「友達として好き」その言葉にこめられた気持ちと、その後の行動

「友達として好き」これはね、正直つらいです。なぜなら私がつい先日言われたからです。

①友達として付き合うぶんには楽しい、それ以上はない
②できるだけ相手を傷つけない振りかたを選んだ
③友達だと思っていた

このどれかなんです、きっと。今回は私の経験と計画をもとにお話したいと思います。

「友達として好き」って、どういうことなの?

これは冒頭にあるように、3パターンあります。可能性としては、①と②が高めです。私も断わるときに、そういう言い方をした経験があるので。

ただ、私を含め、好きな人にそう言われた女子にはまだ諦めないで欲しい。恋愛対象外宣言のようで、ちょっと心が苦しいですが、まだ結果はわかりません。

③のパターンから始まる恋もたくさんあります。それに、もっとはっきりと断るセリフなんていくらでもあるし、最初はみんな友達から始まるものです。

ということで、最初は友達が前提だと思い、次にすべきことや、今後どういう付き合いをしていけばいいのかを考えてみましょう。「友達として好き」その言葉にこめられた気持ちと、その後の行動

友達から彼女になる方法は? その1

◆「友達として好き」が、普段の会話中に出てきた場合

友達として好きなことを、あえて言う必要ってなんだろうって考えてみましょう。

ひとつは、こちら側の好意が見え見えで、告白される前にやんわりと断っておきたい場合です。この場合は、好き好きアピールを一切しないようにしてください。

すると、立場がころっと変わることがあります。好き好きアピールをされているうちは、余裕があるので強気でいられるんです。

そこでギャップを見せることで、俺の勘違いだったのかも……と思わせることができます。勝負はそこからです!

もうひとつは、相手の素直な気持ちの場合です。この場合、好意があることは間違いありません。ただ、まだ異性としてみられていないんですよね。そうなると、異性として意識させる以外、方法はありません。

心強い友達として接してきたのなら「弱音を吐く」、趣味の話ばかりしていたのなら「恋愛の価値観や普段の生活について話す」、楽しくふざける関係ならば「本気で悩んでいることを相談する」。これがいいと思います。

意識しすぎると、ギャップのほうが強すぎて、癖の強い女子だと思われてしまいます。さりげなく、バランスをとりながら接してください。「友達として好き」その言葉にこめられた気持ちと、その後の行動

友達から彼女になる方法は? その2

◆告白して「友達として好き」と言われた場合

これはダメージが大きいですね。相手が優しい人なら余計に。けれど「気持ちに応えられないから、もう連絡をとりたくない」ということではないんです。友達としてなら、普通に接していいということです。

友達として普通に接する、それがとても辛いのですが、まだ諦めたくないなら頑張るしかありません。友達から一歩ずつ抜け出していく方法を考えましょう。「友達として好き」その言葉にこめられた気持ちと、その後の行動

気をつけたいこと、効果的なことは?

どんな恋愛にも言えることですが、一度ネガティブになったらどんどん悪い方向へ進んでしまいます。

「友達として好き」と言われたからって、落ち込んだり、友達としての言動を意識するのはやめましょう。

そして大事なポイントは「友達として好き」と言われて、ショックを受けたことを悟られないこと。言われた直後にショックを見せてしまうと、今後接しづらいなぁ……と思われてしまいます。そうなるとどんどん遠い存在になってしまいます。

そして忘れてはいけないのは、しっかり「異性として好き」という気持ちを伝えることです。焦らず、時間をかけて少しずつ関係を作っていけば「異性として好き」と思ってくれることもあるはずです。後悔だけはしないように、頑張りましょうね!

千晶の他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…