頭の悪い人は遺伝ではない。頭の回転をよくする10の習慣を徹底紹介

「頭の悪い人」とはどんな行動をとるのでしょうか。ミスが多いなどあまり良い印象を受けません。

もしかしたら自分も頭の悪い人と思われているかも……などと気がかりな人もいるでしょう。ですが頭の悪さは改善可能なものです。今回は頭の悪い人について特徴や改善方法を紹介します。

頭の悪い人の特徴5選

頭の悪い人は遺伝ではない。頭の回転をよくする10の習慣を徹底紹介

「頭が良い」「頭が悪い」というのは、人によって判断基準が違うので、明確に定義づけることはできません。

でもなかには「頭の悪い人」に対してどうしてもイライラしてしまう、という人も少なくないでしょう。

また、自覚はないけれど自分自身が「頭の悪い人」の要素を持っていないか密かに気になっている人もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、一般的に「頭の悪い人」と言われている人の特徴を取り上げます。

また、「頭の悪い人」になってしまう原因や、「頭の悪い人」からの改善方法についても併せて紹介しましょう。

1:同じ方法をずっと試す

「結果とはトライ&エラーの繰り返し」「人生とは試行錯誤の繰り返し」などの言葉を聞いたことのある人もいるでしょう。

勉強や仕事など形は違いますが、クリアしなければならない課題や目指したい目標などが人生では多々遭遇することがあります。

課題や目標を達成するのが「手段」と呼ばれるものです。色々な手段を試すことなく、ずっと同じ方法を繰り返す、これは頭が良いとは言えないでしょう。

「頭の良い人」というのは手段でつまづいた時に違う手段を考え用い、課題や目標の達成を果たそうとし、達成に導くまでの手段を考え試します。

客観的に物事を見れない

「頭の悪い人」というのは、物事に対して熱中したりムキになってついつい客観的視点を失ってしまい、一点集中の猪突猛進な考えになりがちです。

そうなってしまうとミスも多くなるもので、これでは「頭が良い」とは言えません。仕事であれなんであれ、物事に対して客観的視点を持つということはとっても大切なことです。

集中することは決して悪いことではありませんが、「頭の良い人」というのは物事に取りかかる時前に、一呼吸置いて客観的に物事に対処しています。

冷静さを用いることで課題や目標に対して正しく対応することになります。

同じミスを繰り返す

人間は完璧な生き物ではありません。ミスをするのは仕方ありませんし避けられない場合もあるでしょう。

ただ、ミスが起きたときに問題なのは「同じミスを繰り返す」ということです。これは頭が悪く愚かであると言わざるを得ないでしょう。

ですので同じミスを繰り返す状況は避けなくてはいけません。頭の良い人と呼ばれる人は同じミスを繰り返す状況を回避するために状況を判断します。

そして、何故ミスが起きたかを分析し、問題点を把握し、同じミスを繰り返さないように努力しているのです。

4:思い込みが激しい

頭の悪い人は遺伝ではない。頭の回転をよくする10の習慣を徹底紹介

仕事などをしているとプレゼンなどの大舞台に立たなければいけない時があります。そんなとき自信を持つために「自分はできると思い込む」のはOKなことでしょう。

ですが、普段から「この仕事はこうすれば完璧! これが正しい。間違ってない」と思い込むのは危険なことです。

慢心を常に持つことは間違いで、どこかで足をすくわれることにつながります。そういった思考は頭が悪い人と周りから判断されてしまうことでしょう。

ですので、頭の良いと分類される人は思い込みを回避し、物事に対して冷静な判断をしようと心がけています。

5:わかりやすさよりも形式・格式を意識する

わかりやすさよりも形式・格式を意識するということはどんなことでしょうか。簡単に言ってしまえば融通が利かないということです。

例えば、その仕事にプラスになるアイディアであっても、「でも通例では」とか「でも今までは」など形式・格式を気にして良いアイディアを採用せず、従来の方法を取ろうとすることを指します。

形式や格式を重んじることは決して悪いことではありません。ですが場合によってはわかりやすさを優先する必要があり、そこに頭の良し悪しが出てくるといえるでしょう。

頭の悪い人にならないための10の習慣

頭が悪いような行動や判断をしていると周りからの印象も悪くなりますが、自分自身の仕事や私生活にも影響を及ぼしてしまいます。

では、頭の悪い人にならないためにはどんなことを心がけたら良いでしょうか。

ここでは、頭の悪い人にならないための習慣を10個紹介しましょう。

自分でどこか頭の悪さや要領の悪さを感じている人がいるのであれば、ここで紹介した習慣を行動に取り入れると仕事やプライベートなど物事がスムーズに進むようになっていきます。

1:メモを取る

頭の悪い人は遺伝ではない。頭の回転をよくする10の習慣を徹底紹介

1個目に頭の悪い人にならないための習慣に上げるとしたら、やっぱり有効なのがメモを取るという方法でしょう。

ミスが起こるのは「うっかり」と「忘れる」という原因が大きくあります。しかし、人間は忘れる生き物です。

ある意味良いことも悪いことも忘れるから生きていけるのです。ですが仕事やプライベートでの大切なことは忘れては困ります。

頭の中にある記憶だけに頼っていると、新しい出来事で忘れてはいけない記憶でさえも上書きされ、それが忘れるという行動に繋がります。

そういった時にメモを取ることが有効になるでしょう。

2:人の話を聞いてから行動する

2個目に頭の悪い人にならないための習慣として上げるとしたら、人の話を聞いてから行動することでしょう。

未知の世界や自分が知らないことに対してフライング行動はNGです。まずはフライング行動したい気持ちを堪えて相手の話を最後まで聞いてから行動しましょう。

ときどき相手の話を遮って喋ってくる人がいますが、そういった行動はいけません。

人の話を聞かずに行動することがミスにつながり、それが頭の悪い人の習慣になっています。ですので、人の話を聞くのは大事なことです。ぜひ人の話は最後まで聞きましょう。

3:一歩引いた位置から全体を見る

3個目に頭の悪い人にならないための習慣として上げるとしたら、一歩引いた位置から全体を見ることでしょう。

集中することはとても大切で良いことですが、それは言い換えれば「周りが見えていない状態」ともいえます。

ですから集中してなにかを始める前に、まずは一歩引いた位置から全体を俯瞰しましょう。始める前に思わぬ落とし穴が見つかることだってあります。

落とし穴に気付けばミスを事前に防ぐことになりますし、あらかじめ全体を把握すると無駄のない良い仕事につながるでしょう。

4:頭のいい人の習慣を真似る

頭の悪い人は遺伝ではない。頭の回転をよくする10の習慣を徹底紹介

4個目に頭の悪い人にならないための習慣として上げるとしたら、頭のいい人の習慣を真似ることでしょう。

周りを観察していると、頭のいい行動をしている人を見つけることができます。頭のいい人の習慣は良いお手本であり、自分にとっての良い教科書となります。

たとえ理解できないようなことでも、まずは自分も同じように行動し体験してみましょう。

実践することにより、どうすることが頭のいい人の考えや行動なのかや自分との発想の違いに気づくことができます。

頭のいい人を真似ていい習慣をたくさん吸収して自分のものにしましょう。

5:読書感想文を書く

5個目に頭の悪い人にならないための習慣として上げるとしたら、読書感想文を書くと良いでしょう。

読書感想文を書くには、自分の頭の中に物語の内容を吸収し、想像力を働かせて理解し、自分の解釈を文章にするというステップが必要になります。

実は頭が良いとされている人は仕事などに取り組むときに、行動に取りかかる前にまずは物事の内容を吸収し想像力を働かせて、それから行動に移しています。

つまり、読書感想文を書くということは頭のいい人が常にしている行動を自分に身に付かせる訓練になるということです。

6:論理トレーニングをする

頭の悪い人は遺伝ではない。頭の回転をよくする10の習慣を徹底紹介

6個目に頭の悪い人にならないための習慣として上げるとしたら、論理トレーニングをすると良いでしょう。

まずは論理的思考について説明します。論理的思考とは物事の因果関係を理解し筋道を立てわかりやすくしようとする考え方です。

頭がいい人というのは論理的思考で物事を把握し、そうすることにより無駄やミスが無くなり結果良い成果を導き出すことが可能になります。

ですので、自分も頭のいい人になりたいと思うのであれば論理的思考を心がけ論理トレーニングするようにしましょう。

7:わからないことは試しながら理解する

7個目に頭の悪い人にならないための習慣として上げるとしたら、わからないことは試しながら理解することでしょう。

物事にはいくら考えてもわからないこともあります。そういった時に他の人に答えを聞いて即実行するのは頭の悪い人の行動です。

こういった場合、大事なのは人に対処法などを聞いたとしても、まずは人の意見を自分の中で分析し実行して試しながら物事を理解する必要があります。

わからないことをやろうとすればミスも起きることもあるでしょう。ですが経験値を積むことにより知識が増え、それが頭の良さに繋がります。

8:本を精読する

8個目に頭の悪い人にならないための習慣として上げるとしたら、本を精読することでしょう。

何かを知った時に、ただ結果だけを受け入れ何も考えないというのは頭の悪い人の発想です。

本を精読することにより、筆者が作品の本質として何を伝えたいかや筆者の伝えたい理由などを理解する力が鍛えられます。

この力を鍛えるということは、他の人とコミュニケーションを取った時などに相手が伝えたいことや行動の意味を理解する力が身につくことになり、結果として物事への想像力が高まり課題への解決力が増すことにつながるでしょう。

9:反省日記を付ける

9個目に頭の悪い人にならないための習慣として上げるとしたら、反省日記を付けることでしょう。人は常に忘れていく生き物です。

ですが自分の起こしたミスを忘れて再び同じミスを繰り返すのはいけません。そうならないためにも反省日記を付けて自分の行動を振り返る癖をつけましょう。

あらためてミスを文字にすることにより、客観的に問題点に気付くことができるので、同じミスを回避できます。

他にも、反省日記は記録としても残るので、しばらく経ってから見返すと自分がどんなミスをしたか、どんなミスをする傾向があるか分析も可能です。

10:先にシミュレーションをする

頭の悪い人は遺伝ではない。頭の回転をよくする10の習慣を徹底紹介

10個目に頭の悪い人にならないための習慣として上げるとしたら、先にシミュレーションをすることでしょう。

頭の悪い人は考えもなしに動いてミスを起こしてしまいがちです。しかし頭がいい人は、物事に取り組む前に論理的思考を働かせシミュレーションをしてから行動に移しています。

ですので頭の悪い人にならないためには先にシミュレーションをするようにしましょう。

そうすることにより物事への論理的思考が鍛えられ、スマートな行動を取れるようになり、ミスの回避にもつながります。

頭の悪い人が損すること4選

同じ課題を取り組むときに頭のいい人は論理的思考でスマートにクリアするのに対して頭の悪い人は要領を得ない行動でミスを繰り返し時間がかかって課題をクリアするようになってしまいます。

そういう頭のいい人と頭の悪い人が職場にいた場合、仕事を任せてもらえるのは生産性の高い頭のいい人の方が選ばれるのは必然でしょう。

そういった点などからも頭がいい人よりも頭の悪い人の方が損をしがちです。他にも頭の悪い人が損をすることはあります。

ここでは頭の悪い人がどんなことで損をするかを4つ紹介しましょう。

1:人をいらつかせる

さて、頭の悪い人が周囲にどんな影響を与えるのでしょう。と言っても、答えは簡単です。なんだか皆がイライラしてきます。

頭の悪い人=仕事が遅いと言い切ることはできませんが、その可能性は高く、プロジェクトなどの仕事完了までのペースは頭の悪い人のペースに左右されるといっても過言ではありません。

皆は自分のペースがありながら、それでもチームや集団である以上ある程度周りに合わせているのに、それが頭の悪い人によって崩されたらイライラするのは当然のことでしょう。

それにより頭の悪い人の印象が悪くなるもの仕方ありません。

2:仕事を任せてもらえない

職場で仕事を任せたいときにどんな人が選ばれるのでしょうか。

頭の悪い人に仕事を任せると要領を得ない行動や判断をするので完了するまでに時間がかかってしまいます。

ですが頭のいい人に仕事を任せると、論理的思考でスマートに仕事を短時間で完了することができるので、そういう点で比較すると頭のいい人に仕事が任せられてしまうのは当然の結果でしょう。

また頭の悪い人は仕事を任せられないという意味でも、人間的という点でも、上司や同僚からの評価が低くなってしまいます。

3:異性にモテない

頭の悪い人は遺伝ではない。頭の回転をよくする10の習慣を徹底紹介

頭の悪い人は深く考えずに行動したり、空気を読まずに自分の感情を優先して我を通したり、相手の立場に立って考えるという想像力が乏しいという特徴があります。

そういった特徴から頭の悪い人は付き合うのが面倒な人と思われることが多く、自分勝手な行動を取る人は周りから敬遠されるので異性にモテません。もちろん異性だけでなく同性からも嫌われてしまいます。

周りをいらつかせる頭の悪い人は異性から恋愛対象としてはもちろん、友人としても選ばれる確率が下がってしまうでしょう。

4:失敗の回数が多くなる

頭がいいと思われている人は、一度失敗した時に失敗の原因を追究し、別の方法を検討するなど失敗を回避しようと心がけます。

そうすると失敗の回数を減らすことができるので、スムーズに課題を完了することが可能です。ですが頭の悪い人というのは自分の考えが1番と考えて人の話や考えを受け入れません。

そうなると仕事などの課題で失敗の回数が多くなってしまいます。

また、頭の悪い人は固定概念が強く想像力が乏しいので、新しい発想が思いつきにくい傾向があるので、そういった点も失敗の回数を増やす原因となってしまうでしょう。

頭の悪い人から卒業しよう

もし頭が悪いと思われていても、頭の悪さは改善可能ですし解決策も沢山あります。本人の努力次第で周りから頭の悪い人から頭のいい人という評価に変わることも可能でしょう。

そして「一つのことしかできないし、頭悪いな」と思っていた相手が、何かに関しては誰にも負けない才能を持っているということだってあります。

もちろん評価を覆すためには、まずはどの部分が頭が悪い人と思われているか分析し、どんな方法を取ることが頭のいい人になれるか考えて行動する必要があるでしょう。

ですが頑張る価値はあるので、根気よく頑張りましょう!

センチネルの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…