「勘違いオフィスカジュアル」のNGアイテム5つ。

業界によって業務中の服装は変わりますが、「オフィスカジュアル」として私服OKの職場は多いはず。ですが、カジュアルすぎて「コレはちょっと……」というものもあるようです。男性社員もドン引きのやりすぎファッションとは、どんなものなんでしょうか?

1:オフショル

職場では、基本的に露出が多いファッションはNGです。流行っているから、可愛いからといっても、仕事中に大胆な肩見せをするのは常識がないといえます。

「ストラップがついたデザインなら、肩を見せすぎないはず……」なんて思って着ていったら、みんなから白い目で見られることに。ちょいセクシーで気になる男性をドキドキさせようと思うのは、アプローチの方向性を間違えているでしょう。

「勘違いオフィスカジュアル」のNGアイテム5つ。

2:ワイドスリーブ

この秋冬は大注目のワイド袖。ニットやざっくり編みのセーターは、体型が華奢に見えやすい為女子にはありがたいですよね。

でも、職場に着ていけば「袖邪魔でしょ」「仕事しづらくない?」と思われてしまうはず。手をよく使う業務に就くなら特に、やる気がないのかと首を傾げられるでしょう。

オフィスカジュアルとは、仕事に支障がないキチンとした服装のこと。手を使った作業がしづらいワイドスリーブは、感覚がズレていると見られてしまいます。

3:マキシ丈ワンピース・スカート

色や柄がどんなものであれ、足首まで覆うマキシ丈は、カジュアルな印象が強すぎるといえます。総柄のワンピースなら、「リゾートにでも来たのか?」と苦笑いされてしまいますし、黒やネイビーといった暗めカラーにスニーカーを合わせれば、「部屋着?」「近所に買い物にでも行くつもり?」と思われるはず。

業務中にあちこち歩き回ることが多い仕事では、やっぱり不適切なファッションですし、デスクワークがメインだとしても、社会性がないと見られやすいでしょう。露出多めはNGですが、足を隠しすぎるのも微妙なところ。スカートなら、ひざ下あるいはミモレ丈がちょうど良いようです。

「勘違いオフィスカジュアル」のNGアイテム5つ。

4:大ぶりの揺れるピアス

デートをするなら揺れアイテムは鉄板かもしれません。でも、職場に大ぶりの揺れるピアス(イヤリング)をつけていくのは、「勘違いしてる」と思われるはず。

OKとされるのはアパレル業界や美容院など、オシャレをすることが仕事の一部になる業界だけでしょう。お役所、教育・保育、金融など、堅めの業界ではNGアイテムに見なされてしまいます。

片思いの男性にアピールするつもりが、「常識がない」と逆に嫌われる原因になるかも!?

5:デニム素材

程度にもよりますが、デニム素材をNGとする職場は少なくありません。当然、ジーンズは受け入れられないことが多いですし、トップスでもデニム生地のシャツはカジュアルすぎると敬遠される場合があります。

ましてやダメージ加工の入ったジーンズやスカートは、どんな有名ブランドのものでもドン引きアイテム。「会社に何しに来たの?」と呆れられてしまうでしょう。

男性社員にオシャレでセンスがあることをアピールするつもりが、「社会性がない、痛い人」のレッテルを貼られるはずです。

「勘違いオフィスカジュアル」のNGアイテム5つ。

「オフィスカジュアル」ってそもそも何?

オフィスカジュアルとは、スーツとまではいかないけれどキチンと感のある服装をいいます。「カジュアル」とついてはいますが、ビジネス感が強いファッションと思った方が良いかもしれません。ジャケットや襟付きシャツ、タックやセンタープレスの入ったパンツ、つま先を見せない低めヒールのパンプスなど、普段着がかなりカジュアルな人からすれば、「堅い!」と感じるものが適当とされているのです。

ただ、フランクなムードのIT企業だとか、重いものを持ったり走ったりと身体を動かす機会が多い職種などは、ジーンズやスニーカーを許している場合もあります。自分が勤める職場のムード、同僚たちの傾向を見ながら、変に浮かないファッションにまとめることが大事でしょう。

 

沙木貴咲の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…