恋愛がうまくいかない女子にありがちなNG行動3選

順調なときは天にも昇る気持ち、うまくいかないときはまるで地獄。それが恋愛というもの。生活にまで影響を及ぼしたりとその威力は計り知れない。さてさて、今回はそんな恋愛がうまくいかない場合にありがちな行動を集めてみました。「恋愛がうまくいかない」って方はセルフチェック!

自己肯定感が低く、自信がない

自分に自信がなければ恋愛はうまくいきません。なぜなら、自分を信じるとは自分を信頼するということ。そして自分を信頼できないのであれば、他者であるパートナーの愛も信じることはできません。自分への信頼がなければ「彼は愛してくれているみたいだけど、自分の思い違いじゃないのか?」なんて思ってしまうからですね。

で、その自信を作るのが「自己肯定感」という存在。「自分はいまの自分でいい」とか「自分は存在する価値がある」などなど、自分を肯定的に捉える感覚です。

「自己肯定感」が低いと自分に自信が持てなくなり、相手の愛に対しても疑りの眼を向けてしまうのです。
恋愛がうまくいかない女子にありがちなNG行動3選

依存体質で、かまってちゃん

依存というのは、お酒やたばこ、ギャンブルやイケない薬に限ったお話ではなく、人間に対しても起こりうるものです。対等な関係のカップルのように見えて、実は女性が男性に依存しているだけということも。

本来は対等なお付き合いをするのがカップルというものですが、依存ともなると片方が片方に寄りかかっていたり、もしくはお互いに依存しあっている共依存という場合もあります。

ちなみに共依存ってのはアレです、DVもその一種だったりします。暴力を振るわれる→謝られて「お前がいないとダメ」なんて言われる→「この人は自分がいないとダメ」&「一時的に我慢すればいい」なんて思考になる。悪い意味でお互いがお互いを必要としているのです。
恋愛がうまくいかない女子にありがちなNG行動3選
で、依存に話を戻しまして、相手に依存している状態だと、自分の評価が全て相手の態度に左右されてしまいます。「彼がいないともうダメ」って状態ですから、ちょっと彼に冷たくされたり、思い通りの態度をとってくれなかった日には「恋愛上手くいってないなぁ」なんて思ってしまうのです。

言いたいことを言わず、相手に察してもらおうとばかりする

「相手の気持ちを察する」のと「空気を読む」のはまたちょっと違うのでしょうが、そういう独特の文化のある日本においては、「私の気持ちを察してよ」という考えが強いのかもしれません。

カップルというのは好き同士だからこそ一緒にいるわけですが、だからと言って価値観や考え方、金銭感覚などその他がまったく一緒、というわけではありません。あくまでそれらが「似ている」のであって、「同じ」ではないのです。

ならばすれ違いや衝突が起こることは避けられず、それを回避したり、妥協したりするには話し合いが必要。そう、言うべきことは言わなければ伝わりません。
恋愛がうまくいかない女子にありがちなNG行動3選
ですが、もしそんな大切なことを「察してもらいたい」と思っている場合、それでは「恋愛がうまくいかない」と感じてしまうでしょう。なぜなら相手に察してもらえず、なんの行動してもらえなかった場合、「なんて察してくれないの」となるわけですから。

〈まとめ〉恋愛がうまくいかないときは一度距離を置くのも吉

何事もそうですが、距離が近すぎると周りが見えなくなってしまいます。どんな綺麗な夜景でも、その夜景を作り出しているたくさんの街灯のうちの一つをただ見てみても「別に綺麗じゃない」となりますから。

離れてみて初めて見える景色もあるのです。だからこそ、恋愛がうまくいかないときは一度距離を置いてみるものいいでしょう。

センチネルの他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…