インスタ映えするフォトジェニックスポット、知ってる?

『インスタ映え』という言葉が流行して久しいですが、いまだ「フォトジェニック」が女の子たちの心をつかんで離しませんね。

最近は、写真に撮られることをあらかじめ意識したフォトジェニックスポットも増えてきました。でも、なぜか毎回写真の仕上がりがいまいち……とお悩みだったりしませんか?

当記事では、いつもの写真をぐっとおしゃれにするテクニックをご紹介♡ ほとんどが特別な道具を使わずにできる方法なので、ぜひ試してみてくださいね。また、パシャパシャ撮るだけでインスタ映え間違いなしの、フォトジェニックスポットも紹介します!

おしゃれ度アップ♪ フォトジェニック感溢れる写真の撮り方

素敵なフォトジェニックスポットへ行っても、肝心の写真の撮り方がいまいちではガッカリ。簡単におしゃれな写真が撮れちゃうコツを覚えておくと便利ですよ♪

フォトインフォト

フォトインフォトという手法を知っていますか? その名の通り、フォト(写真)の中にもう一つの写真を入れて撮影するやり方です。スマホのカメラ機能を使えば手軽にできちゃいますよ♪

やり方は簡単! まずスマホカメラを被写体に向けて、画面に撮りたいものや人が映るようにします。その状態で、別のカメラで後ろから撮影するんです。

すると、カメラで撮った写真には、リアルな被写体と、スマホの画面に映っている被写体の2つが写し出されますよね。これが一番手軽なフォトインフォト。

もしチェキがあれば、また違った方法が試せます。まずチェキで写真を撮り、その写真を入れて再び撮影するんです。こちらの方がよりリアルなフォトインフォトだと言えますね!
インスタ映えするフォトジェニックスポット、知ってる?

カメラから視線を外し、ナチュラルな雰囲気に

筆者はカメラを向けられると、ついばっちり視線を合わせてピースサインまでしたくなるのですが、これはフォトジェニックとは言えないのでNG。

おしゃれに写るコツは、あえて視線を外すこと。ななめ上を見上げてみたり、うつむいてみたり、後ろ姿だったりと、バリエーションさまざまにとにかくカメラ目線じゃない姿を撮る! これだけです。

やってみると案外恥ずかしいのがネックですが、羞恥心に負けていてはフォトジェニックな写真なんか撮れません。頑張って!

ポーズはオーバーに!

ビーチでジャンプしてみたり、満面の笑顔を浮かべたり、手を振る仕草をしてみたり。どんなポーズでも、ちょっと大げさなくらいのオーバーリアクションがコツです。

自分では十分オーバーにやっているつもりでも、写真になると「なんかショボい……」と感じること、ありませんか? なので、ちょっとやりすぎ? ってくらい大きくポーズを取るのが正解。

フォトジェニックな写真を目指すならなおさらです! おしゃれに見えるポーズを、夜な夜な鏡の前で練習してみて♪

なるべく天気の良い日に撮るのが◎

写真をきれいに撮るには、光をコントロールするのが基本です。逆光だったり、暗い場所ではきれいに撮れませんよね? きれいな色はやっぱり自然光の下が一番。なるべく天気の良い日を狙って撮影を。

ただ、日差しが強すぎると今度は色が飛んで白くなってしまうので、ほどよい光加減が大切ですよ。
インスタ映えするフォトジェニックスポット、知ってる?

インスタ映えばっちり♡ フォトジェニックなスポットをピックアップ!

チームラボ ボーダレスお台場

チームラボ ボーダレスは、森ビルとチームラボが共同で運営するデジタルアートミュージアム。「ランプの森」や光と鏡が連動した「Wander through the Crystal World」など、都心のフォトジェニックスポットとしてInstagramでも人気が高くおすすめです。

KAWAII MONSTER CAFE HARAJUKU(カワイイ モンスター カフェ ハラジュク)

きゃりーぱみゅぱみゅさんの演出などを担当する、セバスチャン増田氏がプロデュースしたカフェ。かわいいとカラフル、そしてちょっぴり刺激的な魅力を併せ持つ、不思議な空間です。

独特のメニューや装飾はフォトジェニックのためにある存在といっても過言ではないでしょう!
インスタ映えするフォトジェニックスポット、知ってる?

フォトジェニックな写真が撮れると、どんどん楽しくなる♡

ちょっとの工夫で、あなたの写真もぐっとおしゃれに♡ フォトジェニックな写真を撮るためのワンポイントアドバイスをお送りしました。

簡単そうに見えても、やってみると意外と難しかったりするので、実際の撮影前に練習しておくといいかも♪

きれいな写真が撮れると嬉しくて、もっとたくさん写真が撮りたくなりますよね。ぜひいろいろなフォトジェニックスポットへ出かけて、素敵な写真を撮りまくってください♡

七尾なおの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…