「軽い女」と「重い女」愛されるのはどっち? 初セックスのタイミングについて

あなたは恋愛において、自分が「軽い女」か「重い女」か考えたことがありますか?(※体重のことではありません)

10代の恋愛ならまだしも、ハタチ以上の大人であれば恋愛にセックスはつきもの。そのセックスのタイミングによって男は「軽い女」か「重い女」かをどことなく判断しています。

今回は、「軽い女」と「重い女」愛されるのはどちらなのか男の本音を交えながらお伝えしていきます。

「軽い女」は恋愛対象になりにくい?

個人差はありますが、男の多くは「軽い女」を恋愛対象としてあまり見てくれません。一夜限りとかセフレであれば話は別ですが、真剣に付き合いたいとか深く知りたいとかは思いません。

その理由として大きいのが、「軽い女=やりまん」というイメージです。誰とでも簡単に寝るんでしょ? となりますから、もし付き合っても「浮気されそう」と考えてしまいがちです。

それに不特定多数の男と関係があるということは、それだけ性病のリスクが高い! みたいなイメージもあるので、そもそも軽い女には近づかない男もいますね。
「軽い女」と「重い女」愛されるのはどっち? 初セックスのタイミングについて
付き合って即セックスはありがたいのが本音ですけど、「この女、簡単にやらせてくれたな。もしかして軽い女なのかな?」「付き合ったけど、すぐに浮気されるんじゃね?」みたいに変に勘ぐってしまいます。

「重い女」は恋愛対象にはなるけど……

反対に「重い女」は恋愛対象になりやすいです。ちなみに男が思う重い女の特徴は、

・簡単にセックスさせてくれない
・連絡の頻度が高い
・かまってちゃん
・束縛気味……などなど

しかし、実際に付き合ってみないことには重い女と判断することはできません。しかも攻略するときは結構ガードが固いのでなかなか口説き落とすことも難しい。それも相まって魅力的な女性に見えるので、男としては十分恋愛対象になるのです。

ただ、重い女は誠実さをアピールするため、セックスそのものが嫌い、もしくは「この人は信頼できる」「この人は私を裏切らない」など、安定した関係になるまでセックスをさせないことが多いです。
「軽い女」と「重い女」愛されるのはどっち? 初セックスのタイミングについて
男としては慎重な女性の姿勢に悪い印象を抱くことはないにしても、実際それが彼女だったら「う〜ん」となってしまうわけで。

あと肝心なのは、“付き合ってからの重さに耐えられるか”です。付き合ってみたはいいけど、セックスのガードは固いし、束縛も激しい……男は自由な恋愛を好む傾向がありますから、あまりにも重い女は男のほうが音を上げてしまうでしょうね。

理想は「軽い女」と「重い女」の中間くらい

男の正直な理想としては、「軽い女」と「重い女」の中間くらいが丁度いいですね。付き合った初日に簡単にセックスまで持ち込めるより、数日あけるとか、かるく説得して初めてセックスさせてくれるほうが達成感もあるし、「俺のことを受け入れてくれた」「俺のことが本気で好きなんだ」と脳内で歓喜しています。

「軽い女」と「重い女」の受け止め方は男によって違いますけど、初セックスのタイミングに関しては100%中間くらいのほうが男の愛を勝ち取りやすい気がします。

「軽い女」と「重い女」のどっちになればいいか分からない女性は、とりあえずその中間を意識しておけば間違いないと思いますよ。
「軽い女」と「重い女」愛されるのはどっち? 初セックスのタイミングについて

最後に

軽かろうが重かろうが、それは個人の考え方次第なので男がどうこう言う筋合いはないですが、とりあえず“この男に愛されたい”というときは、誠実で真面目な重い女を演じつつ、軽い女の柔軟さも加えておくとよいでしょう。

上手く関係が築けてきたら、あとは自分に正直になればいいだけ。重い女に転ぼうが軽い女に転じようがそれは自由です。

Clevaの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…