【トイアンナ】「会社辞めたい」と思ったらまず考えてほしいこと

こんにちは、トイアンナです。自分がフリーランスになって数年たってしまったせいか、「会社辞めたい? おうおう、辞めちまえ!」と応援することが増えました。

 一方、あまりにアッサリと「自由な生き方をするために会社を辞めよう!」と応援なさる方を見て、リスクを無視した無責任な応援にハラハラしてもいます。

そこで今回は「会社辞めたい」と思ったあなたが退職前に考えるべきチェックポイントをお伝えできればと思います。

「会社辞めたい」と思ったら、まずは心身の健康を確認しよう

まず、あなたは健康でしょうか? もし人間関係やノルマで落ち込んだり、ご飯が美味しくなくなっていたりするならば、ウツになりかけているかもしれません。

もしウツ気味だと感じたら、退職よりもまずは休職を選び自分をケアしましょう。

うつ病と診断が下れば、傷病手当金といって給与の2/3をもらえる制度も活用できます。メンタルクリニックの医師に相談してみましょう。自分で調べる気力がないときは、友達や家族へ相談してみてくださいね。

さて、もし自分が心身ともに健康で「会社辞めたい」と思ったなら、次の項目へ進んでください。【トイアンナ】「会社辞めたい」と思ったらまず考えてほしいこと

会社辞めたいと思ったら、転職先を確保して

健康なまま退職するなら、「転職先を決めてから」退職しましょう。退職後に転職活動をしてもよいのですが、貯金をすり減らして転職活動をすると焦ってしまいがち。

転職先選びで失敗したくないなら「心の余裕」は持っておきたいものです。そして金銭のストレスは、心の余裕を一番減らします。会社辞めたいと思ったら「そうだ、転職しよう!」とその場で転職エージェントへ問い合わせてしまうくらいが健全です。

転職では「ハローワークなどの求人を探して応募する」方法と、「転職エージェントを介して紹介してもらう」2つが主な手段です。

個人的には現職で忙しい方こそ、転職エージェントを使ってほしいと思います。エージェント企業によって強み・弱みが分かれますので、複数社登録して案件を見比べてみてください。【トイアンナ】「会社辞めたい」と思ったらまず考えてほしいことまた、転職先を探すときは「会社を辞めたい理由」もハッキリさせておきましょう。給与なのか、ウェットな人間関係が嫌でもっとサバサバしたところへ行きたいのか、それとも早く帰りたいのでしょうか?

こんな風に、次の職場で譲れない条件をしっかり言葉にしておけば、転職活動もはかどります。くれぐれも「今の会社から逃げられれば何でもいい」と変な転職先を掴まないように注意してくださいね。あなたの転職、応援しています。

 

(あなたはどっち派!?恋学アンケート実施中!!)
(1)会社辞めたいって思ったことある?

トイアンナの他の記事を読む


この記事どうだった?

5いいね!

1うーん…