仕事ができる人の特徴。仕事ができない人との決定的な違いと「仕事ができる人」になる為の方法

「あの人は仕事ができる」「あの人は仕事ができない」など、仕事のできる・できないについての評価を職場で聞いたことが一度や二度はあるはず。仕事ができる人と仕事ができない人の違いは一体なんなのでしょうか?

本記事では、「仕事ができる人の特徴」「仕事ができない人の特徴」を紹介し、両者の決定的な違いをお伝えしていきます。また、仕事ができる人になる為の方法についてもご紹介していきます!

仕事ができる人の特徴

仕事ができる人の特徴には以下のようなものがあります。

レスポンスが早い

仕事ができる人は、とにかくレスポンス(返事)が早いです。取引先からメールが来れば1〜2時間以内に返信します。

行動力がある

動かないことには仕事が先に進みません。仕事ができる人は、物事を考えながらも行動に移しています。これだけで仕事ができない人より一歩二歩先へ進んでいるもの。

計画性がある

仕事を円滑に進めるには計画が必要です。行き当たりばったりで仕事をしていると、困難なタスクに出会うとそこで足止めをくらいます。仕事ができる人は先のことを予測した計画を立てているので、仕事の流れが非常にスムーズなのです。

仕事ができる人の特徴。仕事ができない人との決定的な違いと「仕事ができる人」になる為の方法

仕事ができない人の特徴

続いては、仕事ができない人の特徴を見ていきましょう。

仕事の優先順位がつけられない

仕事にも、今すぐやらないといけないこと、後回しにしても大丈夫なものがあります。それらの優先順位が付けられない人は、まず目先の仕事に取り掛かろうとするので、後々困った事態に陥りやすいです。

スケジュール管理が下手

一言で言えば「要領が悪い」。仕事に使える時間には限りがありますから、その時間の配分を考えておかないとどうでもいいことに時間を割いて、必要な時に時間が足らない……という事態になりやすいです。

同じミスを繰り返す

仕事ができない人は同じミスを何度も繰り返しがちです。失敗は誰でもすることですが、仕事ができない人はミスしてもどこか他人顔。ミスを繰り返さないようにメモを取ることや、学習しようとする気持ちがありません。

仕事ができる人の特徴。仕事ができない人との決定的な違いと「仕事ができる人」になる為の方法

仕事ができる人とできない人の決定的な違い

仕事ができる人とできない人の決定的な違いはなんでしょう。仕事ができない人の特徴から思うに、それは「効率」を求めているかいないかの違いじゃないかと思います。

限られた時間の中でどれだけ仕事をこなせるかを考えることが、結果として仕事のできる・できないに大きく関わっています。

仕事ができる人になりたいと考えている人は、まずは「効率」を追い求めることから始めてみてはいかがでしょうか。

仕事ができる人になるには①考え方を真似しよう

仕事ができる人になりたい時は、あなたから見て仕事ができている人の「考え方」を真似してみることです。一人で模索するよりも、既に仕事ができている人を参考にすることでより効率的に仕事ができるようになります。

仕事ができる人の考え方に触れることで、今まで考えもつかなかった方法が導き出されることもありますし、他人の考え方を自分に取り入れることで新たな知識となり仕事で役立つことも多くなるはずです。

仕事ができる人になるには②習慣を真似しよう

仕事ができない人は、仕事ができる人の「習慣」を真似してみてください。例えば、仕事ができる人が期限を決めたスケジュール通りに行動しているのなら、あなたも同じように期限を決めて仕事をする。仕事ができる人が、ひと仕事終えたら必ずデスク周りを片付けていたらあなたもそれを真似する。

仕事ができる人の習慣を真似することで、あなたも仕事ができる人に一歩づつ近づいていけます。

仕事ができる人の特徴。仕事ができない人との決定的な違いと「仕事ができる人」になる為の方法

<まとめ>仕事ができない人から仕事ができる人へ!

仕事ができる人になりたいなら、身近にいる仕事ができる人を参考にしてみましょう。自分であれこれ考えながら仕事をするよりも、既に仕事ができている人を真似した方が参考になることは多いです。

仕事ができる人と同じ考え方・習慣を自分に取り入れることで、結果として仕事の効率も良くなり、周りからは「あの人は仕事ができる人だ!」と思われるようになるはずですよ!

Clevaの他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

0うーん…