片思いが辛い時はどうすれば良い? 好きすぎる理由と乗り越える方法を紹介!

片思いは長くなればなるほど辛いものです。片思い期間が長期化すればするほど、時間の無駄になることもあります。

叶う見込みのない恋愛に時間を投資するのは無駄です本記事では、辛い片思いを乗り越える方法についてご紹介しているのでぜひご覧ください!

好きなのに辛い理由とは

片思いが辛い時の対処法はこれ!【ひとみしょうの余談ですみません】

片思いは長くなればなるほど辛いものです。しかし人によっては片思い期間が長期化すればするほど、時間の無駄になることもあります。

特に婚活中の女性からすれば、叶う見込みのない恋愛に時間を投資するのは無駄です。それでも自分がいいなと思う異性じゃなければときめかないものですよね。

しかし、だからと言って辛い片思いを続けるのは精神的にも決してよくありません。辛い片思いから離れ、相手への執着を捨てることも時には必要です。

そのためにここではまず、好きなのに辛いと感じる理由について考えてみましょう。

嫉妬心や独占欲が生まれる

相手のことを好きなのに、幸福感ではなく辛さを感じるのはなぜなのでしょうか。

その理由としてまず考えられるのが、嫉妬心や独占欲が生まれるからということです。

相手に人として好感を抱いている「ライク」の状態とは違い、相手のことを異性として愛し、自分のパートナーとして欲する「ラブ」の状態では、どうしても嫉妬心や独占欲を抱いてしまいます。相手が自分以外の人と仲良く楽しそうに過ごしているのを見るとジェラシーや怒りを感じると同時に「自分には相手を叱ったり束縛する権利はない」と感じ、そのギャップに辛さを覚えます。

感情的になりやすい

感情的になりやすいからというのも、好きなのに辛いと感じてしまう理由のひとつとして挙げられるでしょう。

人を愛することは確かに素敵なことですが、決して綺麗ごとばかりではありません。相手の行動によって一喜一憂し、その度に自分ではどうにもコントロールできないほど感情が揺れ動いてしまうからです。

楽しい・嬉しいといったポジティブな感情ならばまだしも、他の異性への嫉妬や相手が自分の思い通りにならないことへの苦悩や苦しみといったネガティブな感情を抱くことが多く、それゆえに辛さを感じやすいと言えます。

伝える勇気がない

好きなのに辛いと感じる理由のひとつとしてご紹介したいのが、自分の想いを相手に伝える勇気がないからということです。

愛する人ができたとしても、その人に対してストレートに愛を伝えられる人はそう多くはありません。

「告白してフラれてしまうかもしれない」「受け入れてもらえないと傷ついて立ち直れない」「想いを告げて二人の関係が壊れてしまうのでは」といった不安や恐怖に襲われるからです。

愛を告げて恋人同士になりたいけれど、さまざまなリスクを考えると告白することができず、そのジレンマに辛さを感じてしまいます。

今の距離感を保ちたい

今の距離感を保ちたいからというのも、好きなのに辛く感じる理由のひとつとして考えられるでしょう。

好きな相手と結ばれたい・恋人同士になりたいと考える人は多いですが、中には今の心地よい友人関係を壊したくないから、今のままでいたいと願う人もいます。

しかし、そのように考えていても恋する相手が自分以外の異性と親しくしているところを見ると心がざわつきますし、自分が今の状態でいる限り、いつの日にか愛する人が他の異性に奪われてしまうかもしれないという恐怖にも駆られるでしょう。

片思い相手に彼女や彼氏がいる

好きなのに辛いと感じる理由のひとつとして忘れてはならないのが、愛する人に彼女や彼氏がいるということです。

もちろん、中には「恋人がいても関係ない」「好きなら奪うまで」と、略奪恋愛に燃える人もいます。

ですが、ほとんどの人は好きな人に恋人がいると知ると、自分は失恋してしまったと感じるでしょう。

愛する人には自分ではない愛する人がいて、自分の恋が成就する可能性は限りなく低いと考えるからです。

相手が恋人と別れた時にはチャンスがありますが、別れるとは限りませんし、それまで我慢せねばならないので辛いでしょう。

辛いと感じたら、時には休憩を!

諦めるべき恋愛の特徴。その片思い、いつまで続ける?

以上でご紹介したように、好きな人がいるのに辛い・苦しいと感じる理由はさまざまであり、実際に恋をしているがゆえに苦悩している人も少なくありません。

苦しい恋は時に人を美しく成長させてくれるものですが、それにも限度があります。あまりにも辛く悲しい思いをするのならば、時には休憩をする必要があるでしょう。

辛い気持ちをずっと抱えていては幸せを逃してしまうだけですし、素敵な恋はできなくなってしまうからです。

ここからは恋心ゆえに辛いと感じた時の乗り越える方法についてご紹介していくので、ぜひ参考にしてください。

友達に相談する

恋をしていて辛いと感じた時には、一人でその辛さを抱え込んではいけません。

一人で苦悩していても状態は改善しませんし、どんどん悪い方向に落ちていくことが多いからです。

だからこそ、苦しい恋を乗り越えたいのならば信頼できる友達に相談するのが一番だと言えるでしょう。

ある程度恋愛経験のある友達ならば、あなたのことを思いやりながらも、自分の体験を踏まえて的確なアドバイスをしてくれるはずです。

また、もしもアドバイスが的確なものでなかったとしても、友達に話を聞いてもらうだけでも心が軽くなるでしょう。

嫉妬をしないようにする

嫉妬しないように自分の心をコントロールするというのも、片思いが辛い時の乗り越え方として挙げられるでしょう。

好きな人ができると、その人を独占したいと感じるのはある意味当然のことであり、健全なことであるとも言えるでしょう。

ですが、その嫉妬心が行き過ぎてしまうと自分を苦しめるだけです。嫉妬したところで相手との関係が好転するとは限りませんし、嫉妬すればするほど自分の心が醜くなってしまうだけです。

だからこそ、嫉妬をしそうになった段階で相手から距離を置き、自分の心がジェラシーを感じないようにしましょう。

自分の時間を作る

恋心ゆえに辛いと感じた時に乗り越える方法としておすすめしたいのが、自分だけの時間を作るということです。

趣味でも何でもよいので、一心不乱に打ち込めることを見つけ、そのことに費やす時間を設けてみてください。

そうすることで、その間は相手のことや恋心ゆえに生じる嫉妬心やモヤモヤを感じずにすみます。

自分のペースで自分らしい生活ができるようになるのです。

好きだからと言っていつも相手が自分の視界に入る距離にいると、相手の一挙一動に翻弄されストレスを感じてしまうので、時には離れて自分の時間を持つことも大切です。

自分に自信をつける

努力をして自分に自信をつけるというのも、好きすぎて辛い時に乗り越える方法のひとつとして挙げられるでしょう。

相手のことが好きで好きでしょうがないけれど、想いを告げても受け入れてもらえる自信がなく、片思いに甘んじているという人も少なくないはずです。

そんな人でも、何かに一生懸命に取り組んで成功体験を得ることができれば、自分に自信ができて恋する相手に堂々とアプローチできるようになるでしょう。

外見磨きや内面磨きのための努力をすれば、自信もつきますし、相手にアプローチしやすくなるのでおすすめです。

勇気を出して告白する

辛い片思いを乗り越えたいのならば、いっそのこと、「当たって砕けろ」の精神で勇気を出して告白してみてはどうでしょうか。

相手がこちらに好意を抱いてくれない限り、こちらから告白しなければ今の辛い片思いの状態から脱することはできません。

告白してフラれる可能性はありますが、受け入れてもらえる可能性もありますし、それが無理でも相手に異性として意識してもらうことは可能です。

告白もせずにただ好きな人を遠目で見ているだけで、他の異性にその人を奪われるくらいならば、いっそのこと告白をしてみてはどうでしょうか。

ポジティブに好きという感情を楽しむ!

彼を思うことに疲れた……。「片思いの疲労度」診断

片思いが辛いと感じてしまうのは、恋愛感情を自分自身でコントロールできていないからです。

もちろん、恋には悲しみや辛さがつきものですが、本来は楽しく幸せを感じるものでもあります。

幸せや楽しみを感じられないのならば、恋愛の仕方を間違っている可能性が高いでしょう。

では、どうすればよいのでしょうか?

ここからは、辛い片思いから抜け出せずに悩んでいる人のために、恋心をネガティブなものからポジティブなものへと昇華させ、片思いを楽しむためのノウハウをご紹介していきます。

ぜひ参考にしてくださいね。

いつでも自分が最優先

ポジティブに好きという感情を楽しむための方法としてまずご紹介したいのが、いついかなる時も相手ではなく自分ファーストでいるということです。

もちろん、好きな相手を思いやる心は絶対に不可欠ですが、恋心という点においては相手ファーストではなく自分ファーストを貫くべきでしょう。

というのも、相手ファーストの姿勢でいると相手の些細な言動にすぐに振り回されて、心にさざなみが立ってしまうからです。

相手にどう思われているのかを過剰に気にせず、自分は今どんな気持ちでいるのかという点に集中し、自分を優先させましょう。

後悔しないように自分の気持ちをぶつける

片思いで辛いと感じる大きな理由は、相手に自分の気持ちをきちんと伝えられず、「振られたらどうしよう」「告白せずに他の人に好きな相手を取られたらどうしよう」というジレンマの中で苦悩してしまうことにあります。

振られた時のリスクと、告白もアプローチもせずに好きな人が他の人に奪われてしまうのをただ傍観する時の辛さを天秤に比べてみれば、「行動を起こして後悔したほうがいい」と感じるはずです。

後悔しないように、自分の気持ちをきちんと相手に伝えてみてはどうでしょうか。振られても、告白することで想いを消化できます。

好きな人がいるということは幸せ! 時には休憩も!

今回は片思いが辛いと悩んでいる方のために、好きすぎて辛いと感じてしまう理由やその乗り越え方についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

好きすぎて辛いと感じるほど、夢中になって恋をできる人がいるというのは本来とても幸せなことです。

適当に恋愛をするよりも、よっぽど素敵だと言えるでしょう。恋で苦しみ悩むことで、人として一回りも二回りも成長することもできます。

しかし、恋心ゆえにあまりにも辛い思いをするのならば、時には休憩をすることも必要でしょう。感情を上手にコントロールし、恋を楽しみましょう。

みくまゆたんの他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

3うーん…