「会社を辞めたい、でも……」迷ったときはここをチェック!!

――会社を辞めたい。
あなたも一度はそんな風に思ったことがあるのでは?

とはいえ、経済面や世間体、今後の不安を考えると、会社を辞めるというのはそう簡単なものではありませんよね。

そこで今回は、「会社を辞めたい」と感じたときに、本当に辞めるべきかどうかを見極めるためのチェックポイントをまとめてみました。

会社を辞めるか辞めないか、迷ったときのひとつの参考にしてみてくださいね。

チェック① いま感じているストレスの原因は本当に会社なのか

「会社を辞めたい」と思ったとき、まずはじめに考えておきたいのが「いま感じているストレスの原因は本当に会社なのか」という点です。

というのも、なにか大きな悩みを抱えていたり、現状に不満を感じている人というのは、その解決策として“環境を変える”ことを無意識に選びがちなものだから。

もしかすると、あなたが感じている「会社を辞めたい」という気持ちの正体も、実は会社や仕事とはまるで関係のないところにあるのかもしれません。

その場合、仮に会社を辞めたとしても、あなたの悩みや不満、ストレスが解消されることはありません。それどころか、仕事を失い不安定な社会的立場におかれることで、より過酷な現実に向き合わなければならなくなってしまう可能性が高いのです。

そんな取り返しのつかない事態に陥ってしまう前に、「いま感じているストレスの原因は本当に会社なのか」についてしっかりと考えてみる必要があります。
「会社を辞めたい、でも……」迷ったときはここをチェック!!

チェック② 会社を辞めることでポジティブな変化が得られるか

「会社を辞めたい」と思ったとき、「会社を辞めることでポジティブな変化が得られるか」というのも大切なチェックポイントのひとつです。

このチェックポイントの狙いは、あなたが抱いている「会社を辞めたい」という思いが、一時の現実逃避ではなく、あなたの未来をより良いものにするための前向きな決断であるかどうかを見極めること。

――いまの会社で経験できることはすべて経験した。

――本当にやりたいことが見つかった。

――ひどいモラハラや劣悪な人間関係によって、今の会社に留まることがむしろ自分自身のためにならない。

そんな状況にあるのであれば、「会社を辞めたい」という思いを行動に移すことにためらう必要はありません。
「会社を辞めたい、でも……」迷ったときはここをチェック!!

チェック③ 会社を辞めることで生じるデメリットに対処できるか

「会社を辞めたい」と思いつきで退職したはいいものの、十分な預金がなかったためにたちまち生活に困窮してしまった――そんな人は少なくありません。

たとえ大きな夢や野望をもっての退職だったとしても、その後にそれを叶えられるような業界で確実に仕事を得られるとは限りません。

生活に追われ、やむにやまれず手近なところでアルバイトをはじめた結果、ズルズルとフリーターになってしまうなんてことも無きにしも非ずです。

・新たな就職先を確保してから正式に退職する。

・しばらく仕事を得られなくても余裕をもって生活できるだけの蓄えを用意しておく。

こうした最低限の環境を整えることができているかどうかというのも、「会社を辞めたい」と思ったときに確かめておくべき大切なポイントといえるでしょう。
「会社を辞めたい、でも……」迷ったときはここをチェック!!

おわりに

いかがでしたか?

「会社を辞めたい」という強い思いを引き起こす原因は、人によってさまざまです。その原因を見誤ってやみくもに行動してしまうと、のちのち大きな後悔に苦しむことになりかねません。

実際に行動を起こす前に、いまのあなたがおかれた環境と、「会社を辞めたい」という気持ちの根っこにあるものをしっかりと見極めることが重要です。

ぜひ今回の記事を参考に、より充実した輝かしい未来を選び取ってくださいね。

安藤うめの他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

0うーん…