シングルマザーが恋愛をしていくうえでの4つのコツ! 注意点も併せて解説

シングルマザーの恋愛事情や恋愛に踏み出せない理由を紐解き、実際に恋愛する際にはどのような点が魅力に見えるのかなど、恋愛のコツを紹介しています。また、シングルマザーと相性の良いパートナーの特徴や、恋愛時の注意点についても解説します。

シングルマザーの恋愛事情とは

近年では、子どもを連れて離婚するシングルマザーも珍しい存在ではなくなっています。また、未婚で子どもを設けるシングルマザーの割合も増えています。

シングルマザーの恋愛事情はどのようになっているのでしょうか。恋愛したいけれど、様々な理由や事情が組み合わさってハードルが高いと考える方も多いのが実情でしょう。

シングルマザーが恋愛に踏み出せない理由5つ

シングルマザーが恋愛に踏み出せない理由や事情は多々あるでしょう。

また、それらの理由がいくつも複雑に組み合わさって、より恋愛に慎重になっている場合もあります。ここからは、そうした恋愛に踏み出せない5つの理由について解説します。

1:自由な時間が限られている

子育て・仕事などでシングルマザーが自由になる時間が限られていたり、少なかったりすることも、恋愛に踏み出しにくい理由になります。

独身女性に比べて、圧倒的に自分の時間は少なくなってしまうので、パートナーと2人きりの時間を過ごすことは難しいといえるでしょう。

2:子どもの存在

子どもの存在や、子どもと過ごす時間を大切にするシングルマザーは多いでしょう。恋愛によって子供の気持ちを不安定にしてしまうのではないか、寂しい思いをさせてしまうのではないかと考え、恋愛に一歩踏み出せない方もいます。

子どもを最優先で考えるあまり、恋愛するという選択肢がないわけではないのに、実際に恋愛するとなると後回しになってしまうということもあります。

3:周囲の目が気になってしまう

シングルマザーが恋愛していると、周りの目が気になるというのも、恋愛に踏み出しにくくなる理由の1つです。恋愛しているだけなのに、再婚の予定を勘繰られたり、噂されたりするのではないかと気にしてしまう方もいます。

周囲の目を気にするあまり、堂々とお付き合いできないかもしれない、普通にデートもできないかもしれない、そのことで相手に嫌な思いをさせてしまうかもしれない、と思い悩む方もいます。

しかし、本当の問題は、シングルマザー自身の気持ちの中にあります。周囲の目を気にせずに、ポジティブにお付き合いできる相手が現れることで、周囲の目は気にならなくなるでしょう。

4:再婚を意識してしまう

普通に恋愛しているつもりなのに、再婚するならばこの人で大丈夫だろうかと考えてしまったり、再婚するならばこんな条件の人が良いなどと想像してしまったりすることがあります。

再婚について何らかの意識をしがちである、というのも恋愛から遠ざかってしまう原因の1つです。

5:相手の本音が分からない

恋愛全般に言えることですが、相手の本音がわからないというのはシングルマザーにおいても恋愛に踏み出せない理由の1つです。

また、シングルマザーの恋愛では子供がいる自分のことをどのように思っているのか、ということもプラスされますので、相手の本音がわからないとどうしても躊躇しがちになってしまうのです。

実は需要あり? シングルマザーの魅力3つ

シングルマザーには、シングルマザーならではの魅力があります。ここからは、シングルマザーに見られる3つの魅力を紹介します。

また、これから紹介する項目はどれも年齢を問わず発揮できるものです。男性の視点では、意外なポイントが魅力に感じられているということを認知できるでしょう。

1:包容力がありそう

シングルマザーの中には、前の結婚生活で我慢してきた方が多くいます。そのため、小さなことが気にならず、細かいことで怒らない方が多いという傾向があります。こうした傾向が、シングルマザーは包容力がありそうというポジティブなイメージにつながります。

ただし、包容力を発揮しすぎて、我慢しなくても良いところで我慢してしまったり、相手にとって母親のようになったりしないように気を付けましょう。

2:大人の余裕がある

結婚生活を終えたり、自分でシングルマザーになると決断した女性には、精神的に活き活きとした魅力があります。

自分らしく、自分のやり方で生きている姿は、大人の余裕が感じられるという男性がいるのです。

3:自立していそう

子育てをしながら、忙しく仕事も両立しているなど、頑張るシングルマザーは自立しているイメージがあるようです。独身時代は、自分の好きなように時間もお金も使えていましたが、シングルマザーになるとそうはいきません。

シングルマザーは、自分ですべてマネジメントする必要があります。そういった何事にも頑張る姿は、男性にとって魅力に映るようです。

シングルマザーが恋愛をしていくうえでのコツ4つ

遠距離の方が続く可能性が高い!!「中距離恋愛の成功率」診断

シングルマザーが恋愛する上で、上手く恋愛を進めるコツが4つあります。

恋愛は、自分にとってプラスの恋愛をしなければ意味がありません。紹介する4つのコツをしっかり把握して、より良い恋愛をしましょう。

1:ポジティブ思考を持つこと

恋愛は双方にとってプラスでなければ意味がありません。まずは自分がポジティブでいることが大切です。

ネガティブな思考から始まる恋愛は、幸せを生まないことは想像に難くないでしょう。ポジティブ思考やポジティブな自分でいることで、ポジティブな出会い、ポジティブな恋愛へと結びつきます。

2:子どもを第一に考えること

子どもを第一に考えるというのは、最も大切なことです。恋愛によって、子どもに寂しい思いをさせてしまったり、子どもと過ごす時間が減ってしまったりということがあると、女性にとっても心の底から恋愛を楽しむことができません。

子どもの様子を良く観察しながら、恋愛に適した時期であるかどうかをよく考えましょう。場合によっては、子どもが大きくなるまで待つということも1つの方法です。

3:シングルマザーであることを伝える

相手にシングルマザーであることを伝えるのも、シングルマザーが恋愛する上で大切なポイントになります。シングルマザーであるからといって、あなたへの好意がなくなるようなパートナーが相手では、幸せな恋愛や未来は期待できません。

恋愛では、シングルマザーであることを伝えた上で、今後どのような関係を築けばよいか、2人で将来を建設的に話して行くことが大切です。ですから、シングルマザーであることは早めに伝えるようにしましょう。

4:自分の価値を小さく見積もらない

シングルマザーであっても、そうでなくても、あなたの魅力や価値は変わりません。相手にされないと決めつけたり、無理に自分を取り繕ったり、価値を小さく見積もって心から望んでいない恋愛をしてしまうことのないようにしましょう。

ありのままのあなたを好きになってくれる相手が現われるのを待つ心の余裕も大切です。焦らずに、あなたの魅力に磨きをかけて、良いパートナーとのめぐり逢いの日を待ちましょう。

シングルマザーと良い恋愛ができるパートナーの特徴6つ

シングルマザーであってもそうでなくても、恋愛するのであれば、お互いにとって良い恋愛がしたいものです。

では、シングルマザーと良い恋愛ができるパートナーにはどんな特徴があるのでしょうか。6つの特徴を紹介します。

1:穏やかである

穏やかな心の持ち主は、女性にも子どもにも受け入れられやすいと考えられます。

穏やかであったり、柔和で温厚な性格といわれる男性は、相手の話をよく聞き、頭ごなしに否定することはありません。安心して恋愛ができる相手といえます。

2:子どもが好きである

パートナーが子ども好きであることは、交際が発展して、子どもと会わせることになったり、再婚などお互いが一緒に暮らすビジョンが見え始めたりしたときに、心強い判断材料になります。

また、最初から子どもが好きな相手とならば、交際が進むにつれて、子どもと一緒に会えるようになり、楽しみも広がる可能性があります。シングルマザーのパートナーには子どもが好きな方がおすすめです。

3:心が広い

具体的に話をよく聞いてくれる、小さなことを気にしない、柔軟に物事を考えられる、気配りができるなど、いろいろな行動や側面から相手の心の広さを感じる機会があるでしょう。

心が広い男性は、女性を束縛したり、小さなことで責めたり、指摘したりすることはありません。相手を気遣える心の広い男性は、シングルマザーにとって心から信頼できるパートナーになってくれます。

4:辛抱強い

シングルマザーは忙しいものです。子育てや仕事と恋愛を両立しているわけですから、会える時間や会話やメールなどの連絡が取れる時間も限られる場合があります。対応や返事が遅くなってしまう時でも、辛抱強く待ってくれるような相手が望ましいでしょう。

また、子どもの気持ちを第一に一緒に考えてもらったり、状況によっては、急がずにしばらく待ってもらう時間が必要な場合もあります。ですから、辛抱強くおおらかな気持ちで待ってくれるような相手がおすすめなのです。

逆に、すぐに返信がないと怒ってしまう、少しの遅刻も許せないというような相手は、落ち着いて恋愛がしにくくなりますので、おすすめできません。

5:経済面・生活面で自立している

経済面・生活面で自立していないパートナーを迎えた場合のことを考えてみましょう。子育てと仕事を頑張るあなたに、経済面や生活面で彼が寄りかかってきたら、支えることは難しいでしょう。

経済面・生活面で自立していることは、女性にとっても男性にとっても大切なことです。お互いが自立していることで、初めて対等な恋愛ができるでしょう。

6:責任感が強い

シングルマザーと恋愛するということは、何かと2人で乗り越えていかねばならないことに直面します。そういった時でも、途中で放棄せずに一緒に考えて解決方法を見つけようと努力をしてくれる相手でないといけません。

目標に向かって物事を成し遂げるために、あなたや子どもをサポートしながらしっかりやり遂げてくれるような、責任感の強い男性がおすすめです。

シングルマザーが恋愛をするときの注意点4つ

シングルマザーには子どもや仕事など、シングルマザーならではの状況や事情があります。

恋愛するときには、よくよく注意しなければならないことがあります。ここででは主な注意点4つについてご紹介します。

1:結婚詐欺に気を付ける

シングルマザーであると知って、経済的・精神的な不安につけ込み、心の隙間に入り込むような悪質な結婚詐欺があります。シングルマザーの寂しさや誰かに頼りたいという気持ちを逆手にとるような卑怯な詐欺には十分に気を付けましょう。

SNSが普及した現在では、素性のわからない相手と簡単に出会うことができます。相手についてしっかりと素性を知り、理解を深めてから交際することで、こうした詐欺の被害に遭う可能性を減らすことができます。

また、金銭を要求する、お金の賃借を頼まれるといった話が出た場合には、恋愛感情を抑えて、一度冷静になって客観的に考え直すことも大切です。

2:不倫関係の恋愛はしない

不倫関係が相手の家族や会社などに知られてしまうリスクを考えると、不倫関係は、シングルマザーのみならず、不倫するすべての方にとってマイナス要素しかありません。

不倫関係から、慰謝料などの金銭のみならず、社会的信用まで失いかねません。子どもの安全を守るためにも、不倫関係の恋愛はしないと心に誓いましょう。

3:子どもを会わせるタイミング

交際相手を子どもに会わせることを考える際は、相手をどのように紹介するのかを考えると共に、子どもの様子をよく確認しながらタイミングを見極める必要があります。

実の父親のことをとても慕っている、思春期など多感な時期で親の恋愛に反発する可能性があるなどの場合には、子どもが落ち着いて話を聞いてくれると確信が持てるまで、会わせる日を延期する心の余裕も大切です。

4:会う頻度は無理しないようにする

恋愛中の適切な会う頻度は、カップルによって異なります。社会人であれば、誰もが仕事や個人の状況などで、会える日もあれば、しばらく会えない日もあります。

シングルマザーは子育てと仕事を両立している方が多いわけですから、パートナーもそうした事情や忙しい状況を知った上で交際しているはずです。自分の状況をパートナーには積極的に相談し、伝えましょう。

無理のない恋愛をすることが、心地よい交際を続けることに繋がります。2人でよく話し合って、会う頻度や時間を決めましょう。

シングルマザーでも恋愛を楽しめる!

シングルマザーが恋愛することで、生活や仕事に張り合いができたり、将来を一緒に考えていける相手に出会えたりと、メリットもたくさんあります。

どんなパートナーが恋愛対象として相応しいかを見極め、恋愛を始める際の注意点にも気を付けながら、恋愛を楽しみましょう。

なつくまの他の記事を読む


この記事どうだった?

14いいね!

8うーん…