LINEで告白したい! LINEでの告白を成功させるポイントを紹介

無料通話アプリのLINE(ライン)が、もうずぅっと人気ですね。しかしこれを通話の為に使っている人は、案外多くないものです。多くの人はチャット機能を、これまで活用されてきたメールの代わりに使っているユーザーばかりではないでしょうか。便利なチャットツールとして、筆者も重宝しています。そんな便利なLINEですので、告白をする為の舞台としても活用する方が男女共にいるみたいです。

そこで本記事では、LINEで告白したいあなたの為に、LINEでの告白を成功させるポイントを紹介します。

LINEで告白、あり? なし?

そもそもこの話を展開する上では、LINEの告白に対して必ずしもアガる男性ばかりではないということは認識しておく必要性を感じます。別にこれ、男性に限らない話でしょうけど、やっぱりLINEで告白されても、直接言われるより嬉しくもないという人って、少なからずいますからね。

筆者の知人男性の中にも、「直接告白されないと、こっちもどう動けばいいか分からない」と話す者もいれば、「あんまり真に受けても馬鹿らしい気がする」と、そもそもLINEでの告白を冗談として受け止める者もいます。

手段としては正直そこまで良いとは言えない気がするものですが、一方で「どうあれ嬉しい。シンプルに告白にアガらない男はいない」や「詳しいことは実際に会ってから聞くとして、告白のきっかけとしてはLINEはありだと思う」と考える男性の意見も周囲から集めることはできました。

ありかなしかで言えば、それこそ相手の性格による、という曖昧なラインになってしまいますね。

LINEで告白したい! LINEでの告白を成功させるポイントを紹介

LINEで告白するメリット・デメリット

ところでLINEで告白をするとした場合に、考えられるメリットとデメリットについても知っておきたいところですよね。こちらでは簡単に、それぞれの要点をまとめてみたいと思います。

まずメリットとしてですが、直接告白するよりも緊張しなくて済むというのは挙げられるでしょう。それが良いか悪いかは別として。また、いい感じのムードでチャットのやりとりをしている際に、「ここだ!」というタイミングで、告白することができるのもメリットですね。それから文字を通して告白をすることで、相手が何度も読み返して、冷静に答えを模索する時間的猶予を与えることができるというのも、これは大きな利点でしょう。

一方でデメリットも、もちろんあります。告白を送っても未読・既読スルーのまま返事が返ってこない可能性が考えられます。実際、どう返答していいか分からずに保留にしてしまう人もいますし。または、これも恐ろしい話なのですが、告白した画面をスクショされ、ネットなんかで晒される可能性もゼロではありません。あとはせっかく告白しても、相手から冗談として受け取られたり、「なんか騙されてるっぽいな」とあらぬ誤解を受けたり……というリスクもありますね。

メリットもあればデメリットもあるのが、LINEを介しての告白ということでしょう。

LINEでの告白を成功させるポイント①LINEのやりとりの中で匂わせる

ではここからちょっと前向きに、LINEでの告白の精度を高める為に覚えておきたいポイントに触れていきましょう。

まずは「LINEのやりとりの中で匂わせる」という、言わば撒き餌にあたる段階から書いていきたいと思うのですが、いきなりそこまでLINEでやりとりもしていない相手に告白しても、そりゃ相手にされませんよね。

だからこそ普段からジャブを打つ感覚で、相手との距離をLINEを通じて縮める必要があるわけです。やりとりをするうちに、相手の趣味なりルックスなりを褒めたり、興味を持つ素振りを文章で示すなどしていれば、自然にその距離は縮むことでしょう。

これはそこまで難しい話ではありません。相手からもきちんと返事が戻ってさえすれば、第一段階はクリアできたと見るべきです。

LINEで告白したい! LINEでの告白を成功させるポイントを紹介

LINEでの告白を成功させるポイント②告白文の作成に時間をかける

LINEで告白する際の成功率をアップさせるポイントの2つ目として、「告白文の作成に時間をかけること」を重視すべきと考えます。

LINEは思ったことを即レス的にやりとりできるものですが、あれってこういう時には禁じ手でしかなく、「付き合ってください」みたいな短文にスタンプを添えるだけ、みたいなやり方では馬鹿にしか見えません。相手に自分の気持ちが正確に伝わるよう、文章を丁寧に考える必要があるということですね。気持ちを簡単に伝えられるLINEだからといって、横着をしないのが大事と考えておくべきでしょう。

それから気持ちをこめて書き終えた文章はそのままリリースするのではなく、少なくとも半日程度置いて、冷静になってから自分で見直してみることもオススメします。勢いだけでは、どうしても相手に伝わりにくい箇所もありますからね。

LINEでの告白を成功させるポイント③好きになった理由は正直に伝える

それから最後のポイントとして、「好きになった理由を正直に相手に伝える努力をする」を挙げたいと思います。LINEでの告白かどうかに関わらない話なのですが、やっぱり告白する以上は相手を好きになった理由や想いは正直に伝えるに越したことはないわけです。

たとえLINEで告白するという間接的な方法でのやり方であろうと、自分の心からの気持ちって正直に、真摯に伝えることが大事ですし、そこを省略したり恥ずかしがったりしてしまうと、そもそもどうして告白してるの? という話になってしまいます。せっかく告白するわけですし、直で告白するのと同じぐらいの熱量でぶつかるべきですね。

LINEで告白したい! LINEでの告白を成功させるポイントを紹介

LINEでの告白もありだけど、直接伝えることも忘れずに!

と、こういった具合にLINEでそもそも告白をすること自体に「どうかな」と思う男性もいるわけですが、そのLINEでの告白を成功させる為には、最低限の下地作りと、いざ告白するならしっかりとした文章の作成、そしてその理由について相手に伝える努力は必要と考えておくべきでしょう。

個人的には「直接告白した方が面倒も少ないのでは?」と思う部分もかなりあるんですが、なんせLINEは手軽ですからね。これを用いての告白も、ありでしょう。ただしLINEで告白した後にも、結局直接会って気持ちを伝えることも大事です。

LINEで告白してOKをもらえたから、次に会った時は恋人同士……なんて通用するのは子供の恋愛だけですからね。

松本 ミゾレの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…