【トイアンナ】男に媚びてまで美人を目指したくないあなたへ贈る、美人の条件

こんにちは、トイアンナです。小学校のころはブスといじめられ、自分はブスなんだな~、とぼんやり思っていました。

ところが中学でバスの停車場へ呼び出され「美人だから付き合って」と言われたとき、価値観が崩壊。男って何なんだ? 美人とブスってどんな条件で決まるの? と、哲学的な問いへぶつかってしまったのです。

美人の条件から外れようとしていた

そこから15年。美人とブスの間で揺れ動いた私は、立派なフェミニストになりました。私は「男の求めに応じて美人を目指すなんてアホらしい」と提唱するひとりで、実際去年くらいまで眉毛以外一切手をつけず、すっぴんで生きていました。当然、モテません。

しかし当方は肉食女子。口説かれなくても口説くことで、これまで恋愛や結婚をしてきたのです。ですからいくら婚活コラムに「気を利かせよう、身だしなみに気を使おう、それが美人の条件です」と書かれても、いまいち呑み込めない自分がいました。

だって、外見に気を使ったり、気が利く男向けの美人じゃなくても口説けるじゃん。そして口説けばいくばくかの男は落ちるじゃん、と。

けれど、違ったのです。【トイアンナ】男に媚びてまで美人を目指したくないあなたへ贈る、美人の条件

美人の条件は、美しくあろうと決めること

あるとき、はたと気づきました。外見に気を使ったり、気を配ることで気持ちよくなるのは男性だけではないと。考えてみたら、ボサボサの髪で死ぬ気で働いている上司より、毎日ビシっと決めて凛とした人間のもとで働きたいよなと。美人の条件とは、造形でも気配りでもなく生きざまで「美しくあろう」と決める勇気でした。

それから私は、モード系に寄りすぎていたファッションをやめました。慣れないoggiやBAILAを読み、オフィスでも万全のコーディネートを模索しました。何年ものハンデを背負って美を探し始めたもので、最初はアイライナーがおでこの宇宙空間へ伸び、正しい姿勢を目指しすぎて背筋を傷めました。【トイアンナ】男に媚びてまで美人を目指したくないあなたへ贈る、美人の条件それでもありがたいことに顔出しイベントでお声をかけていただけるようになり、部下が生き生きとするようになり。「美しくあろう」とすることは楽ではないけれど、恋愛以外でもプラスになっています。

こんなにいろいろうまく行くなら、美しい生きざまをもっと早く目指してもよかった。そんな思いから、今日は筆を執りました。もしあなたが「男に媚びるための美人なんて目指したくない」と思うなら、本当にその通りです。

でも美しい生きざまを目指すことは、仕事や私生活、何なら健康においてもプラスとなります。美人の条件とは、美しい生きざまを目指す覚悟。昨年からは、そう痛感しています。

 

(あなたはどっち派!?恋学アンケート実施中!!)
(1)どれくらい美容に関心がある?

トイアンナの他の記事を読む


この記事どうだった?

10いいね!

6うーん…