頭の悪い人から頭のいい人になる方法15選|頭のいい人の習慣を取り入れる

自分は頭が悪いかどうか確認したい方、どうしたら頭が良くなるのだろうかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。この記事では、頭の悪い人の特徴や頭のいい人になる方法を紹介します。頭が悪いかどうかの確認や頭が良くなりたい方はぜひ読んでみてください。

頭が悪いことはよくないこと?

仕事のイライラを解消する4つの方法

頭の悪い人というのは、世の中に沢山居るので気に留めない人も多いでしょう。しかし、頭が良い人に比べて損をしていることが多く、人生の苦難を器用に乗り越えられない場合もあるでしょう。

人とのコミュニケーションの仕方1つにしても、頭が悪いだけで人間関係が悪化し兼ねなません。頭が悪いからよくないことはありませんが、頭が良い方が得なことがあるでしょう。頭の悪い人から頭のいい人になる方法を紹介いたしますので、興味のある方は参考にしてください。

頭の悪い人の特徴9選

頭のいい人に特徴があるように、頭の悪い人にも様々な特徴があります。まずは頭が悪い点を把握し、それを踏まえた上で頭を良くするにはどうすれば良いかを考えてみましょう。

頭の良い人に1歩近づくためには、悪い部分を見て見ぬ振りをせず受け止めることが大切です。

1:同じミスをする

頭の悪い人の中には同じミスを繰り返す方がいます。なぜ繰り返すかというと、覚えることが苦手だったり覚える気が無かったり人によって様々な問題があります。

覚える気がない人には、本人のやる気次第なので言い方を変えたとしてもすぐに改善は難しいでしょう。

覚えることが苦手な人は様々な対処法を試す必要があります。メモに書いて家で振り返る方法もありますし、仕事によっても様々な覚え方もあるでしょう。

2:自分が間違っていると認めない

頭の悪い人の中には、自分が間違っていると認めない人もいます。そのような人が偉そうにしているとイライラするでしょう。

頭の悪い人は視野が狭いこともあり、自分が間違っていると考えられないという人もいます。

3:想定外な事態が起きた時に対応できない

頭の悪い人の多くは、想定外の事態が起きた時に対応できません。突然仕事を振られて困ってしまう人もいるでしょう。

想定外な事態が起きた時に対応できない頭の悪い人が夫だった場合、奥さんの調子が悪くて倒れた際も困ってしまうでしょう。そのような場合、奥さんはいざという時に自分で病院に行けるよう事前準備をおすすめします。

4:勉強をしない

世の中には、勉強せずともイラストなどの絵や歌が上手い人もいますが、皆が皆そうとは限りません。中には、ただ頭が悪い人もいるのでせめて知識を増やさなければ人との関わりが難しくなります。

勉強をしないので、お金など生活に必要なものに対する勉強を出来ない方もいるでしょう。そうなると夫婦の場合家計が不安定になる可能性もあるので、出来る方がフォローし、勉強する必要があるでしょう。

5:自己中心的な考え方である

頭の悪い人の中には、自己中心的な考え方をする方も多くいます。なぜ自己中心的な考え方になるかと言うと、視野が狭く周りの人の気持ちが見えていないからです。

言い方や教え方を変えても自己中心的なので、自分の意見を通そうとするでしょう。頭が良い人になりたい場合は、周りの気持ちをもう少し想像しようと意識する必要があります。

6:向上心がない

頭の悪い人は仕事での成長や、現状を良くしようとする気持ちが少ないことがあります。なぜかというと、現状に満足しているからです。また、視野が狭いので自分は変えるところはないと考えている可能性もあるでしょう。

例えば、海外の人と関わる仕事で英語ができなければ、相手とのコミュニケーショが取れないことも増えるでしょう。しかし「ジェスチャーで通じるから良いや」と、それ以上成長しようとしない傾向にあります。

7:好奇心がない

頭の悪い人の中には、好奇心がない方もいるでしょう。好奇心がないことは、向上心がないのと同様、現状に満足している状態です。

好奇心を持って新しい何かに挑戦することは、学びや成長につながるので、現状に満足している場合それらに労力を費やしません。そのため、頭の悪い人の中に好奇心がない人が存在します。

8:何が言いたいかわからない話し方をする

頭の悪い人は、1つの話題の途中で脱線して別の話をするなど話が飛んで歩く傾向にあります。

例えば、「バナナは健康に良い」という話をしないといけない場合に途中で「バナナのLINEスタンプの話」に流れて結局は何を話したいのか相手に伝わらなくなります。

話したいことがまとまっていないので、本人も何の話をしたかったのかわからなくなる場合もあります。

9:無計画で行動をする

頭の悪い人は、無計画で行動することが多いです。頭の良い人は、大変な目に遭わないように事前に計画を立てて物事を遂行するでしょう。しかし、頭の悪い人はそうではありません。

なぜ、悪い結果になると分かっていても無計画で行動するかというと、目の前のことしか見えていないからです。頭の悪い人は、長期的に見ることが難しく、目の前の問題だけしか見えていないので無計画になりがちです。

頭の悪い人になってしまう原因6選

仕事のイライラを解消する4つの方法

頭が良い人にも理由があるように、頭が悪い人にも理由があります。しかし、一口に頭の悪い人と言っても、様々なタイプや原因があります。

ここでは頭の悪い人になってしまう原因6選を紹介します。自分や周りの頭の悪い人がなぜ頭が悪いのか気になる方は、ぜひ読んでみてください。

1:努力をした事がない

頭の悪い人は努力しようとしない傾向にあります。努力した事がない頭の悪い人は、努力をせずとも人生を進んでこられた可能性があります。

何か失敗したら出来るようになろうと努力をしないため、余計に頭の悪い印象になります。また、努力をしない人は思ったままに不平不満をいうため周りのことも考えられないでしょう。または、苦難があっても周りのせいにするなど学習していない可能性もあります。

2:大きな挫折をした事がない

例えばYouTuberは炎上することがあります。炎上という大きな挫折から、視聴者の信頼を取り戻すためには本人の努力が必要です。

このように、大きな挫折をした際人はそれを挽回しようと努力します。しかし、世の中には大きな挫折をしたことがない人もいます。

そういう方は、挫折からの努力を体験する機会がなかったため、そこから学べずに成長して頭が悪い人になっている可能性もあるでしょう。

3:人と関わる機会が少なかった

頭の悪い人は、他人に関心がないゆえ人と関わる機会が少なかった人も多いでしょう。人と関わる機会が少なければ、人のことを理解しづらくなります。

そうならないためにも、様々な性格や個性を持った人々と上手く接することが大切です。人と仲良くするための知恵は、人と沢山関わることによって身につきます。

4:問題解決をしてこなかった

料理を作って失敗した場合、次に同じものを作る際は失敗点を反省しどうしたら上手くいくか勉強した上で挑む方が多いでしょう。料理に限らず、人は前に進むために失敗から学ぶ必要があります。

頭の悪い人は、失敗という問題を解決せずに進んで来てしまった可能性があります。失敗はなかったことにして、嫌な記憶を忘れようとしてしまうと解決せず学べるものも学べません。

h3-5:自分はどうしたらいいか考えた事がない

家が裕福で頭が悪くても知識をつけずとも怒られず、今後も生活が保証されている場合、自分はどうしたらいいのか考える機会が減ってしまうでしょう。結果として、自分はどうすれば良いかわからない頭の悪い人になっている可能性があります。

大人になれば働かなくてはなりませんが、出来ること出来ないことは人によって異なります。成長過程で自分を観察し、どうすれば良いか考えることが必要です。

6:スマホを見ている時間が多い

スマホで成長に繋がる勉強をしている場合は別ですが、学ぶことがないSNSを長時間見ることや、ネットサーフィンをしている場合は頭が悪い人になってしまう可能性があります。

スマホには、身体的症状がでる可能性もありますし、あっという間に時間を奪ってしまいます。人生は長いようで短いので、そのスマホ時間で勉強した人と比べると圧倒的に知識に差がつくでしょう。

スマホに依存するデメリット

スマホに依存すると、時間を奪われるだけでなく体に様々な症状が現れます。画面を見ているので視力の低下はもちろん、肩こりや首こりに繋がり、酷い場合は吐き気が起こることもあります。

また、スマホに依存すると精神的に不安定になることがあります。寝る前のスマホは睡眠の質も下げるので、精神的にも身体的にもよくない状態になる場合があるので注意が必要です。

頭の悪い人から頭のいい人になる方法15選

仕事の効率が上がる! シーン別の気遣い例と実際のエピソード

ここからは「頭の悪い人から頭のいい人になる方法」について解説していきます。今回は、「目標を持つ」を始めとした15項目をピックアップしていきます。

ここでは、頭の悪い人から頭のいい人になる方法15選を紹介します。頭が良くなりたい方は参考にしてみてください。

1:目標を持つ

例えば英訳の仕事をしたいと目標を決めます。英訳の仕事をするには、英語に強い大学に通い、英訳の関連会社に勤めるというルートが出来ます。そして、英語に強い大学に行くためにはその大学合格のために勉強する必要があります。

目的なく勉強することで、飽きてしまいやる気もなくなるでしょう。勉強のモチベーションを上げるためには、明確な目標を持つことが重要です。

2:頭のいい人の習慣を取り入れる

頭の悪い人にならないための習慣として上げるとしたら、頭のいい人の習慣を真似ることでしょう。

周りを観察していると、頭のいい行動をしている人を見つけることができます。頭のいい人の習慣は良いお手本であり、自分にとっての良い教科書となります。

たとえ理解できないようなことでも、まずは自分も同じように行動し体験してみましょう。

実践することにより、どうすることが頭のいい人の考えや行動なのかや自分との発想の違いに気づくことができます。

頭のいい人を真似ていい習慣をたくさん吸収して自分のものにしましょう。

3:自己分析する

自己分析をすることで自分のダメな部分に気付けるでしょう。そして、自分のダメな部分を理解し改善することが出来ます。そしたら、良好な人間関係を築けるし、頭のいい人に1歩近づくでしょう。

4:忘れないようにメモを取る

いくら頭の良い人でも、言われたことを1から10まで覚えているとは限りません。また、覚えていても時間が経つと忘れてしまうこともあります。そうならないためにも、忘れないようにメモをとることが大切です。

頭の悪い人の中で記憶力に自信がない人はメモを取ることをおすすめします。

5:人の話を最後まで聞く

頭の悪い人にならないための習慣として上げるとしたら、人の話を聞いてから行動することでしょう。

未知の世界や自分が知らないことに対してフライング行動はNGです。まずはフライング行動したい気持ちを堪えて相手の話を最後まで聞いてから行動しましょう。

ときどき相手の話を遮って喋ってくる人がいますが、そういった行動はいけません。

人の話を聞かずに行動することがミスにつながり、それが頭の悪い人の習慣になっています。ですので、人の話を聞くのは大事なことです。ぜひ人の話は最後まで聞きましょう。

6:本を読む

頭の悪い人にならないための習慣として上げるとしたら、本を読む「ことでしょう。

何かを知った時に、ただ結果だけを受け入れ何も考えないというのは頭の悪い人の発想です。

本を読むことにより、筆者が作品の本質として何を伝えたいかや筆者の伝えたい理由などを理解する力が鍛えられます。

この力を鍛えるということは、他の人とコミュニケーションを取った時などに相手が伝えたいことや行動の意味を理解する力が身につくことになり、結果として物事への想像力が高まり課題への解決力が増すことにつながるでしょう。

7:多くの人とコミュニケーションをする

多くの人とのコミュニケーションを、何も意識せずにやっている方が多いでしょう。それは頭が良いに繋がる行動です。

人は十人十色で、結論から聞きたい方や順序を追って話して欲しい人など様々です。人によってどうしたら上手く伝えられるのだろうと思考を巡らせることが頭の良さに繋がります。多くの人と関わることで、沢山の伝え方を身につけることが出来ます。

8:日記を書く

読書や、人から聞く話で知識を蓄えても人間は忘れてしまいます。その知識を定着させるために、ぜひとも日記を書くことをおすすめします。

あらためてミスを文字にすることにより、客観的に問題点に気付くことができるので、同じミスを回避できます。

9:時間を有効に使えるようにする

頭の悪い人は計画性が無い人が多く、大切な時間を無駄に使ってしまいます。それを減らすためには、やることリストと優先順位をつけることです。

やることが決まっていないので、今日何をしようかと考えているうちに時間が経ってしまいます。まずはやらなければならないこと、やりたいことリストを作り、優先順位をつけることで時間を有効に使えます。

10:物事を客観的に見る力を身に付ける

頭の悪い人は視野が狭いことが多いので、人間関係や仕事が上手くいきづらいです。視野が狭いため、人の気持ちを考えられません。また、仕事では先を見て行動できないので効率が悪くなってしまいます。

それらを解決する方法は、人の気持ちを考えて発言すること、この仕事よりも先にやらなければいけないことが無いだろうかと考える癖をつけることが大切です。客観的に見る力をつければ、人間関係など少しは上手く行きやすくなるでしょう。

11:分からない事は試しながら物事を理解する

頭の悪い人の中には向上心が無い人がいるので、分からないことを分からないにしたまま諦めがちです。分からなくても出来るようになりたい場合、試しながら分からないことを解決する必要があります。

解決法は様々で、周りに聞くという手もありますが、自分で試行錯誤しながらあらゆるパターンで試してみることで分からないが分かるようになります。1歩が小さくても前に進み続けることが大切です。

12:物事に取り組む前にシミュレーションをする

頭の悪い人は無計画で行動する人が多いです。例えばケーキを2つ作るとして、生クリームの量は半分に分けなければなりません。しかし、考えるのを放棄して生クリームを使ってしまうと2つ目のケーキの生クリームが足りないという事態になりかねません。

そのため、物事に取り組む前はシミュレーションすることが大切です。シミュレーションすることであらゆる事態に備えて準備できます。

13:ネガティブな発言や行動をしない

ネガティブな発言や行動を永遠に繰り返していても前進できませんし、学べることも学べません。時々、落ち込んでネガティブな発言をすることはあるでしょうが大切なのはその後です。

ネガティブな出来事からは沢山のことを学べます。なぜ失敗したのかを考え、悔しい思いをした場合は「見返してやるぞ」と努力して、ネガティブをポジティブに変換できるかがその後の自分に繋がります。

15:SNSを見る時間を減らす

SNSで今後に役立つ知識をつけることは一概に悪いことだとは言えませんが、特に意味もなく人と繋がり続けたいという理由でSNSを見ることはあまりおすすめ出来ません。

SNSを見ている時間で読める本が何冊もあるでしょう。出来ることならSNSを見る時間を読書にあてるのをおすすめします。

頭の悪い人のままだと損をする4つのこと

いつの間にか止んでいる雨!?「好運気をもたらす晴れ女」診断

頭が悪い人は残念ながら様々な場面で損をする傾向が多いです。ここでは頭の悪い人のままだと損をする4つのことを紹介していきます。頭が悪いことが損だと改めて把握することで、頭が良い人になれるようモチベーションを高めましょう。

1:円滑な人間関係を築けない

頭が悪い人は、残念ながら円滑な人間関係を築けない傾向にあります。頭の悪い人の中でも自己中心的な方は、自分のことしか考えられないので人の気持ちをあまり理解できない傾向にあります。その結果、どうしても人間関係がスムーズに進みづらくなります。

2:仕事ができない

頭の悪い人に仕事を任せると要領を得ない行動や判断をするので完了するまでに時間がかかってしまいます。

ですが頭のいい人に仕事を任せると、論理的思考でスマートに仕事を短時間で完了することができるので、そういう点で比較すると頭のいい人に仕事が任せられてしまうのは当然の結果でしょう。

また頭の悪い人は仕事ができないという意味でも、人間的という点でも、上司や同僚からの評価が低くなってしまいます。

3:異性にモテない

相手のことを考えた上で、発言や行動できる人はモテる傾向にあります。そのため、視野が狭くなり自己中心的な発言が多いと、異性から好かれづらいでしょう。

自己中心的な発言を繰り返していると最悪の場合、相手を傷つけて嫌われてしまう可能性があります。

4:自立できない

頭の悪い人は自立が出来ない可能性もあります。仕事の給料は成果に対する対価なので、成果を出せない社員は会社にとって困った存在になる場合があります。

優しさも大切ですが、会社は利益を上げなければ存続出来ないので、成果があげられなければ会社も雇い続けるのが厳しくなるでしょう。

頭の悪い人から卒業して頭のいい人になれるように努力をしよう

もはや当たり前⁉ ビジネスでの話し方5つのコツ

頭が悪いことにはデメリットが沢山あります。頭が悪いことが損だと考えている方は、頭の良い人の習慣や行動を真似することをおすすめします。習慣や行動を真似するだけで、頭が良い人に近づけるのならやって損はないでしょう。

自分の人生を充実させて様々な物事を知るためにも、紹介した頭の良い人になる方法をぜひ実践してみてください。

センチネルの他の記事を読む