「自分には何もない……」という思考から抜け出す方法5選

「周囲の友人は、プライベートも仕事も充実していて羨ましい。自分には何もない」「自分には何もないから、むなしい」という思考になる時があると思います。

実際には何もないということはないのですが、人と自分を比べてマイナス思考になっている状態ではそれに気づくことができません。

そんな自分では抜け出せない悩みのトンネルの中にいるときにぜひ見てください。「自分には何もない」という思考から抜け出す方法についてご紹介します。

「自分には何もない」と感じる人は多い

「自分には何もない」と落ち込んだ事ありますか?
「自分には何もない……」という思考から抜け出す方法5選恋学にて、Q.「自分には何もない」と落ち込んだ事ありますか? というアンケートをおこなったところ、59%(26人)の人が「結構な頻度で落ち込む」という結果になっています。

「落ち込んだことはない」と答えた人は15%(7人)、「あまり落ち込まない」と答えた人は25%(11人)。

今回の結果で見れば半数以上の人が「自分には何もない」と感じる瞬間があるようです。

では一体、どのような瞬間に「自分には何もない」と感じてしまうのでしょうか?

●恋人も友達もいない……。虚無感を感じることが多く、生きている意味さえ時々わからなくなる(23歳/男性)
●とくに自慢できる特技や趣味もなく、それらを持っている人を見ると虚しくなります(21歳/男性)
●仕事も恋愛も上手くいかないし、夢も希望もない。空っぽの心(20歳/女性)

「自分には何もない」と思ってしまう理由

「自分には何もない」と思ってしまう理由は、以下の3つが多かったりします。

1. 暇な時間が多い
暇な時間が多いと、つい余計なことまで考えてしまいます。平日は仕事オンリーで、休日は予定が一切ない。こういうとき「自分には何もない」と思ってしまう人は多いです。

2.他人と比較してしまう
同僚が出世したり、親しい友人が結婚して幸せな家庭を築いている姿を見ると置いていかれた気がして寂しく感じます。競争社会ですからね、他人と自分を比較してしまうのは仕方ないのかもしれません。

3.孤独を感じたとき
人は孤独を感じたときに寂しさや虚しさを覚えます。仕事で付き合う人はいても、プライベートで親しい人がいない。それに気づいたとき、「自分には何もない」と感じてしまいます。

「自分には何もない……」という思考から抜け出す方法5選

「自分には何もない」という思考が仕事や転職の邪魔になったときの対処法

「自分には何もない」という思考は、仕事や転職の邪魔になります。自分に自信が持てないわけですから、積極的で前向きな姿勢になることができません。

そんな自信のなさそうな人間を企業は採用しようなんて思いませんよね。

そういうときは、今までの仕事の成果をリストアップしてみてください。できるだけ細かく。

そして、そのリストを履歴書に記入し、転職サイトへ載せてみましょう。あなたの経歴や成果に対して思いがけない反応が来ると思います。

自分では何もないと感じていても、他人からは決してそんな風に見えません。もっと自信を持って!

「自分には何もない」という思考から抜け出す方法5つ

1. 比べる相手を変える

「自分には何もない」と考えてしまう人は、自分に厳しい人です。自分の考えや生き方を他人と比べて勝手に敗北感を感じているに過ぎません。

本来は良い物を持っていてもそれが見えなくなっているだけです。

基準を下げろとか妥協しろと言うわけじゃありません。もっと手前のほうにいる他人と比べてみてください。

自分の中でいくつものルートを作り、それをひとつひとつクリアすれば自信につながっていくはずです。

2. 感情は一時的なもの

誰でも悩みの1つや2つは持っています。「自分は孤独で寂しい人間だ」「自分には何もないから虚しい」そういう思考に陥ったときは、“感情は一時的なもの”と捉えておきましょう。

そもそも自分の気持ちなんてなかなかわからないものです。ですがあなたは自分の気持ちに気づくことができました。

それって凄いことですよ。気づいたのなら今度は自分を変えることができます。

「自分には何もない……」という思考から抜け出す方法5選

3. 暇なときは家事を

暇すぎて余計なことを考えてしまうのは、“余計なことを考える余力がたっぷりあるから”です。

暇のせいで思考が“自分”に向いてしまうのなら、別の方向に意識をそらしましょう。

お手軽なのは家事です。普段滅多に掃除しないところをキレイにしたり、はりきって家事をしてみてください。

やることを増やすと余計な思考なんて浮かんできません。無駄に忙しくしてみるのもいいですよ。

4. 何でもできる! と思い込む

「自分には何もない」と感じるときは、「自分は何でもできる!」と強く思ってみましょう。何もないんだから、それは自由な証拠じゃないですか。

何もない自分が本当に嫌なら、「何でもできる!」の精神でいろんなことに挑戦してみましょう。

5. 行動しないと何も見つからない

「自分には何もないから、“何”をしたらいいかわからない」、何かをしたいと思っても、まずどうすればいいのか悩んでしまいます。

しかし、そのままじっとしていても何も始まりませんよね。そういうときは自分の心にあれこれ問いかけてみましょう。

「自分には何もない」と気づいた人は、これから先をどうするかという考えを改めるチャンスがきたのです。

「自分には何もない……」という思考から抜け出す方法5選

「自分には何もない」という思考から卒業しよう!

本当に何もない人なんていません。勝手にそう思い込んでいるだけです。少なくとも、こうした記事を読んでいるあなたは変わりたいという気持ちがある人です。

そういう人は大丈夫。保証します。だから「自分には何もない」なんて考えず、もっと目の前のことに集中しておきましょう。

Clevaの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…