後悔しない生き方をしたい! 心がけるべき4ヶ条とは?

せっかく生まれてきたのですから、誰もが後悔しない生き方をしたいと思っているものです。

一度しかない人生、年を取って人生の幕を下ろす際に「あれをやっておけばよかった、あんなことをするんじゃなかった」なんて後悔しながらなんて……絶対に嫌ですよね。

この記事では若い今のうちから心がけておきたい、後悔しない生き方のための4ヶ条をご紹介していきます。

どれも今すぐにできることですので、ぜひ参考にしてください。

1.やるといったことはすぐにやる

「あれをやりたい、これもやりたい」と考えたり、口に出したりするまではいいのですが、一向に行動に移さない人っています。

後悔しない生き方のためには、有言実行が不可欠です。「今すぐやらなくても明日できるから」なんて言い訳をするのは、もうやめましょう。

人間の人生は儚いものなのです。明日やろうと言っていた人に、必ずしも明日という日が訪れる保証なんてどこにもありません。縁起でもない言い方にはなりますが……。

どうしても叶えたい夢がある、気持ちを伝えたい人がいる。それならば、是非とも今日から行動に移してみましょう。

心の中で「あれをやりたいなぁ」なんて考えながらダラダラしているのは、建設的な生き方ではありません。

後悔しない生き方をしたい! 心がけるべき4か条とは?

2.親孝行をする

あなたは、親と仲はいいほうでしょうか? たまにいい年齢をしてまだ反抗期かのように年老いた親をこき下ろす人もいますが、基本的に親は大切にするべき存在です。

親はあなたを生み育ててくれた感謝するべき人であり、人生の先輩でもあり、一番の理解者です。

いくらあなたが勝手気ままな生活をしたり、だらしない行動をしようとも、親というものはあなたを見捨てたり嫌ったりするということはありません。

これが友人や恋人だったとしたら、絶対に離れていくだろうという場面でもです。

親は、あなたよりも数十歳年上でもあります。通常ならば、あなたよりも先に亡くなるのです。

若いうちから親孝行を心がけておくということは、後悔しない生き方のためには必須といえるでしょう。

後悔しない生き方をしたい! 心がけるべき4か条とは?

3.他人にも優しくする

あなたは周りの友人や知人たちに、ちゃんと優しく接しているでしょうか。後悔しない生き方のためには、人間関係が円滑なことも重要なポイントになります。

周りの人に意地悪したり、冷たい態度を取ったりし続けていれば、愛される人間にはなれません。

人生の幕を下ろしたときに、友人にも誰にも駆けつけてもらえないなんて、そんな寂しいことがあるでしょうか?

たくさんの方々にお別れを惜しまれるような、そんな愛される女性でありたいですよね。それには常日頃から、周りの他人にも優しくしておくことが大事です。

他人に愛を与えると、必ず愛で返ってきます。後悔しない生き方のために、今すぐできることから始めましょう。

後悔しない生き方をしたい! 心がけるべき4か条とは?

4.新しい生き方を恐れない

「もう年だから、夢なんて言ってる場合じゃない……」
「もう年だから、恋愛なんて無理無理……」
「もう年だから、転職なんて思い切ったことはできない……」

そんなことをグチグチぼやいたり、年齢を言い訳に本当はやりたいことを諦めたりはしていないでしょうか。

あなたの残りの人生の中で、一番若いのが今日という日です。やりたいことを始めるには、今日という日が最適だということです。

今の会社がどうしても嫌ならば、一日でも若いうちに転職活動をしましょう。好きだと思う人には、年齢は関係ありません、積極的にアタックしてみましょう。

それが、後悔しない生き方の第一歩につながってくるのです。人生の幕を下ろすときに「やっぱり、やっておけばよかった」と後悔するなんて、切なすぎますものね。

百花繚乱の他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…