オーガズムを迎えない女性とエッチした時の男のホンネとは?【ひとみしょうのエロくてすみません】

男がどう頑張ってもオーガズムを迎えない、つまりイカない女性に対して、はたして男はどう思っているのか、というのが本項のテーマ。

よく言われるように、男は全員イクけれど、女性はイク人とイカない人(イケない人)がいるようで……そのへんのことも含めて、一緒に見ていきたいと思います。

男がどう頑張ってもオーガズムを迎えない、つまりイカない女性に対して、はたして男はどう思っているのか、というのが本項のテーマ。

よく言われるように、男は全員イクけれど、女性はイク人とイカない人(イケない人)がいるようで……そのへんのことも含めて、一緒に見ていきたいと思います。
オーガズムを迎えない女性とエッチした時の男のホンネとは?【ひとみしょうのエロくてすみません】

まずはメッセージから「焦らないこと・諦めないこと」

彼がどう頑張ってくれてもオーガズムを迎えないとなると、女性として焦ることもあるかもしれないですね。彼に対して申し訳ないという気持ちもあるでしょう。また、オーガズムを迎えることを諦めてしまっている人もいるのかもしれないですね。

でもまずは、オーガズムを迎えないからといって焦らないこと、諦めないことです。

彼が「いい人」なら、どうしたらオーガズムを迎えることができるのか、一緒に「研究」してくれるでしょう。そういう彼ってステキですよね。

あるいは、エッチする相手を変えた途端にオーガズムを迎えるようになった女性もいます。はたまた、エッチの相手はずっと同じだけど、35歳になった時に急にオーガズムを迎えるようになって、それ以来イキまくるようになり、エッチがすごく楽しくなったという女性もいます。
オーガズムを迎えない女性とエッチした時の男のホンネとは?【ひとみしょうのエロくてすみません】
ネットにはオーガズムに関するいろんな情報が載っているけれど、ざっくりと「オーガズムは人それぞれいろんな風に迎える」と捉えて、焦らない&諦めない、という姿勢って大切じゃないかなと思います。

と、前置きをして、さて、オーガズムを迎えない女性とエッチした時の男のホンネとは?

物足りない

オーガズムを迎えない女性とエッチした時の男のホンネの1つ目は「物足りない」です。やっぱり男は自分が頑張って腰を振り続けるという「大仕事」をしたら、「それに見合う対価」を求めるんですよね。

対価が「発射すること」だという男ももちろんいるけれど、心ある男は普通「女性と一緒にイキたい」とか「女性を先にイカせてから自分もイキたい」などと思っているものです。

そういう男からすれば、なにをしてもオーガズムを迎えてくれない女性って、ちょっと物足りないんです。

でもね、先に書いたように、物足りないのが悪いことではないんです。物足りないから彼女と別れたい、でもないんですよね。

気長に、オーガズムを迎えやすい体位を探ったり、体に合いそうなオトナのおもちゃを試したりなど、ふたりでできることはたくさんあるのだから、彼と一緒にいろいろ試してみるといいと思います。
オーガズムを迎えない女性とエッチした時の男のホンネとは?【ひとみしょうのエロくてすみません】

悪いことをしている気がする

オーガズムを迎えない女性とエッチした時の男のホンネの2つ目は「なんか悪いことをしている気がする」。つまり「おれだけイクって、なんか彼女に申し訳ない」という、わりと女性にやさしい男のホンネです。

男って意外と、自分だけが発射できて気持ちよくなったらそれでOKとは思わないんですよね。彼女のことが好きとか、彼女と一緒にエッチを楽しみたいと思っている男って、「彼女がオーガズムを迎えた後におれがイキたい」とか「彼女に何回もオーガズムを迎える感覚を味わってもらうことこそが生きがい!」みたいに思っているんですよ。

おれが下手くそなのかな

これは解説不要でしょう。男って「おれが頑張ったら、女性はイク」と思っています。なぜなら今までの経験でそれを知っているからです。

それが「彼女に限って、おれが頑張ってもオーガズムを迎えない」となると、おれ……下手なのかな、と自省しちゃうのです。
オーガズムを迎えない女性とエッチした時の男のホンネとは?【ひとみしょうのエロくてすみません】

元カレとはどうだったのだろう?

オーガズムを迎えやすい体質・迎えづらい体質、あるいはエッチの相性などがよくネットで言われます。いずれも科学的に絶対というものではないようで、俗説が目立ちます。

だからなのか、彼は「彼女はおれとエッチしてもオーガズムを迎えないけれど、元カレとヤッていた頃はオーガズムを迎えていたのかな?」と思います。

でもそう思うだけで、元カレに嫉妬するなんてことはありません。彼は女性のカラダのことのみならず、女性がオーガズムを迎えるメカニズムを知らないのだから。

なにはともあれ、気長に楽しく愛する彼とエッチしていれば、やがてオーガズムを迎えまくって、エッチが楽しくなる時が来ると信じておくといいです。ネットの俗説に惑わされないことです。

この記事どうだった?

10いいね!

0うーん…