすめ

データ入力の副業が向いている人は真面目で根気のある人です。PCスキルや事務系の仕事をしていた人も向いていますが、スキルは後からついてくるので問題ありません。

データ入力は正確さとスピードが必要なので、集中力・忍耐力・根気がないと続けていくのは難しいでしょう。

データ入力はどれくらい稼げる?

データ入力の給料計算には「時給制」と「成果報酬型」があります。在宅の場合ですとあまり時給制のデータ入力はないようなので、ここでは成果報酬型の金額についてご紹介します。

成果報酬型というのは“作業すれば作業した分だけ稼げる”ということです。企業や案件によって「1件○○円」や「1文字○○円」という風な単価設定がされています。

在宅ワークでのデータ入力の平均相場は、1件10円〜50円。1文字単価だと、0.1円〜1円程度が相場です。

文字単価が1円であれば、単純に1時間で1000文字入力することができたら時給1,000円。1時間で3000文字入力することができれば3,000円、という風に「今どれだけ稼いだか」が文字数で把握することもできます。

データ入力で稼いでいる人の中には、月に20万円以上を稼いでいる人もたくさんいるので、頑張りや能力次第では誰でも稼げるポテンシャルを秘めています。

在宅ワークの種類③ライター系

ライターの仕事は、あなたが読んでいるこのような記事を書いたりするのも仕事の一つです。ライターと言っても色々あり、雑誌や書籍を書く為に取材や資料の収集をして書くものや、web上で得られる情報を元に記事を書いたりするwebライターがあります。

因みにブロガーとして収入を得ている人は、ライターとは少し違います。ブロガーは広告収入やアフィリエイト報酬で稼ぐのが主ですが、ライターは依頼主があって成り立つ職業です。

在宅ワークにはどんな種類があるの? 様々な種類の在宅ワークまとめ

ライターのメリット

ライターのメリットはPCがあればどこでも好きな場所、好きな時間に仕事ができることです。依頼を受けた仕事を納期までにきちんとこなせば、好きな時間に寝てもいいし、好きなだけ寝ていても大丈夫。

また、在宅ライターになるには専門的な知識は不要なので、PC、あるいはスマホがあれば誰でも始めることができます。

ライターのデメリット

ライターのデメリットは初心者のうちは満足に稼げないことです。依頼する企業はライターのスキルや経験・実績を参考に仕事を依頼するか判断をするので、経験の浅いうちはあまり仕事が回ってきません。専門的な知識は不要と言いましたが、専門的な知識や経験があれば仕事を受注しやすくなるのも事実です。例を挙げるなら、不動産・金融・医療などの知識や経験があるとそれだけで受注率はかなり高くなります。

専門的な知識や経験がない人は仕事があったとしても1文字0.1円という低単価だったり、100文字書いて10円、3000文字書いて300円くらいが相場です。因みにこの記事はここまでで大体3000文字くらい。「お? こんな文字量と文章力でお金になるの?」と思った方は、ライターの副業をおすすめします。

ライターにはこんな人がおすすめ

ライターに向いている人は元々文章を書くのが好き、得意な人、様々な知識を持っている、あるいは知らない知識を調べるのが好き、という人です。

メールやLINE(ライン)で長文を打つのが好きな人も、個人的には向いているのかな? と思います。因みに筆者は国語は苦手で、メールやLINEも嫌い、文章を書くのも苦手です。ただ、知らないことを調べるのが好きという1点だけ当てはまっていますかね。

ライターはどれくらい稼げる?

ライターとして駆け出しのうちは高単価な仕事にあまり出会えないので、1記事(1000文字)書いて100円〜500円くらいでしょうか。実績も積み、書く能力が向上してきたら1記事1000文字で2,000円以上もらえることもあります。高単価になれば1文字5円とか、1記事書いて数万円とか、そういう案件もあります。

低単価でも毎日何万文字も書ける人であれば、初心者でも月に十数万円稼ぐのは十分可能です。

在宅ワークの種類④WEBデザイン系

WEBデザインとは企業や個人の運営するサイト(ホームページ)のデザインを担当する仕事です。依頼者が思い描く構想を聞き取り、webサイトのレイアウト、装飾、HTMLなどの言語でwebサイトの形を作っていきます。

専門的な知識やデザインセンスも必要なので、誰にでもというわけにはいきませんが、知識さえあれば在宅ワークでもかなり稼げるのがWEBデザインです。

WEBデザインのメリット

WEBデザインのメリットの仕事は言ってしまえば技術職なので、経験や実績を積めば一生食べて行けると言われています。WEBデザインの需要は多いので、営業次第では簡単に仕事も見つかるでしょう。

他にもWEBデザインでは、「フォトショップ」や「イラストレーター」を使う能力も自然と身につくので、カッコいいデザインを作ることもできるし、その能力を使って素敵な年賀ハガキとかも作れます。

あとは、当たり前ですけどPC知識はかなり高くなります。

WEBデザインのデメリット

WEBデザインのデメリットは競合(ライバル)が多いということでしょうか。1件あたりの単価が高くても、それを安く受けてくれる人がいれば企業はそちらに依頼を出します。

次に、HTMLやCSSなどの言語にもかなり熟知する必要があるので、元々WEBデザイン関連の知識がある人じゃないと難しい副業です。依頼主が納得できなければ、納得のいくまでデザインや文言の修正もあるし、簡単に「こういうの実装して」と、非常に難易度の高い要求もしてくることもあります。

WEBデザインにはこんな人がおすすめ

WEBデザインに向いている人は、
・フォトショップなどのAdobeソフトの基本を理解している
・HTML、CSSの知識がある
・デザインセンスに自信がある
・色、レイアウトについての知識がある
上記のことに当てはまる人は、WEBデザインを副業としてやっていくことができるでしょう。

WEBデザインはどれくらい稼げる?

WEBデザインは在宅ワークの中でも稼げる副業と言いましたが、経験が浅いうちは時給換算すると900円程度です。それでも在宅ワークとしては高い時給だとは思いますが、経験や技術が向上してくると年収800万円以上稼ぐことも夢ではありません。WEBデザインの仕事は能力によってそれだけ報酬が変わってくるということです。

最初は副業としてやってみて、軌道に乗り始めたら本業へとシフトしていく人もいます。知識さえあれば普通に働く以上の給料を稼ぐことができるので、WEBデザインはかなり魅力的な在宅ワークではないでしょうか。

在宅ワークの種類⑤プログラミング系

プログラミングというのは、PC言語を使い、web上で動作するプログラムを組んだりする仕事です。最近ではスマートフォンアプリの開発としての募集が盛んです。

先程のWEBデザイン同様に、サイト(ホームページ)の制作もプログラミングの仕事の一つなので、多岐に渡って仕事を選べるのも特徴です。2020年からは小学生の授業にも取り入れられるようになるなどと、何かと注目されている仕事でもあります。

在宅ワークにはどんな種類があるの? 様々な種類の在宅ワークまとめ

プログラミングのメリット

プログラミングのメリットはスマートフォンアプリを個人開発して広告収入を得たり、依頼を受けて収入を得たりと得意な分野で活躍できるのもメリットの一つです。

仕事をこなしていくうちに知識やスキルも向上していくので、独学でも色々な分野にも挑戦することができるようになります。

プログラミングのデメリット

プログラミングのデメリットは、知り合いやツテがないと始めの頃はあまり仕事にありつけないことです。専門性の高い仕事かつ単価も高額なので、実績・経験・信頼できる人でないと、最初は仕事をもらうのが難しいようです。

実績を積む意味で、相場より格安で仕事をします! という風に営業をすれば仕事を得ることもできますが、価格競争でどんどん単価が下がってしまうと、正直割に合わないと感じてしまうでしょう。

他にもプログラミングの種類によっては高スペックのPCも必要だったりと、知識以外にも必要な物がたくさんあります。

プログラミングにはこんな人がおすすめ

プログラミングに向いている人は、専門知識を持っている前提であれば誰でも始めることができます。一から勉強してプログラミングの副業をしたい! という人は、何かを作り上げるのが好きだったり、戦略や戦術、問題や課題の分析が好きな人です。

プログラミングはよく「パターンを発見して整理する作業」とも言われているので、論理的な思考を持っている人には向いている仕事です。

プログラミングはどれくらい稼げるの?

本業としてプログラミングをしている人の年収は、能力の高い人で600〜700万円が相場だと言われています。プログラミングは経験年数によって収入が高額にもなるので、プログラミングの経験が浅いうちは月収20万円に満たないようです。

副業としてプログラミングをしている人の年収は、300万円の人もいれば、年収1,000万円を超える人もいます。また、需要のある言語を習得しているかにもよって稼ぎは変わってくるので、同じプログラミングでも収入には大きく差が出てしまうのもこの世界の特徴です。

自分に合った在宅ワークから始めてみよう

いかがでしたか? 在宅ワークとして定番な副業を収入の低い順にご紹介してきました。副業が初めてで、専門的な知識を持っていない人はアンケートモニターやライターがおすすめです。因みに「恋学」でもライターの募集をしていますよ。

プログラミング言語の知識がある人は必要な機材さえあればすぐにでも始めることができるし、知識が浅くても少し勉強すれば在宅ワークとして稼ぐことが可能です。

まずはやってみて、自分に合うと感じたら続けたらいいと思います。ここで紹介した在宅ワークは、「クラウドソーシング」と検索すればすぐに見つかります。様々なサイトで仕事の募集が行われているので、興味のある副業があった人は探してみましょう。最近では、在宅ワークとして始めた副業が気づいたら本業の収入を超えていた、ということも珍しくありません。

軽い気持ちで始めた副業が人生の大きな転機になることもあるので、迷っているなら行動してみてはいかがでしょうか。

Clevaの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…