美肌を作る正しいスキンケアをマスターして、肌トラブルにサヨナラを!

「美肌になりたい!」とスキンケアを頑張っているのに、ニキビがいっぱい。肌がカサつく。肌がくすんでいる。……そのようなことが続くと、めげてしまいそうになりますよね。「どう頑張っても美肌になれない」と諦めてしまう前に、まずはスキンケアの方法を見直してみましょう。

今回は、美肌になる為の正しいスキンケアをご紹介します!

美肌の為には洗顔がカギ

美肌作りの基本となるのが洗顔です。洗顔方法を変えるだけで、肌の調子は大きく変わります。逆にどんなにいいスキンケア用品を使っても、間違った洗顔方法を続けていると、肌トラブルの原因となります。

正しい洗顔のポイントは次の通りです。

クレンジングは短時間でササッとすませる

メイクを落とすクレンジング剤は、長時間肌につけたままにしていると、肌の潤いを根こそぎ落とします。なので、クレンジングにかける時間は短時間にしましょう。使用時間の目安は30秒。

どんなクレンジング剤を選ぶかというより、クレンジングにかける時間を短くする方がおすすめです。肌にマイルドなものだとメイクの落ちもイマイチ……というものも少なくありませんから、メイクの程度によって数種類のクレンジング剤を使い分けるようにするといいでしょう。

洗顔は、固形石けんをしっかりと泡立てる

美肌を作る正しいスキンケアをマスターして、肌トラブルにサヨナラを!

洗顔料には固形石けんの他に、洗顔フォームやミルクタイプの洗顔料などがありますが、美肌作りの為には固形石けんをおすすめします。液体の洗顔料には合成界面活性剤が多く含まれていますから、肌にダメージを与えることがあります。

洗顔時は石けんを手にとって、しっかりと泡立ててください。ホイップクリームのようなしっかりとした泡になるまで泡立てたら、Tゾーンなどの皮脂の多い部分から先にのせ、全体に伸ばしていきます。

手のひらで洗うのではなく、泡で洗うように洗顔するのがコツです。目元は最後に洗ってください。

すすぐ時はシャワーを直接顔に向けるようなことをせず、手のひらで優しくすすぎます。とにかく、手で肌を刺激することのないように、優しく洗い流しましょう。

洗顔後はタオルで顔を軽く抑えるようにして、水分を拭き取ります。この時も肌をこすらないように注意してください。

しっかりと潤いを与えるスキンケアを

美肌を作る正しいスキンケアをマスターして、肌トラブルにサヨナラを!

洗顔後のスキンケアは潤い重視でやるのがおすすめ。オイリー肌だとしても、肌に必要な水分は不足していることが多いので、洗顔後は化粧水でしっかりと水分をあげてください。

化粧水はコットンを使っても手のひらで直接浸透させても構いませんが、肌を叩いたり、こすったりしないように気を付けましょう。肌に刺激を与えると、それがシミやくすみの原因になります。肌に優しくなじませて、軽くハンドプレスで仕上げてください。

ただ、化粧水で与えた水分は時間が経てば蒸発してしまうので、それを防ぐ為に保湿成分が配合された美容液などで潤いを強化しましょう。セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などが配合された美容液は、肌をしっとりと仕上げてくれます。

化粧水と美容液で潤いを与えた後は、乳液で仕上げます。肌の乾燥が酷い人は、乳液の代わりにクリームを使ってもいいでしょう。乳液やクリームは、薄く丁寧に肌になじませてください。

紫外線対策がマスト

美肌を作る正しいスキンケアをマスターして、肌トラブルにサヨナラを!

美肌を作る為には、紫外線対策が欠かせません。紫外線対策は、一年中季節や天候に関わりなくやるようにします。

ただし、SPF値が高い日焼け止めほど肌への負担とはなりますから、日焼け止めは複数種類用意して、必要に応じて使い分けるのがおすすめです。真夏の炎天下の元で過ごす場合はSPF値が高いもの、通勤や近所への買い物の場合はSPF値が低いものを使用するといった具合に。

肌のコンディションが悪い時も、SPF値が低めの肌にマイルドなものを使用する方がいいでしょう。また、日焼け止めだけでなく、日傘や帽子なども使って紫外線対策はするようにしてください。

スキンケアを見直して美肌への道を

スキンケアを見直すだけで、肌には変化が生まれます。1日、2日で美肌に近づくことは無理ですが、毎日の正しいケアの積み重ねが美肌へと近づく為に必要なステップとなります。ぜひ、正しいスキンケアをマスターして、誰もが羨む美肌を手に入れましょう!

Marieの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…