意味のあるわがままボディと、意味のないわがままボディ

みなさん、自分の体型に自信がありますか?

等身が高い、バストが豊満、体脂肪率が低いなどなど、体型についての強みって1つでもあるとかなりの武器として恋愛に作用してくれます。

中でも最強と言っていいのが、わがままボディの持ち主でしょう。

わがままボディとは、よく男性向けのグラビアなどの見出しに使われることが多い言葉ですが、その意味するところは『出るところはしっかりと出ていて、引っ込んでいるところはちゃんと引っ込んでいる』いわゆる“ボンキュッボン”体型のことを指しています。

バストとヒップにはしっかりとボリュームがあり、一方でウエストはしっかりと引き締まっているような体を、わがままボディと呼んでいるわけですね。

ただ、わがままボディの持ち主だからといって、大勢の男性を虜にできるとも限らないのが難しいところ。それどころか、場合によってはわがままボディである意味が薄い女性というのも少なくありません。

今回は、わがままボディの持ち主として意味があるタイプと、そうでないタイプの特徴をそれぞれ紹介していきたいと思います。

意味のあるわがままボディの特徴とは?

いわゆるわがままボディの持ち主は、その体型で異性の目を釘付けにする機会が多いので、当然そうでない体型の人より出会いの頻度が多くなります。

さらに男性のうちのわりかしゲスいタイプには、体型の良い女性となら、お付き合いは無理でも一夜限りの関係で楽しみたいと欲を出す者もいます。

こういうこともひっくるめて考えると、たしかにわがままボディであることの意味は大きいということが言えるでしょう。

とにかくその場にいるだけでなんとなく男性が高揚してしまう。そんな力がわがままボディの持ち主には秘められているというわけですね。
意味のあるわがままボディと、意味のないわがままボディ
加えて、適正な体型管理をしている印象を与えることができるのも、これらの女性の旨みでもあります。体型維持についてのモチベーションが高いということは、男性にしてみれば「付き合っても体型が崩れてがっかりすることがなさそう!」と、周りに自慢できる存在として、是が非でも落としたいと思われたりするのです。

こんな風に、わがままボディにはかなりのメリットが存在すると言えるでしょう。

意味のないわがままボディの特徴とは?

が、ときとして、そのわがままボディは意味がないどころか、本来の魅力をなかなか発揮できない場合だってあるのです。

その一番の原因というのが、まずわがままボディの持ち主が自分の武器に対して無頓着であるということでしょう。

適正に管理すれば黄金比の体型を維持できるのに、その価値をあまり見出さずに、体型が崩れても気にしないというようなことがしばしばあるんですよね。

まあそれはそれで、ちょっと崩れた体型にそそられる男性たちには注目されることになるので、メリットもあるにはあるのですが。
意味のあるわがままボディと、意味のないわがままボディ
あと、せっかくのわがままボディを服装で目立たなくしてしまっているというケースも! こういうのは勿体ないと感じてしまいます。せっかくの武器ですから、存分に発揮して異性の目を奪ったらいいと思うのですが、どうにもその点について恥ずかしがる女性っているようですね。

が、そのせいで出会いに恵まれないというのは、やっぱり勿体なさすぎます。武器は使ってこそ。見せびらかしてこそです。武器がない人と同じ振る舞いをしては、モテるものもモテません……。

おわりに

わがままボディは、努力すれば誰しもが得られる、というものではありません。言ってみれば特権です。

男性がつい見惚れるほどの見事な体型は、限られたごくわずかな女性しか手に入れることができないもの。だからこそ、これを手にした者は存分にアピールして、ここぞという瞬間には男性を落とすための超兵器として利用すべきなのです。
意味のあるわがままボディと、意味のないわがままボディ
自分の体を武器として活用する女性について、世間ではしばしば「露骨過ぎる」だの「必死かよ」みたいな陰口を叩く方がいますが、そういう人たちは理想的な美しい体型を持たないためひがんでいるだけです。

ひがみの声を真に受けてしまうと、とっても勿体ないですよ~……?

松本 ミゾレの他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

0うーん…