感受性豊かとは? 感受性が豊かな人の特徴15選とメリット・デメリット

「感受性が豊か」にはいろいろな印象があり、「繊細で傷つきやすい」「気を使いすぎる」などネガティブなイメージや「相手の気持ちを汲める」「周囲の調和を取れる穏やかな人」というポジティブなイメージを持つ人などさまざまいることでしょう。

ここでは感受性について紹介します。

感受性豊かとは?

「感受性が豊か」と聞くとどのような印象を受けますか? 人によって受ける印象はだいぶ違うようです。

「感受性が豊か」と聞くと「人の気持ちをくみ取る能力が高い」「想像力が豊か」などポジティブなどのイメージを浮かぶ人もいるでしょう。

対照的に「傷つきやすい」「気を使いすぎてしまう」などネガティブなイメージが浮かぶ人もいるかもしれませんね。

本記事では「感受性が豊か」と言われる人の特徴と、豊かな感受性によって生じるメリット・デメリットを紹介していきます。

感性が豊かな人に共通する特徴15選

感受性が豊かな人に共通する特徴があるのをご存じでしょうか。それらを知ることにより感受性が豊かな人との接し方がわかります。

そして自分が感受性豊かだと思う人は、人よりも自分がどんなことに対して敏感に反応するのか確認できるでしょう。

感情が豊かな人の特徴を知ることにより、短所となりそうな特徴を把握しておけばトラブル回避にもなります。

また長所の部分になりそうな特徴は上手に生かせば短所をカバーし、さらに良い結果を出せることもできるでしょう。

ここでは感情が豊かな人に共通する特徴を15個紹介します。

感性が豊かな人に共通する特徴1:オリジナルの表現ができる

感受性豊かとは? 感受性が豊かな人の特徴15選とメリット・デメリット

感性が豊かな人に共通する特徴1個目は「オリジナルの表現ができる」ことです。

感性が豊かな人は外部からの些細な刺激を常に受けるので、自ずと周りの人とは違った視点を持つことになります。

たとえば同じものを見たとしても普通の感覚の人と感性が豊かな人とでは受け止め方や感じ方に違いが出てくるので、オリジナルの表現力を発揮できます。

そういった意味でも感性が豊かな人は芸術的なセンスが優れていると言えるでしょう。そういった方面に力を注ぐと良い成果を得ることにつながります。

感性が豊かな人に共通する特徴2:他人の気持ちを汲める

感性が豊かな人に共通する特徴2個目は「他人の気持ちを汲める」ことです。

感性が豊かな人は他人の感情や行動への共感を無意識のうちにしてしまいます。そうすると、他人の気持ちが自分の気持ちのように感じられ、その人がどんな風に感じでいるのか、どんな気持ちなのか瞬時に理解し汲み取ることが可能です。

ですので、もし落ち込むなど感情が激しく動いているような人がいる場合、感性が豊かな人が傍にいると、感情が激しく動いている人にとって苦にならないような対応を心がけようとし、その場の空気を安定させようとします。

感性が豊かな人に共通する特徴3:小さなことに感動できる

感性が豊かな人に共通する特徴3個目は「小さなことに感動できる」ことです。

感性が豊かな人は外部からの刺激を敏感に受け止めます。精神的に感情を傷つけることや怒りを感じることへの反応も敏感ですが、嬉しいことや楽しいことに対しての反応も敏感です。

ですので、些細なことでもうれしいことや楽しいことが心に触れると感性の豊かな人は感動します。

自分がちょっとした行動で想像以上に相手に喜ばれるようであれば、その人とは感性が豊かな人かもしれません。

感性が豊かな人に共通する特徴4:子供のような純粋な心を持っている

感性が豊かな人に共通する特徴4個目は「子供のような純粋な心を持っている」ことです。子供といえば感情表現が豊かで喜怒哀楽が激しいイメージがあることでしょう。

人は成長と共に喜怒哀楽が落ち着いていく傾向があります。ですが感性が豊かな人は外部から受ける刺激が普通の人より多いので、子供のような感性を持つことが可能です。

その結果、感性が豊かな人は年齢を重ねたとしても子供のような純粋な心を持ち続けていられます。

ですので、感性が豊かな人に接すると行動や言動に時々子供の時の気持ちに気づかされることもあるでしょう。

感性が豊かな人に共通する特徴5:身の回りのものに愛情を感じている

感性が豊かな人に共通する特徴5個目は「身の回りのものに愛情を感じる」ことです。感性が豊かな人は想像力が豊かで、自分の身の回りのものに愛情を感じる傾向があります。

それは自分の周りにいる人間だけではなく、生き物や日用品のようなものや、自然などあらゆるものに対して平等に愛情を抱き感じることが可能です。

感性が豊かな人は自分自身のことを大切にするように、周りに対しても深い愛情をもって接することができます。

ですので、感性が豊かな人は周りに対して愛情を感じるので優しく寛容に対応することができるのでしょう。

感性が豊かな人に共通する特徴6:自分と向き合う時間も設けている

感性が豊かな人に共通する特徴6個目は「自分と向き合う時間も設けている」ことです。

感性が豊かな人は環境などの外部から刺激を日常的に受けており、自分の中にたくさんの情報が入って精神的に煮詰まってしまうことがあります。

それを防ぐために感性が豊かな人は、周りの人と過ごす時間の他に自分と向き合う時間も設けているのです。

自分と向き合う時間を設けることで自分の中で人間関係などの過多になっている情報を整理して煮詰まった感情を消化しています。

そうすることで、感性が豊かな人は心のバランスを取っているのでしょう。

感性が豊かな人に共通する特徴7:気持ちの整理が得意

感性が豊かな人に共通する特徴7個目は「気持ちの整理が得意」なことです。感性が豊かな人の中には気持ちの切り替えの早い人がいます。

それには理由があり、感性が豊かな人は外部からの刺激など常に入ってくる情報が多く自分の中に流入してくるので、そのままだと疲労を感じ精神的に良くはありません。

とはいえ、自分を感情をそのまま出してしまうと場の空気が悪くなるのではないかと気にする傾向があり、その状態を防ぐために気持ちの整理を付ける習慣が身についています。

そのため普通の人より感性が豊かな人は気持ちの整理が得意です。

感性が豊かな人に共通する特徴8:心に浮かんだ事に素直である

感性が豊かな人に共通する特徴8個目は「心に浮かんだことに素直である」ことです。感性が豊かな人は他人との会話や接触に疲労感を感じる性質です。

その分、自分自身と向き合うことが多くあるので、自然と自分の心の声に素直に耳を傾け、心に浮かんだ事を素直に受け止め自分の意見として行動しています。

感性が豊かな人が周りとは合わせず、違う意見や答えを出してくるようなオリジナリティを感じさせるのは、人に何かを決めてもらおうという考えが少なく、どちらかといえば自分で答えを見つけようとする傾向があるからでしょう。

感性が豊かな人に共通する特徴9:人とは一味違う創造力をもっている

感性が豊かな人に共通する特徴9個目は「人とは人味違う想像力をもっている」ことです。

感性が豊かな人は周りの些細な変化などに興味をもちそれを情報として受け止め、心の中にストックしています。

基本的に感性が豊かな人は他者に意見を求めません。

なぜなら感性が豊かな人は自分の中で答えを出そうと頭の中にある記憶や、心の中にある考えをひねり出していこうとします。そうすることが感性が豊かな人の想像力を一味違うものにしているのでしょう。

ですので、何か発表しようとした時に人とは違う独創的なものを出すことができます。

感性が豊かな人に共通する特徴10:想像力が無限に広がっている

感性豊かな人に共通する特徴10個目は「想像力が無限に広がっている」ことです。感性が豊かな人は周りに対して敏感に反応する傾向があります。

それは精神的疲労や感情の起伏が激しくなるというマイナス面がありますが、いろいろなものに良さや魅力を見つけることできるというプラスの面も兼ね備えているのです。

目にするものから情報が入ってくるので、常に心を動かされ感動したり楽しんだりすることで想像を膨らませているので、感性が豊かな人は自分の中に想像力が無限に広がっています。

感性が豊かな人に共通する特徴11:目には見えないものをも感じ取れる

感性が豊かな人の共通する特徴11個目は「目に見えないものを感じ取れる」ことです。

感受性には3つの定義「不安感受性」「対人感受性」「感覚感受性」があると説明しました。

この定義により感性が豊かな人は周りの環境に対して敏感で、無意識に感じ取れる特徴があります。

それは目に見えるものはもちろんですが、普通は気づかないような目に見えないものにまで及び、たまに周りの人や本人さえも驚くことがあるでしょう。

ですが、それを長所として伸ばしていけば、新しい発想や危険回避など良い結果に導ける能力になるかもしれません。

感性が豊かな人に共通する特徴12:五感が優れていて香りや音の違いに気がつける

感性が豊かな人に共通する特徴12個目は「五感が優れていて香りや音の違いに気がつける」ことです。

感性が豊かな人は「感覚感受性」が優れているので普通の人より五感が鋭くなっています。

そのため、香りや音に変化を感じると自覚する前に気づいているなど非常に敏感です。

変化の場合よっては不快感と違和感を感じるというマイナス面もありますが、季節によって咲く花の匂いや空気感などの香りや、相手の話す声のトーンなど音の違いに気がつくことが可能です。

その気づきにより日々の楽しみや周りの状況を察知しやすいという長所になります。

感性が豊かな人に共通する特徴13:謙虚さがある

感受性豊かとは? 感受性が豊かな人の特徴15選とメリット・デメリット

感性が豊かな人の共通する特徴13個目は「謙虚さがある」です。感性が豊かな人は相手の気持ちに共感できるので自分の気持ちのように汲む傾向があります。

そして場の空気を悪くならないように調和を取ろうとし、自分よりも他人を優先しがちです。

その行動が謙虚さがあると周りから評価されることになります。謙虚なことは悪いことではないのですが、常に他人を優先し自分が我慢する選択は精神的には良くない傾向です。

ですので、感性が豊かな人はストレスを貯めやすいタイプとも言えるえるので、謙虚になるのは適度にしておきましょう。

感性が豊かな人に共通する特徴14:自分のことは後回しにする

感性が豊かな人の共通する特徴14個目は「自分のことは後回しにする」ことです。

感性が豊かな人は相手のことや周りのことを優先する癖があります。自分が大変なときでも困っている人がいれば相手の手助けをし、気づけば自分のことは後回しになりがちです。

感性が豊かな人には自分のことは自分で判断できるので、その分相手の困っていることを優先的に解決しようと思ってしまいます。

相手を思い気づかうことは決して悪いことではありませんが、常に自分のことを後回しする性分は控えめにした方が良いでしょう。

感性が豊かな人に共通する特徴15:物事の本質を見抜くのが得意

感受性豊かとは? 感受性が豊かな人の特徴15選とメリット・デメリット

感性が豊かな人に共通する特徴15個目は「物事の本質を見抜くのが得意」なことです。感性が豊かな人は五感が鋭く相手の気持ちや意図などに共感し理解しようとします。

物語や本など架空の物の他にも、日常的に目にする状況や情報について常に分析しており、それは感性が豊かな人の性分です。

いろいろ思考を重ね、常に周りの意図を読み解こうと意識しており、その経験の積み重ねにより感性が豊かな人は物事の本質を見抜くのが得意となるのでしょう。

感受性が強い人に共通する原因2つ

感性が強い人には共通する原因というものがあります。

1つ目は「遺伝的な影響で生まれ持った感受性が強い」2つ目は「読書やドラマ・映画が好きで感情移入していた」です。

この2つが感受性が強い人に共通する原因といわれています。遺伝的だとしたら生まれた瞬間から身についていますし、読書やドラマ・映画が好きで感情移入していたとしたら、自分が成長していく中で培ってきたものです。

感受性が強い人には片方だけの原因の人もいれば、両方組み合わさった原因の人もいることでしょう。ここでは2つの原因について紹介します。

感受性が強い人に共通する原因1:遺伝的な影響で生まれ持った感受性が強い

子供は親やその前の世代からいろいろなものを受け継いでいます。財産などもありますが、身体的には体型や視力など親子や兄弟で似てくることがあるでしょう。

他にも、親が子供の頃していたことが、自分の子供も同じような行動をして驚く経験したこともあるのではないでしょうか。

体型などもですが、精神的なものも遺伝的に受け継がれ、実は感受性の強さも遺伝で受け継がれることがあります。

ただ、子供は二人の親から遺伝子を受け継ぐので、どちらかの親が感受性が強くても、子供が感受性が強くなるかは成長しないとわからないでしょう。

感受性が強い人に共通する原因2:読書やドラマ・映画が好きで感情移入していた

感受性が強い人には遺伝的に持って生まれた原因の他に自分が好きなものが感受性を強くする原因の人もいます。

感受性の強い人は読書やドラマ・映画など物語が好きで夢中になり、気づけば自分もストーリーの登場人物のように感情移入することを楽しむことが可能です。

遺伝的な要素が元からない人でも、そういった物語に感情移入しやすい人は感受性が強くなります。

もし、感受性を強くしたい人がいるいるのであれば、読書やドラマなどの物語を楽しむような習慣を身に付けると良いでしょう。

感受性が豊かなことで生じるメリットとデメリット

感受性豊かとは? 感受性が豊かな人の特徴15選とメリット・デメリット

物事には良い面と悪い面という2面性が必ずと言っていいほど存在します。それは本記事で取り上げている感受性についても言えることです。

感受性が豊かなことで生じるメリットとデメリットというものがあります。デメリットばかりが目立ってくると本人が苦労し大変な思いをするでしょう。

ですが、メリットを上手に生かしてデメリットをカバーすれば感受性が豊かなことは長所であり、心強い自分の武器となります。

もし、自分が感受性が豊かでその能力を持て余しているとしたら、まずはメリットとデメリットを知りましょう。

感受性が豊かなことで生じるメリット3つ

感受性の豊かな人は、周りの人間関係を円滑にしたり他の人が気づきにくい出来事の核心に気づきやすいといったよいところがあります。

また、色々なことに対して感動できるので、「世の中には楽しみや発見が溢れている!」と感じることも多いです。

ここでは、感受性が豊かなことで生じるメリット「美的センスなど芸術性が高くなる」「気配りが上手くなり人を思いやれる」「小さな事にも心から感動できるようになる」について紹介しましょう。

生じるメリットを理解し、活かしていけたら人生をより楽しむ力になります。

感受性が豊かなことで生じるメリット1:美的センスなど芸術性が高くなる

感受性が豊かなことで生じるメリット1つ目は「美的センスなど芸術性が高くなる」ことです。

感受性が豊かな人は人とは違った着目点があります。たとえば同じ題材で絵など作品を制作した時に、色使いなどが独創的でセンスが良いと褒められて驚いた経験をしたことがある人もいるでしょう。

そういった人は感受性が豊かで美的センスが備わっており、普通の人より芸術性が高くなっています。

もし自分が美的センスを磨き芸術性を高めたいのであれば、感受性を豊かになるような習慣を身に付けてみましょう。

感受性が豊かなことで生じるメリット2:気配りが上手くなり人を思いやれる

感受性が豊かなことで生じるメリット2つ目は「気配りが上手になり人を思いやれる」ことです。

たとえば、クリアしなければいけないプロジェクトやミッションなどがあった場合、感受性が豊かな人がいればグループの調和を取りスケジュールを円滑にしようと動き、困っていそうな人がいればサポートするなどの配慮ができます。

感受性が豊かな人は相手の気持ちや場の空気を敏感に読み取る力が長けており、調和のとれた行動や発言を心がけるでしょう。

気配りと思いやり、この点が感受性が豊かなことで生じる周囲からのプラスの評価です。

感受性が豊かなことで生じるメリット3:小さな事にも心から感動できるようになる

感受性が豊かなことで生じるメリット3つ目は「小さな事にも心から感動できるようになる」ことです。

映画などを見て感動することもありますが、感受性が豊かな人は日常のささやかな事にも心から感動しています。

たとえば季節の花が美しく咲いている時、夕焼けが綺麗だった時、何気なく自分が手助けをされた時など、本当にありふれた小さい事です。

感受性が豊かですと、そういった小さい事に心を動かされ感動をできるようになります。

感動するたびに生きる楽しみや喜べるというメリットを感じることができるでしょう。

感受性が豊かなことで生じるデメリット3つ

感受性豊かとは? 感受性が豊かな人の特徴15選とメリット・デメリット

感受性が豊かなことにより生じるメリットもいっぱいありますが、世間のイメージ通り、デメリットにつながるネガティブな面もあります。

デメリットとしては、「繊細すぎて傷つきやすい」「感情の起伏に振り回される」「気を使いすぎて疲れる」などが挙げられます。

感受性が豊かな人にとって、きめ細やかな繊細さはメリットでもある反面、ちょっとしたことで傷ついてしまったり、落ち込んで立ち直れなくなったりといったデメリットでもあるんですね。

ここでは、感受性が豊かなことで生じるデメリットを3つ紹介しましょう。

感受性が豊かなことで生じるデメリット1:良くも悪くも周囲からの影響を受けやすくなる

感受性が豊かなことで生じるデメリット1つ目は「良くも悪くも周囲からの影響を受けやすくなる」ことです。

たとえば、感受性が豊かな人は好きな人ができた時にその人の好きな物を自分の身の回りに取り入れて気づけば自分らしさを見失うようなこともあります。

感受性の豊かな人は周囲に対して共感しやすい傾向があり、その結果周りからいろいろな影響を受けてしまいがちです。

影響は良くも悪くも受けやすいので、感受性が豊かな人は自分が受けている影響が良いものか悪いものかしっかりと見極める自分の価値観を持つ必要があります。

感受性が豊かなことで生じるデメリット2:人よりもストレスを抱えやすく精神的に疲れやすくなる

感受性が豊かなことで生じるデメリット2つ目は「人よりストレスを抱え易く精神的に疲れやすくなる」ことです。

感受性が豊かな人は人と接したりする環境に対して、いろいろなものに共感し、自分のことのように捉える傾向があります。

そのため、感受性が豊かな人は相手のことを気づかい精神的に消耗するのですが、そこでストレスを抱えたとしても自分のストレスを他人に打ち明けることができません。

結果として感受性が豊かな人は精神的に疲れやすくなってしまいがちです。そうなってしまう前に上手なストレス発散方法を見つけましょう。

感受性が豊かなことで生じるデメリット3:些細なことで傷つきやすくなる

感受性が豊かなことで生じるデメリット3つ目は「些細なことで傷つきやすくなる」ことです。

感受性が豊かな人は自分の発言などで相手に不快な思いをさせていないか常に気にしていたり、相手の言動や行動を深読みし過ぎて考えすぎてしまいがちな傾向があります。

そういう性分なので、相手から冷たくされたりなど反応が悪くなると、自分が何かしたのではないのかと気になりだしたりくよくよして、すぐに些細なことで傷つきやすく繊細です。

そういったメンタルは普通の人には気づかれづらく、厄介な人と思われてしまう原因の1つといえます。

感受性が豊かだからこそ向いている職業も!

感受性豊かとは? 感受性が豊かな人の特徴15選とメリット・デメリット

感受性が豊かな人の中には傷つきやすくて精神的な疲れから生きにくさを感じている人もいることでしょう。

仕事をする上でも、感受性が豊かな人は色々な壁にぶつかります。ですが、そんな感受性豊かな人に向いている仕事がいくつかあります。

代表的な職業としては接客業や医療福祉関係や芸術関連のクリエイティブな仕事などが感受性が豊かな人には向いているでしょう。

感受性が豊かな人には相手への気持ちの共感などの長所が接客業や医療福祉関係に能力として発揮できますし、芸術関連の仕事は想像力豊かな長所が発揮されます。

感受性が豊かだからこそ向いている職業1:接客業

感受性豊かだからこそ向いている職業1つ目は接客業です。接客業の仕事では、いろいろなタイプのお客さんに対して即座に対応する能力が求められています。

感受性豊かな人が持っている相手の気持ちになって考えるという長所が接客業で活かせることでしょう。

感受性豊かな人が持つ長所が職場で求められいる能力でニーズを汲み取った対応ができるのであれば、職場にとって欠かせない人材になるはずです。

ただし接客業は厄介なお客さんに対してストレスが溜まることもあるので、上手に息抜きをする必要があります。

感受性が豊かだからこそ向いている職業2:医療福祉関係

感受性豊かだからこそ向いている職業2つ目は医療福祉関係の仕事です。医療や福祉には患者さんや利用者さんにはサポートが必要になります。

求めているサポートは人によってさまざまで、感受性豊かな人には相手の気持ちや必要としているサポートを理解し、それぞれの患者さんや利用者さんに合った対応が得意です。

ですので、きめ細やかな対応ができる感受性豊かな人は職場にとって欠かせない人材になることでしょう。

ですが、対人関係での悩みを抱えやすいところがあるので、あまり考えこまないように工夫が必要です。

感受性が豊かだからこそ向いている職業3:芸術関連の仕事

感受性が豊かだからこそ向いている職業3つ目は芸術関連の仕事です。感受性が豊かな人には普通の人とは違ったオリジナルの表現力を発揮する能力があります。

ほかにも一味違う想像力などクリエイティブな感覚が求められる芸術関連の仕事において、感受性が豊かな人が持ち合わせている繊細さや感情豊かなところが活かせることでしょう。

感受性豊かな人は、あまり大勢の中で過ごすのは得意でないので、少人数でじっくり協力し合って働ける会社や、マイペースにスケジュールを組めるフリーランスの働き方が向いているかもしれません。

感受性が豊かなことを短所ではなく長所として生かそう!

感受性が豊かなことは、ネガティブに捉えられることもあります。ですが、これはあくまでも個性の1つです。

感受性豊かな人には「人間関係を円滑にできる」「人を思いやることができる」といったプラス面も多くあります。

また、人の気持ちや出来事に対して敏感なところは、人から愛されるポイントでしょう。もし、今生きにくいと感じている人も諦める必要はありません。

感受性豊かな人の良さを理解してくれる人や場所は必ずあります。前向きに、でも無理をせずに、一歩一歩進んでいきましょう!

七尾なおの他の記事を読む


この記事どうだった?

8いいね!

0うーん…