秘訣はポジティブな言葉にあった! あの人が幸せそうに見える理由

いつも幸せそうにしている人っていますよね。そんな人はいつも楽観的でポジティブな言葉を口にします。端から見ると、何もかも上手くいってそうで羨ましい限りですが、実際には辛いことや苦しいことを経験することだってあります。それでも幸せそうでいられるのは、ポジティブな言葉を口癖にしているから。

今回は、ポジティブな言葉を使うことの効果についてお話しします。

ポジティブな言葉がポジティブな思考を作る

わたし達が発する言葉は、自分自身に大きな影響を与えます。常にネガティブな言葉を口にするのが癖になっている人は、ネガティブ思考になりやすいもの。しかし、いつもポジティブな言葉を口にするのが習慣になっている人は、自然とポジティブ思考になるのです。

多くの人は、わたし達の思考が言葉になって現われると考えています。しかし、日常生活の中で言葉は考え抜いて発するものというよりも反射的に発するものです。

「今日も暑いね~。毎日、こうだと疲れるよね」
「はぁ……また、残業か」
「いや、それは無理でしょう」

などといったネガティブな言葉は反射的に発するもので、考え抜いて発するものではありません。なので意外に思うかもしれませんが、自分が常に発する言葉によってわたし達の思考は作られているのです。

ポジティブ思考になりたいなら、まずはポジティブな言葉を発するように意識してみましょう。そうすることで、自然とポジティブ思考な人になることができます。

ネガティブな言葉をポジティブな言葉に変換する方法

言葉は反射的に発するものですから、ポジティブな言葉を口にする癖をつければ、自然とポジティブな言葉を発するようになります。ネガティブな言葉を口にするのが癖になっている人は、しばらくは意識してポジティブな言葉を口にするようにしましょう。

では、どのようにネガティブな言葉をポジティブな言葉に変換すればいいのでしょうか。例を挙げていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

・「今日も暑いね~。毎日こうだと疲れるよね」→「今日も暑かったけど、よく頑張ったよね!」「今日も天気が良くて良かったよね~」

・「はぁ……また、残業か」→「今日こそは(残業)早く終わらせるぞっ」
・「いや、それは無理でしょう」→「まずは、やってみようか」「大丈夫。きっとできるよ」
・「でも、○○さんって、こんなとこ(ネガティブな内容)あるよね」→「そうだね。○○さんって頑張り屋さんだよね」
・「△△さんは、何でもできていいなぁ」→「わたしも△△さんにように頑張ろう!」
・「上手くいくかなぁ……」→「きっと上手くいくはず!」

このように常にポジティブな言葉を発するようにすると、自然とやる気も出てきますし、ポジティブ思考になれます。

秘訣はポジティブな言葉にあった! あの人が幸せそうに見える理由

ポジティブな言葉が持つ効果とは?

ポジティブな言葉を発することのメリットは多くあります。ポジティブな言葉を口にすることの効果を見ていきましょう。

幸せな気持ちでいられる

常にポジティブな言葉を口にしていると、自然と思考もポジティブになれるので、幸せな気持ちになりやすいものです。物事をポジティブに見るので、常にいいことに囲まれるようになります。

いい人間関係が築ける

ポジティブな言葉を口にする人の周りには、自然と人が寄ってきます。ポジティブな言葉は周りの人も爽やかな気持ちにさせるので、他の人にもいい印象を与えることができるようになります。その為、いい人間関係が築けます。

秘訣はポジティブな言葉にあった! あの人が幸せそうに見える理由

恋愛も上手くいきやすい

常にポジティブな気持ちでいると、恋愛にも積極的になれます。また、異性からも好感を得やすいので、恋愛も成功しやすくなります。

仕事も楽しくなる

常にやる気を持って仕事に取り組めるようになるので、楽しく仕事ができます。自分についても「できる」「やれる」と思えるので、実力以上の仕事ができるようにもなりやすいものです。

秘訣はポジティブな言葉にあった! あの人が幸せそうに見える理由

今日から始めよう!

ポジティブな言葉を口にすることにはメリットが多いので、ぜひ今日から意識してみてください。そうすることで今よりも幸福度がアップするはずです。

Marieの他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…