誠実な人ってどんな人? 誠実な人の特徴と、誠実な人になるためのポイント

「誠実な人」と聞くと、どんなイメージが浮かびますか? おそらく、誠実という言葉をネガティブな意味で捉えた人はいないのではないでしょうか。

ポジティブなイメージの強い「誠実な人」とは、具体的にはいったいどんな人を指すのでしょうか。

そこで本記事では、誠実な人の特徴や行動を紹介します。また誠実な人になるためのポイントも、一緒にご紹介しますよ! 

誠実ってどんな意味?

「あの人は真面目で誠実だ」なんて使い方をするように、主に「真面目」・「純心」・「私利私欲のない心」なんて意味で使われる、それが誠実という言葉です。

また誠実であるというのは、その人の人となりや性格を指すときに使われる言葉でもあり、そのおおよその意味においてポジティブな言葉であると言えます。

誠実な人ってどんな人? 誠実な人の特徴と、誠実な人になるためのポイント

誠実な人の特徴5選

1.基本、真面目
さきほど上記しましたが、誠実という言葉の中には「真面目である」という意味も含まれています。人との関わりに真面目でなくては、誠実にはなれないのです。

2.友人・知人が多い
誠実な人が評価されるポイントは、やはりその人となりの良さ。人間関係には色々とありますが、誠実に接してくれる人は大切にしようと思うもの。だからこそ友人・知人が多いのです。

3.悪口を言わない
愚痴程度のものであれば誰であっても一言二言は言うでしょうが、人の悪口となれば話は別。誹謗中傷レベルな悪口を言う人が誠実な人かと言えば、そうではありません。

4.嘘はつかない
人に嘘を付く、誠実の意味と真逆な行動であると言ってもいいでしょう。他者を貶める人に誠実な人はおらず、仮に嘘を付くとしてもそれは笑えるジョークであることが誠実な人の特徴です。

5.目を見て相手の話を聞く
誠実さというのは、相手に対する敬意を表すということでもあります。故に、人の目を見て「あなたの話、ちゃんと聞いてますよ」という意思表示をすることは、誠実な人の特徴です。

誠実な人の行動5選

1.最善を尽くす
最良は無理でも最善を尽くす、それが誠実な人の行動です。今持ちうる自分の最大の力を発揮して、なにかに取り組む。その姿勢は誠実そのものです。

2.過ちを受け入れ、すぐに改善できる
自分の間違いを認めそれを改善する。それが簡単なように見えてとても難しいことです。ですが、この行動がとれるからこそ誠実さが増すというものです。

3.約束は守る
小さな約束、大きな約束。約束の重要度はあれ、どんな約束でもきちんと守る、それが誠実というもの。仮に守れそうにないならフォローをすることができるのも重要です。

4.自分ができることはOKサイン! できないことは無理に引き受けない
誠実さとは責任を持つということの現れでもあります。だからこそ、できることは引き受けますが、できないことはきっぱり断るという態度になるのです。

5.相手の話をよく聞く
相手の話を途中で遮る人がいますが、そんな人は誠実な人であるとは言えません。誠実さとは相手に敬意を持って接するということだからです。

誠実な人になるためのポイント

色々と上記しましたが、誠実な人の一番の特徴はやはり「人に敬意を持って接することができるか」ということです。

むろん、嘘を付かないことや相手の話を聞く、もしくは約束を守ることなど色々な条件はありますが、それらの根本にあるのは「相手に敬意を持っているかどうか」ということ。

人を敬い、敬意を持っているからこそ嘘を付いたり約束を守るという行動に繋がっていくのです。ですから誠実な人になるためには、まず一番に「人に敬意を持つ」こと。

そして人に敬意を持とうとするなれば、まずは自分を大切にすることです。

自分を大切な一個人として認められないのであれば、他者を大切な一個人であり敬意を持って接するべきだとは思えないからです。

誠実な人ってどんな人? 誠実な人の特徴と、誠実な人になるためのポイント

誠実な女性はモテる!?

一途な女性が男性から人気がるように、誠実な女性も男性からの人気があるもの。誠実な人の特徴は上記した通り、「真面目」あり「純心」でり、「私利私欲に囚われない」というもの。

であれば、誠実な女性というのは「相手のために行動できる」ということになります。また、一途な女性が男性からモテるのは、自分を求めてくれるから。

それと同じで、誠実な女性の男性に対するその真摯さは、男性からしてみれば自分に尽くしてくれるということ。

尽くしてくれるというのは男性にとって嬉しいものです。

誠実な人ってどんな人? 誠実な人の特徴と、誠実な人になるためのポイント

<まとめ>人から好かれる「誠実な人」を目指そう

「真面目だね」とか「ホント誠実だね」など、ときおり嫌味として用いられる誠実という言葉。

ですが上記したように、他人に誠実でいられるということは、自分を大切にできる人間であるということ。

それってとってもいいことですし、自分を大切にすうことは幸せに繋がることでもあるのです。

だからこそ、誠実であることをなんら悪いことはでありませんし、どこまでポジティブで良い意味なのです。

センチネルの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…