束縛は逆効果? 重たい女と思われて彼に逃げられやすいフレーズ4つ

大好きな彼のことは何でも知りたいし、他の女性の影がないようにしたいと思うのは当たり前のことだと思います。ただ、その思いが強くなりすぎてしまい、彼を束縛し過ぎてしまうのは場合によっては逆効果になってしまうこともあるでしょう。

束縛は逆効果? 重たい女と思われて彼に逃げられやすいフレーズ4つ

彼が束縛OKなタイプなら良いのですが、基本的に干渉され過ぎるのは嫌な男性が多いようです。そこで今回は、行き過ぎた束縛で彼の気持ちを離れさせてしまいやすいフレーズをピックアップしてみました! 

■1.女性のアドレスを全削除するように命令! 
「他の女の連絡先は全部消しといてよ」「私以外の女と連絡取る必要ないよね」など、彼の携帯メモリーを操作しようとするのはタブーです。彼に「俺のこと信用してないんだな」と思われてしまいますし、そこまでされてしまうと逆に怖さを感じさせてしまう可能性もあります。心配なのは分かりますが、彼を信じてあげること、心を広く持つことを大切にしておきましょう。

■2.ペアリングは絶対はずさない! 
「いつもペアリングはつけておいてね」と言われると、彼にとっては大きなプレッシャーになってしまうかもしれません。彼がついうっかり指輪を付け忘れてしまったとき、普段のあなたの姿からは想像できないような険相で怒りをあらわにしてしまうと、彼の気持ちは一気に冷めてしまうかも…。

一緒につけるために購入した指輪なので、念押しをしてしまうと「そんなの分かってるし!」と逆切れされてしまう恐れもあるので気を付けておきましょう。

■3.連絡がないとすぐに問い詰める
「なんで連絡してくれないの?」「メールないけど今何してるの?」と、彼の生活はそっちのけで自分の感情だけで物を言うことのないようにしておいてくださいね。仕事していて連絡できないとき、上司と一緒で携帯自体触れないときだってあります。

最初は彼も「愛されてるな」と思うかもしれませんが、それが徐々にストレスとなり、うっとうしいと感じさせる原因になり兼ねません。1日1回連絡がつけば十分くらいの大きな気持ちを持つことが、重たい女と思われない秘訣でしょう。

■4.全ての行動を把握しようとする
「昨日の夜何してたの?」「仕事が終わってからちょっと連絡なかったけど、どこ行ってたの?」などと、彼の1日の行動をすべて把握しようとするのはいくらなんでも重すぎますよね。自分のプライベートな時間くらいそっとしておいてもらいたい、と思っている男性も少なくありません。

これでは、もしも結婚したとしても、自分の時間がない、常に束縛された状態で生活しないといけない…と思わせてしまいます。将来のことを考えているなら、もう少し心に余裕を持つことが大切でしょう。

いかがでしたか? もしも当てはまる項目があったのなら、今からでも改善できるようにしておきましょう。どれだけ愛していても、彼が嫌がることをしてしまっては、信頼関係を築くことはできません。お互いが居心地の良い関係を築けるように、ふたりでしっかりと話合う時間も大切にしておいてくださいね! 
(RUREI)

Woman.exciteの他の記事を読む

この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…