シンプルに生きると見えてくること~人生は、できるだけラクに~

私ってなんでこうなんだろう……そんな風に落ち込むことはありませんか?
相手の気持ちや、物事の結末なんて、いくら考えたところで結果は変えられません。楽観的な人を羨ましく思ったり、この人には分からないとイライラすることがあるのなら、ぜひ「シンプルに生きること」について考えてみてください。

考え込んでしまう癖

あれこれと考えてしまう人こそ、本当はシンプルに生きたいと思っているはずです。
なるようにしかならないことは分かっているけれど、一度考えだすと止まらなくなり、本来の目的や周りからのアドバイスがどんどん遠くなってしまうんです。
シンプルに生きるということは、きちんと受け止めることでもあります。他に原因を探ったり、どうしてそういう態度だったのかを深く考えすぎたりすると、人間不信になり本質とはズレた答えに縛られてしまいます。

シンプルに生きたいと思う人は、きっとそんな自分の癖を分かっているはず。

シンプルに生きると見えてくること~人生は、できるだけラクに~

まずは身の回りや生活環境からシンプルに

①思い切って断捨離を
物が多い環境だと、頭の中にもたくさんの思いや悩みが湧いてきます。部屋や机の上を見てみると、何となく捨てなかった袋や、二度と使わない古い化粧品、空の容器がありませんか?
何となく捨てないって、別にたいしたことじゃないと思いますよね。けれど、物への執着が結果として表れていることが多いんです。一度断捨離や大掃除をしてみると、心がとてもスッとします。これもシンプルに生きる為に必要なことです。

②アドレス帳を見直す
もう二度と会わない人、誰だか思い出せない人が連絡帳やLINE(ライン)に登録されていませんか? これを一度整理してみましょう。
思い出せないからといって全員消してしまう必要はありません。仕事で関わる人なのに思い出せない……ということもよくあります。
例えば、「たかし」や「ゆーた」など、これはプライベートで連絡先を交換しただけの人だ! という名前の人から削除しましょう。

③フットワークは軽く
あれこれと考える癖があると、何をするにも「それは楽しいのか」「傷つくことはないか」「ただ疲れて終わるのではないか」と疑念を持ってしまうことがあります。
断捨離の時に外出しやすいスニーカーや、持っていて疲れないバッグ、メモ帳、筆記用具などを分かりやすい位置に置いておくようにしましょう。
それだけでも出かけてみようかな、楽しいかもしれない、と思う気持ちが湧くでしょう。

シンプルに生きると見えてくること~人生は、できるだけラクに~

シンプルに生きてみましょう

何事も受け入れる姿勢であることが大切です。これはとっても難しいのですが、自分にとっての基準を定めると、意外と「まあそれぐらいならいいか」と思えるようになります。
例えば、「これ以上のことをされると私は不愉快になる」「こういうことをされると信頼できない」など、ある程度の決まりを作り、それ以外は上手く流すようにしましょう。たいしたことでもないのに、イライラや不信感が出てきたとしたら、それはあなたの心がまだ未熟だからです。

相手がこう言っている、だからこうなんだろう、じゃあそれでいいや。

この考えができるようになれば、自分に正直に生きることもできます。相手を抑え込もうとする人は、自分の心にも素直になれないことが多いので、起きたことをそのままに、あまり考察せずにいられると良いですね。

シンプルに生きると見えてくること~人生は、できるだけラクに~

まとめ

シンプルに生きるのは難しいです。けれど、できるだけそう生きてみようと思えば、肩の荷がおり、不毛なことで悩む時間は減るはず。少しずつでも良いですし、あっさり受け流せる人の真似から始めるのもオススメです。

世の中って「なんだ、そんなことだったのか」と思えることや「深く考えない方が素直でいられた」と思うことがたくさんあります。心も環境も、できるだけシンプルでいられるようにしましょう!

千晶の他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…