人見知りを克服したい人必見! 人見知りな人の特徴と克服方法を紹介

「なんであの人は誰とでも気さくに話せるんだろう」

コミュ力の高い人を見て、そんなふうに思ったことはありませんか? 人見知りな性格ゆえ、本当は仲良くしたい・打ち解けたいと思っていても、なかなかうまくいかず悩んでいる人も少なくありません。

そこで本記事では、人見知りな人の特徴を紹介、それをふまえて人見知りを克服する効果的な方法を紹介していきます!

「人見知り」ってどんな人?

人見知り、考えてみれば2つの意味がありますよね。一つ目は小さな子供がする人見知り。知らない人と対面したとき恥ずかしがる、「人見知りする年齢になったのね」なんて使い方をします。

で、もう一方は「内気」とか「シャイ」という意味の人見知り。主に大人が「私、人見知りで」という使い方をします。

人見知りな人の特徴

初めましてな関係が超苦手

初めて会う知らない人とは上手く会話ができないのが人見知りの特徴。別段そこまで緊張しているわけではなく「なにを話したらいいかわからない」場合が多いものです。

親しい関係ならとってもフランク

初対面・友人作りが苦手なだけで、人見知りの人は一度仲良くなってしまえばとってもフランクな人が多いのも特徴の一つ。親しいか親しくないか、中間に位置する存在が居ないのが人見知りの特徴です。

警戒心MAX

野生動物並の警戒心を持って人に接する、これも人見知りの特徴です。その裏には「自分が傷つかないように」という予防線的な意味があったりするので、昔なにか人間関係で嫌な思いをした可能性もあります。
人見知りを克服したい人必見! 人見知りな人の特徴と克服方法を紹介

交友関係が狭い

人見知りに人脈、という言葉は存在しません。交友関係は狭く深く。友人の友人ならギリギリ会話ができても、友人から「パーティーあるから来なよ」なんて言われても、とても怖くて参加できません。

基本マイナス思考

初対面の人と会話をするとき、頭の浮かぶのはネガティブな思考。「この話題は面白くないんじゃないか」「馬鹿にされるんじゃないか」などなど思ってしまい、結果なにも話せないという負のスパイラル。

人見知りになってしまう理由。いつから人見知り?

自分が人見知りだと自覚したのはいつ頃か、皆さんは覚えていますか? まあ大抵の場合、「自分は人見知りかも」と自覚するのは「初対面の人と話をするとき」ですから、早い人なら小学校くらいから「初対面の人は苦手」となるのかもしれません。

で、人見知りをする理由って、言ってしまえば「自信の無さ」、そして「空気を必要以上に読もうとする」ことが原因です。自分に自信がなければ話はできず、空気を読み過ぎると行動できない。

考えてみればわかることですが、じゃあ克服しろよ、と言われてもそんな簡単にできる話ではありませんよね。

人見知りを克服する方法5選

話せないなら聞き役に徹する

皆が皆そうとはいいませんが、大概の人間は、相手の話を聞くよりも、自分の話を聞いて欲しい欲求を持っております。逆に相手の話を聞いてくれる人は少ないので、話せないなら話を聞きましょう。場をもたせるだけが目的ならこれでもOK。

予め話すネタを用意しておく

どんな話をしていいか分からない。だから自信がない。ならば自信がつくように「話のネタ」を仕込んでおきましょう。例えばパーティーに誘われたら、そのパーティーに集まる人間が興味を持ちそうな話題を準備していくなどなど。

試験のように傾向をチェックして話題を用意するのです。
人見知りを克服したい人必見! 人見知りな人の特徴と克服方法を紹介

自意識過剰だと知る

人間とは不思議なもので、自分を見る眼には異常に敏感。例えばお店に入ったとき「スゴイ見られてる気がする」なんて思う経験、人見知りな方ならあるはず。

でも逆に自分がお店の中に居て、誰かが入ってきたときにそこまで気にします? それと同じで、人見知りな方は初対面の人と話すとき、相手からの見え方を気にし過ぎている可能性があるのです。

空気を読み過ぎない

日本人の特徴、空気を読む、察してあげるという文化。「こういうこと言ってもいいのかな」、「いやな思いをしないかな」そう思ってしまうともう何も言えない。だからこそ敢えて空気を読まないという選択もあるのです。

話をする相手の情報を仕入れる

「パーティーでの話のネタ」にちょっと似ていますが、これは話題を探すのではなく「話す相手の情報」を入手する、もしくは次に会ったときにためにメモにとっておくということです。

人見知りは長所でもある

正直、人見知りであることを引け目に感じる必要もない気がします。根暗とか根明とかいう言葉があるくらいですから、人間にはある程度性質があるものだと思います。
人見知りを克服したい人必見! 人見知りな人の特徴と克服方法を紹介
人見知りな人はそれこそ観察力が高かったり、繊細であったりします。むしろそういう人がいるからこそ回っている世界だってあります。特にクリエイティブな世界はそうかもしれませんね。心のどこかに自閉的な考えがあるからこそ、創作ができるのかもしれません。

ですからひとえに、人見知り=悪というわけではありません。

<まとめ>人見知りを克服して、打ち解けやすい人へ

人見知りは悪いことではありません。が、社会でやっていくにはある程度の社交性は不可欠。世間話くらいはできるようになれるのがベストです。

センチネルの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…