「彼氏いるのに……」こそ浮気セックスを盛り上げる禁じられた枕詞!

言葉には、強い力が込められています。言葉の意味合いには、音として聞こえる以上に重要な意味合いがあるわけですが、例えば枕詞を重視すると、人間関係は色々と濃密なものになります。

誰かに感謝する時に「助かったよ」と言うのも悪くないのですが、その前に枕詞で「あなたのおかげで」を付け足すことで、感謝の気持ちの度合いは強くなり、それを聞いた人にもより響くものとなります。

発言の冒頭にたった一工夫するだけで、効果は増すわけですね。そしてこれはどんな状況にも当てはまるものです。

それが浮気相手とのセックスだとしても、です。

枕詞を効果的に活用すれば、セックスはますます盛り上がる!

セックスにおいてもこういった枕詞を重視して発話をすると、何かと良い影響を与えることになります。ただ「気持ちいい」と言うだけでもそこそこ男性は嬉しいものですが、「○○くんとのセックス、気持ちいい」と枕詞を装飾すれば、これを聞いた相手はますます興奮することでしょう。

このようにして枕詞を工夫すれば、男性の感じるセックスの満足度をかなりアップさせることは可能になるわけですね。

特に男性は視覚からの情報でもって興奮するタイプが多く、案外聴覚から得る性的刺激にはウブです。だからこそ耳から与える刺激として、枕詞を取り入れた言葉を織り込むというのは、非常に効果的で女性を数倍にも魅力的な存在と認識させることにも繋がります。

そしてもちろん、どのようなセックスにおいても枕詞は重要になります。浮気をしている男女。ぶっちゃけ多いですよね。浮気をしたことのない男女なんてかなり少ないぐらいだと思います。

そういった関係にあるパートナーを更に興奮させる為にも、枕詞はかなりの威力を発揮します。ズバリ、「彼氏いるのに」。これを枕詞に使うだけで、男性を大いに興奮させつつ、背徳感に浸らせることができるのです。

「彼氏いるのに……」こそ浮気セックスを盛り上げる禁じられた枕詞!

「彼氏いるのに」は何故こんなに効果的なのか! 最強の枕詞を駆使せよ!

前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。そして非常に簡潔です。要は自分が彼氏がいる存在でありながらも浮気をしているという立場になったのなら、浮気相手とのセックスで「彼氏いるのに」を枕詞にして発言をするのがかなり効果的ですよ、というだけのことなんですよね。

例えば、浮気相手に攻められてる時に「彼氏いるのに浮気セックス気持ちいいよ」とか「彼氏いるのにこんなことしてる」みたいな、浮気相手の征服感と歪んだ自尊心。これを刺激するような発言になってしまうのが、枕詞で用いる「彼氏いるのに」なんですね。

実際に浮気をしているような男性は、常々「俺という人間がいるとも知らずに、本命の彼氏も可哀想だなぁ~」とほくそ笑んでいたりするものです。そういった感情を、セックスの際に最大限爆発させていると考えても間違いではないでしょう。だとすれば「彼氏いるのに」でその感情を更に補填してあげることこそ、浮気セックスを盛り上げる為の一番のスパイスとも言えるはずです。

どうせ浮気してセックスしている時点で彼氏のことなんて本当に大事には思ってはいないわけですから、このぐらい振り切ってゲスなセックスをした方が得ですよね。

「彼氏いるのに……」こそ浮気セックスを盛り上げる禁じられた枕詞!

終わりに

浮気セックスほど、男性の気持ちを高揚させるものもなかなかないようです。浮気って、やっぱりセフレを作るよりももっと背徳感のある行為で、本命に申し訳ないなんて言いつつ、トラブルが起きない限りはこれをやめようとしません。

「彼氏いるのに……」こそ浮気セックスを盛り上げる禁じられた枕詞!

ですので、男女それぞれに存分に悪い恋愛と悪いセックスを楽しむべきなのです。そしてその為の促進剤となる「彼氏いるのに」。これもまた、存分に活用するべきなのです。

やっぱり浮気ってアンモラルな行為ですから、程度の差なんてないんです。浮気は浮気。やった時点でみんな加害者です。浮気で遠慮がちなセックスをするほど、身勝手なことはありません。

松本 ミゾレの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

4うーん…