恋愛がめんどくさいと感じている人の心理・特徴14選|克服する秘訣8選を紹介

恋愛がめんどくさいと感じる男女が増加傾向です。その多くは恋愛の素晴らしさを知らなかったり、過去のトラウマを引きずっています。

恋愛を楽しむにはめんどくさいと感じる心理や特徴を把握することが大切です。その上で有効な克服方法を実践することが不可欠だといえるでしょう。

恋愛がめんどくさい人とは

恋愛がめんどくさいと感じている人の心理・特徴14選|克服する秘訣8選を紹介恋愛とは本来楽しいものですが「めんどくさい」と感じている人もいます。楽しいことよりも、煩わしいことの方が多いと思っており、自らアピールすることはありません。

例えタイプの異性から告白されても、何かと理由をつけて断ってしまうのが恋愛をめんどくさいと感じている人です。それでは、なぜ恋愛がめんどくさいと感じている人が増えているのでしょうか。その心理や特徴を紹介します。

男女とも恋愛がめんどくさいと感じている人が増えている

恋愛がめんどくさいと感じている人は増加傾向にあるといえるでしょう。その多くは仕事や趣味、勉強などに集中したいことが、恋愛をめんどくさいと感じる理由だとしています。

もちろん間違いではありませんが、根本にはもっと多くの深い理由があるのではないでしょうか。例えば、過去の恋愛がトラウマとなっていることもあるでしょう。根本的な原因を追究しなければ、「めんどくさい」を克服できません。

恋愛がめんどくさいと感じている人の心理・特徴14選

恋愛がめんどくさいと感じている人の心理や特徴は、1つではありません。また、いくつかの心理や特徴が重なり合っていることもあります。

いずれにしても、恋愛に対して積極的になるには、めんどくさいと感じる心理や特徴をひとつひとつ洗い出すことが不可欠です。ここでは、そうした特徴や心理について解説します。

1:自由な時間を制限されるのが嫌だ

恋愛がめんどくさいと感じている人の心理・特徴14選|克服する秘訣8選を紹介最近の傾向として男女問わず、自分の時間を制限されるのが嫌だという人が増えています。異性とデートするよりも、自宅で心行くまでゲームや読書に没頭していたいと考えているのです。

また、仕事に没頭したい人も、仕事に当てる時間が制限されることから恋愛がめんどくさいと感じています。ある一定期間、仕事や趣味に没頭したいと考えるのは当たり前ですが、それがずっと続くようであれば何らかの対策が必要です。

2:嫉妬したりされたくない

嫉妬したりされたくないのも、恋愛を面倒だと考える人に働く心理の1つです。せっかくお付き合いを始めても、嫉妬されると楽しい時間が台無しになります。反対に嫉妬するのも精神的に大きな負担です。

つまり、恋愛をめんどうだと感じる人は楽しい部分よりも、苦しい部分ばかりが気になっているといえるでしょう。このように考える人は、過去の恋愛で嫉妬に悩まされた経験がある人が大半です。

3:実は恋愛をする経済的な余裕がない

特に男性に多いのが、恋愛をする経済的な余裕がないといった理由です。恋愛をすると経済的な負担は大きくなります。デートに出かければ食事代もかかりますし、交通費も少額ではありません。

女性の場合だと、デートに出かける際の服装やアクセサリーにもお金がかかります。特に非正規など不安定な雇用形態が増えている現状では、仕方のない実情だといえるでしょう。

4:好きな人にフラれたくない

恋愛に対して臆病な人は、好きな人にフラれたくないとの理由で、恋愛をめんどくさいと感じています。恋愛は必ずしも上手くいくとは限りません。だからこそ、人間的にも成長するといえるでしょう。

好きな人にフラれたくない人は、過去に大きな失恋を経験をした人も少なくありません。しかし、どこかで気持ちを切り替えないと、本当の幸せを逃してしまうこともあるので注意が必要です。

5:相手のわがままに付き合いたくない

恋愛がめんどくさいと感じている人の心理・特徴14選|克服する秘訣8選を紹介相手のわがままに付き合いたくないのも、恋愛がめんどうだと感じる理由の1つとなります。異性のわがままを「かわいい」と思える度量があれば問題ありませんが、現実には難しいものです。

基本的にわがままな人は「かまってもらいたい」といった願望が強い傾向にあります。どんな対応をしても、わがままは続くと考えるべきです。相手のわがままに付き合うくらいなら「一人でいたい」と感じるのは必然だといえます。

6:束縛されたくない

束縛されることを極端に嫌がる人は、恋愛がめんどうなだけでなく結婚願望も希薄です。時間やお金は自分のためだけに使うものだと考えており、生活のリズムを狂わされるのを嫌います。

恋愛をめんどくさいと感じている人は、束縛されることも嫌いますが束縛もしません。束縛どころか連絡もあまり取らないので、相手からすると「物足りない」と思われることもよくあります。

7:単純に異性にモテない

単純に異性にモテないことを理由に、恋愛をめんどくさいと感じている人もいます。こういった人は、決して恋愛をしたくないわけではありません。恋愛をしたい、モテたいと思っているのが本音です。

したがって、きっかけさえあればめんどくさいとは思わなくなります。モテないことを理由としている人は、なぜモテないのかを追求することが大切だといえるでしょう。

8:連絡を取ったりデートを重ねるのが億劫だ

恋愛そのものより、相手に連絡を取ったりデートを重ねたりすることをめんどうだと感じる人もいます。男女の関係が恋愛に発展するには、お互いを知るための期間が必要です。

連絡を取り合ったりデートを重ねたりといったプロセスは、より良い関係を作るには不可欠だといえます。恋愛上手な人は、このプロセスがワクワクするという人が大半です。

9:誰かに気を遣うのがめんどうだ

恋愛に限らず、より良い人間関係を構築するには「気遣い」が不可欠です。しかし、誰かに気を遣うのがめんどうだと感じる人は、恋愛に対してもめんどくさいと考えています。

とりわけ、最近ではネット上で様々なことが完結することから、人間関係を構築しなくとも生活できるといえるでしょう。そういった観点では現代人特有の考え方だともいえます。

10:同性の友達と遊ぶ方が楽しい

恋愛がめんどくさいと感じている人の心理・特徴14選|克服する秘訣8選を紹介単純に同性の友達と遊ぶ方が楽しいと感じている人は、恋愛をめんどくさいと感じがちです。同性の友達であれば、気を遣うこともなくリラックスできることが主な理由になります。

しかし、こういった人はあまり心配の必要はありません。周りの友達が恋人を作り出すと、必然的に羨ましいと感じるようになります。つまり、同性の友達と遊ぶ方が楽しいと感じている人は、一時的に恋愛をめんどくさいと感じているだけだといえるでしょう。

11:頻繁に連絡を取られたくない

特に男性の多くは、女性から頻繁に連絡を取られことを嫌います。連絡は1日に1回で良いと考えている人が大半です。何より頻繁に連絡を取られることで、自分の時間がなくなることが耐えられないといえるでしょう。

女性においても、彼氏から頻繁に連絡があると辟易します。相手からすれば好きな人の声を聞きたいだけですが、恋愛がめんどくさいと感じている人は鬱陶しいと感じてしまうのです。

12:理想の異性を探すのに疲れた

異性に対する理想が高すぎる人は、恋愛がめんどくさいと感じます。なかなか理想に叶った女性に出会えず、「疲れてしまった」のがその理由です。こういった人はプライドが高く、妥協することを知りません。

恋愛にはある程度の「妥協」が必要です。「妥協」という言葉はネガティブに捉われがちですが、そこから新たな魅力が見つかることの方が多いといえるでしょう。理想だけでは良い恋愛はできません。

13:恋をして感情が揺れるのが億劫だ

恋愛をすると様々な感情が生まれ、相手の言動に一喜一憂します。このことが日常生活に刺激を与え、メリハリが生まれるといえるでしょう。恋愛をめんどくさいと感じる人は、感情が揺れるのが億劫だと感じています。

心が揺れることなく、静かに暮らしたいと考えているのです。恋愛は心が揺れるばかりではなく、癒されるものでもあります。恋愛がめんどくさいと感じる人は、恋愛の良い面を経験したことがない人が大半だといえるでしょう。

14:「行動を起こす」ことがめんどうだ

恋愛よりも「行動を起こす」ことが、めんどくさいと感じる人も少なくありません。こういった人は何事に対しても、行動を起こすことを苦手としているので厄介です。

また、問題解決能力も低い場合が多く、人間としての魅力が感じられない人も少なくありません。恋愛だけではなく、行動を起こすことがめんどうだと感じている人は、自分の考え方を見直す必要があるといえるでしょう。

「恋愛がめんどくさい」を克服する秘訣8選

恋愛がめんどくさいと感じている人は、その理由を見極め、克服する方法を考えることが賢明です。恋愛をしなくとも、十分に生活することはできます。

しかし、少しでも恋愛に対して興味があるなら、克服する方法を模索してみましょう。ちょっとしたきっかけで、恋愛に対して積極的に行動することも可能です。ここでは、「恋愛がめんどくさい」と考える心理を克服する方法を紹介します。

1:「恋愛がめんどくさい」と思う理由を書き出す

恋愛がめんどくさいと感じる理由を書き出すと、克服方法が明確になります。恋愛がめんどくさいと感じる理由は1つだけとは限りません。複数の理由が混在しているため、混乱している人が多いのが実情です。

理由を紙などに書き出すことによって、頭の中を整理することが可能となりスッキリします。また、書き出すことによって効果的な克服方法が見出せることも大きなメリットだといえるでしょう。

2:過去の恋愛を振り返る

過去の恋愛を振り返ることは辛いことですが、とても有効な克服方法でもあります。特に辛い恋愛を経験したことで、めんどくさいと感じている人には酷な方法です。

しかし、過去の恋愛を乗り越えることができなければ、新しい恋愛に踏み出すことはできません。勇気を持って過去を振り返ることで、自分に何が足りなかったのかに気づかされることもあります。

3:心の調子を整える

心の調子を整えることも次の恋愛に踏み出すには有効です。心が疲れていると余裕がなくなり、恋愛がめんどくさいと思ってしまいます。また、恋愛だけでなく様々な面で悪影響を及ぼしがちです。

人付き合いに疲れたり、ストレスを感じたりしているなら十分な休養・充電期間を設けましょう。心の調子が整えば、恋愛を諦めることなくポジティブに行動できるようになります。

4:自然体で過ごす

恋愛がめんどくさいと感じている人の心理・特徴14選|克服する秘訣8選を紹介自然体で過ごすことも、めんどくさいと思ってしまう人への対処法となります。恋愛に対して期待が大きかったり、駆け引きばかりしてきた人が、恋愛はめんどくさいと感じるのは自然なことです。

過度な期待や駆け引きなどしないで、自然に過ごせば自ずと恋愛に対する意欲も湧いてくるでしょう。言い換えれば、自然体でいることこそ、恋愛に対して前向きになれる近道だといえます。

5:まず異性の友達を作る

恋愛がめんどくさいと感じる人は、まず異性の友達を作ることを心がけましょう。特に恋愛に対して臆病な人や、過去の恋愛に対するトラウマが残っている人には有効です。

異性の友達を作ることで、異性に対して気負うこともなくなります。まずは自然に話せるようになることを心がけましょう、異性に対する気負いがなくなれば、自然に恋愛に対する心構えも変わってきます。

6:価値観や性格の合う相手を探す

価値観や性格の合う相手を探すことも、恋愛に対してポジティブになれる方法だといえます。「結婚したい」にもかかわらず、婚活が上手くいかない人や恋愛が長続きしない人におすすめです。

年齢を重ねると、ルックスよりも価値観や性格の合う相手が心地よく感じるようになります。社会人と大学生や高校生の恋愛では、明らかに恋愛のスタイルが変わるのが一般的です。少し異性に対する見方を変えれば、恋愛に対する意欲も湧いてくるでしょう。

7:自分磨きに励んで自信をつける

モテないことを理由にしている人は、自分磨きに励んで自信をつけましょう。恋愛はしたくともモテないことを言い訳にしている人は、悶々と過ごすより、モテる自分になる努力をする方が賢明です。

モテない人の多くは自信がなく消極的だといえます。消極的なままでは現状を打破することはできません。モテる人の多くは自分磨きを怠っていないことを理解し、行動することが大切だといえます。

8:恋愛のメリットに目を向ける

改めて恋愛のメリットに目を向けると、これまでに気づかなかったことに気づかされることも少なくありません。恋愛をすると辛いこともありますが、その何倍も良いことがあります。

相手を想うことで心がドキドキしたり、会うことで心が充たされることは大きなメリットです。恋愛がめんどくさいと感じる人は、初歩的な気持ちを忘れていることも少なくありません。中学生の気分に戻って、恋愛のメリットを一から考えてみましょう。

恋愛がめんどくさいと思う心理・特徴を把握して克服しましょう

若者を中心に恋愛がめんどくさいと思う男女が増えています。しかし、恋愛がめんどくさいと思う心理や特徴を把握すれば、克服することは簡単です。

恋愛がめんどくさいと思う人の多くは、恋愛の素晴らしさを知らなかったり、過去の痛手から抜け出せなかったりする人です。様々な要因が絡み合っている場合も少なくありません。したがって、その心理や特徴をしっかりと把握し、有効な方法で克服して恋愛を楽しみましょう。

美佳の他の記事を読む