恋活がわかっていないガッカリ女子

先日、久しぶりに街コンに参加してきました。
開催者としてではなく、恋活目的の参加者として本気で街コンに参加してみたのです。

街コンジャパンアンケート調査によると、街コン参加者の約6割が「恋活・婚活のために街コン参加」と回答していますが、直接ヒアリングしてみた結果は、100%が恋活目的だということがわかりました。そう、数年前よりも参加者の恋愛度が本気になっているのです。

そこにガイドも男性参加者の一人として本気で街コン=恋の戦に参加してきました。 そして、参加した街コンで様々な女性とお話させていただいたのですが、驚きました。いや、本当に怒りで震え上がるほど驚きました。
だって女性のみなさん、恋活の仕方がまるでわかっていない!!!!!
と。

ガイド「男の人とライン交換はした?」
女性「聞いてくれないから交換してないんです。私から連絡先を聞くなんてできません。聞いてくれなきゃイヤです」
・・・・・。

ガイド「街コンでいい人はいた? 彼氏できそう?」
女性「私、なかなか男の人を好きにならないんですよね」

・・・・・・・・・。
いやいやいや・・・ちょっと待って!?
聞いてくれないからしない? 聞いてくれない?? 聞いてくれなきゃイヤ???
なかなか男の人を好きにならない・・・?
―――それって好きになってくれる奴がいないからの間違いだろーーーーーーー!!!!!!

もうね、その考えがない。
今日はとことん腹を割って話しましょう。
すでに恋人がいて、他の男からもちやほやされて、結婚も間近という女性にはどうでもいい話になりますが、
「出会いがない」「好きな人ができない」「何で私は選ばれないの?」と“ないないづくし”で嘆き悲しみガイドの元に駆け寄ってくる女ども! 耳の穴をかっぽじってよーーーーーく聞いてほしい。

まず、現状を理解してください。
現状を理解・把握して変わる努力をしましょう。
あなた方に必要なのは、現状を理解して課題を持つこと。
出会いを求めるなんて百万年早いと思ってください。

あなたは、“どうでもいい”と思っている男性からも、連絡先を聞かれていませんね?
そんな“どうでもいい男”にすら相手にされないあなたが、理想とするハイスペック男から相手にされるわけがないんです。

まずは、“どうでもいい人”に好かれる練習から始めてください!!!!!

街コン(合コン)トーク・正解例

連絡先の交換における正解は、こうです。

街コンや合コンなどの場で男性が他の席に移動しそうになったら、
恥ずかしそうに、「私の連絡先、聞いてもらえませんか?」

これだけで、男性はきゅんってしますから!! 間違いなく!!!
勝手に、「こいつ俺のことが好き」って思いますからwwww

次に、よく出る会話にありがちな展開。
男性「どんな男性がタイプですか?」
女性「やさしくて私のことを好きになってくれる王子様 かな・・・3年以上彼氏いないですけど」

はい、ダメ。ぜんぜんダメ。

正解は、こうです。
女性「えっ、、、好きなタイプを言ったら、、、、、私のことを好きになってくれるんですか?」

そんなこと言われたら、
男は「俺のこと好きか!」って勝手にキュンとしますから!!!
「好きになってくれるんですか?(首かしげてきょとん顔)」、とか、死ぬまでに一度くらい言われてー!!と男は切望していますから!!

男性は、プライドと尊厳の単純な生き物です。
「私のことを好きになってくれるんですか?」というお願いかつ尊重される言い方をされれば、
勘違いして勝手に惚れます!!!

とにかく、「男性は尊厳とプライドの生き物」というのを理解した発言をしていれば確実に男は寄ってきます。
自己満足で「俺がいないとこの子はダメなんだ」とか勝手に妄想しますから。
それで勝手に惚れて、尽くすようになるんです。

男は本当に単純。たった一言そう言えばいいんです。

男を落とす3大キーワード

・「すごい、さすがですね」
⇒男性はプライド、尊厳の塊。褒められるのが大好き。

・「こんなのはじめて」
⇒男性は、初めてといわれるのが好きな動物。好きな人に特別を提供したいと思う生き物(自己満足)

・「あなただけよ」「私だけは、どんなことがあってもあなたを応援してるから」
⇒自分を慕ってくれている、必要としてくれると思わせることが必要。上手に手のひらで転がしましょう。

男は秒殺で恋に落ちる

女性の恋愛は、加点方式
日々の積み重ねで評価し、加点して相手を好きになります。

しかし男性は、好きかどうかを判断するのに女性よりも時間がかかりません。
初対面でも「あいつ俺のこと好きだぜ~」と勝手に勘違いする生き物なので、好意を見せれば向こうから勝手に近づいてきます。
男性は、女性と目が合っただけで、勝手に好意を感じます。

もし、すぐに身体を求めてくる男性なら、それをうまくかわしながら、時折ご褒美を与えて3ヶ月(もしくはデート3回)我慢させましょう。ただし、3ヶ月間まるで何も与えずでは男性も去ってきいます。ですから、少しだけご褒美を与えつつ、「次こそはイケるかも?」という期待感を常に与え続けるのがポイントです。

理想は、軽いボディタッチ⇒手をつなぐ⇒キスをするといった段階を、3ヶ月間かけて焦らしつつ踏んでいけるといいですね。

男と女って、そういうふうにできているんです。

今回の話を、疑うのは自由(笑)ですが、騙されたと思って一度試してみてください。きっと「私、騙されてるの?」と思うくらいモテるようになりますよ(笑)! あなたも「恋学」で、理想の恋愛を!

 

2


この記事どうだった?

1いいね!

1うーん…