仕事ができない人に共通する特徴!

社会人になると必ずといっていいほどぶち当たるのが、「仕事ができない……」という悩みです。慣れない仕事は覚えるだけでも大変だし、最初をどう乗り越えるかが鍵。

でも、長期間同じ仕事を続けても仕事ができない人っています。仕事ができないのにはちゃんと理由がありますが、本人はそれになかなか気づくことができません。

そこで今回は、仕事ができない人に共通する特徴について紹介していきます。

仕事ができない人に共通する特徴

メモを取っていない

仕事ができない人の特徴で多いのが、“メモを取る”ことをしてないこと。少々の頼まれごとや指示でいちいちメモを取るなんてめんどくさいと感じるけど、後になって「あれ? 何を頼まれてたんだっけ?」となることは多いです。

面倒でもメモをちゃんと取っておけば後々の業務に活かすこともできるし、上司の目にもしっかり話を聞いている姿をアピールすることができます。

ミスした原因を理解できない

仕事でミスするのは仕方ないこと。誰でも最初のうちはミスするし、1回2回は見逃してくれるでしょう。しかし、何度も何度も同じミスをしていては怒られて当然。そして、同じミスをしてしまう原因は、“どうしてミスしたのか理解してない”ことが多いです。

自分がどうしてミスしたのか最初のうちは考えても分からないことがあります。また、ミスしたことに対して質問したら「そんなことも分かんねえのか!」と怒られそうで聞けないこともあるでしょう。

でも、何度もミスして毎回怒られるより1回の怒りで収めた方がよくないですか。ミスした原因をきちんと理解することが仕事が上手くできるようになる秘訣です。

仕事ができない人に共通する特徴!

話を全く聞いてない

仕事ができない人の特徴には、頭の中が仕事以外のことで満たされていることも多いです。筆者も若い頃はそうでした。仕事の話をしているのに、頭の中は休みの日の計画や、早く家に帰ってゲームしてぇなあ、なんてことを常に考えていました。

やる気がないんでしょうね。そんな姿勢だと仕事も覚えられないし、ミスも多くなります。仕事の時は仕事に集中するのが一番。

人のせいにする

仕事ができない理由を人のせいにする人がいます。例えば、「あの人の段取りが悪い」「こうした方がもっと効率いいのに」とか、心の中で仕事が上手く行かないことを人のせいにしてしまう。

確かにそういうこともあるでしょう。しかし、この考え方をしているうちは仕事面において成長することはあまりないです。

仕事ができない人に共通する特徴!

優先順位がつけられない

仕事で任される業務は1つ2つじゃありません。同時に複数の仕事を頼まれることがあります。仕事ができない人はそれら全てを同時進行で片付けようとしたり、仕事の優先順位を上手く立てられないことが原因です。

仕事の効率を考え、まずはどれから片付けていくのがベストなのかを日頃から考える癖をつけましょう。

報告・連絡・相談ができない

「ホウレンソウ」という、報告・連絡・相談は仕事の基本中の基本であり、新人の頃によく言われたはずです。しかし、実際にトラブルや分からないことがあって相談したけど、露骨に嫌そうな顔をされたり、「そんなこと自分で考えろ!」と言われたりした経験はないでしょうか。こんなこと言われるともう二度と相談とかしたくないですよね。

でも、その背景には後輩に育ってほしい思いや、その人も業務に追われて余裕がないのです。トラブルや分からないことを一人で考えても余計に事態が悪化することもあるし、結局ミスすれば後で怒られるのには変わりません。

それくらいなら嫌々でも相談しといた方がいいですよね。

仕事ができない人に共通する特徴!

最後に

仕事ができない人の特徴で多い理由を紹介してきましたが、そのどれもは単純なことで、本人の気持ちを切り替えるだけで簡単に解決するものばかりです。

仕事ができない理由は一概に決めつけることができませんけど、プレッシャーだったり、怒られることへの恐怖とかだったりが多い気がします。

もっと気持ちをリラックスさせて、基本さえ抑えておけば大丈夫。

Clevaの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…