健康的な生活を送るためのヒント☆睡眠・運動・食事編

最近、疲れていませんか? 疲れがたまっている、夜なかなか寝付けない、朝すっきり起きられない、お肌の調子がいまいち……などなど、健康的な生活を送れていないと、さまざまな不調が体を襲います。

でも、いざ「健康的な生活を!」と思っても、何から始めたらいいのかわからないのが本音では? そこで今回は、睡眠・運動・食事の3項目についてそれぞれ、おすすめの生活改善方法をご紹介します!

健康的な生活を送るために、質のよい睡眠を取る

健康的な生活の基となるのが睡眠です。睡眠が大切だとはわかっていながらも、つい夜更かしをしたり、仕事で帰りが遅くなってしまったりと、十分な睡眠を取るのが難しかったりしますよね。限られた時間で、できるだけ質の良い睡眠を取るための方法をピックアップしました。

睡眠管理アプリを利用する

さまざまな健康管理アプリがありますが、睡眠を管理してくれるアプリも存在します。筆者が実際に利用しているのは「Sleep Cycle(スリープサイクル)」というアプリ。

これは、眠っている間枕元に置いておくと、睡眠の波長をグラフ化して表してくれるというもの。また、アラームを設定すると、眠りが浅いタイミングを狙ってアラーム音が鳴るので、比較的すっきりと目覚められますよ。

プレミアム登録をするとさらに細かい睡眠統計が見られたり、いびきをかいていればその録音を聞くこともできます(ちょっと怖いですが……)。

自分が深く眠れているかどうか客観的に判断する材料となるので、見ていて楽しいし、睡眠について考えるきっかけになります。

寝具をかえる

人間は人生の3分の1を「睡眠」で過ごすと言われています。と聞くと、いかに心身にとって睡眠が大切なのか、わかるような気がしますよね。

そんな大切な睡眠時間を、どんな装備で過ごしていますか? 高すぎて首が痛くなる枕や、体が沈みすぎて寝返りも打てないようなマットレスでは、質の良い睡眠は取れません。

一般的な商品と比べると価格はかなり高くなりますが、オーダーメイドや腰痛や肩こりに良いと評判の高い寝具などを試してみるのも1つの手です。

寝る前にスマホやパソコンを見ない

スマホやパソコンの画面は明るいので、見続けていると体がリラックスモードになれません。ベッドの中で眠れず、ついスマホをいじってしまう……筆者にも経験がありますが、これ実は、ますます眠れなくなるNG行為なんです。

日本経済新聞のコラムによると、寝る2時間前にはスマホ断ちするのがよいそう。その時間になったら部屋の照明を暗くして、リラックス効果のあるあたたかいハーブティーなんかを飲んでゆったり過ごす……なんて、ゆとりある暮らしができれば素敵ですね。

健康的な生活を送るためのヒント☆睡眠・運動・食事編

<参考元>
眠り方改革で能率アップ 寝る前2時間スマホ断ち|日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26420160R00C18A2905S00/

健康的な生活を送るために、運動する

日常的に運動をしていますか? 健康的な生活を送るには、適度な運動が欠かせません。ジム通いや、好きな音楽を聞きながらのジョギングなど、自分が無理なく続けられそうなものを何か1つ始めてみましょう。

これまでまったく運動をしてこなかった、筋金入りの運動不足さんは、家の中で手軽にできるエクササイズもおすすめです。ダンスエクササイズのDVDや、動画サイトで配信されているトレーニング動画などを見ながら、自分のペースで運動を始めてみませんか?

自宅でできる運動は、天候にも左右されないのが嬉しいポイントです。

健康的な生活を送るためのヒント☆睡眠・運動・食事編

健康的な生活を送るために、食事内容を改善する

食事は、毎食バランスよく栄養を取り入れるのがベストです。が、現実的にはちょっと難しいですよね。そこで、以下のポイントを重点的に意識してみてください。

・朝食は食べる
・主食、メイン、副菜を中心に献立を考える
・足りない栄養素はサプリメントで補う

もちろん、毎食こうしなきゃ! とプレッシャーを感じなくても大丈夫。まずはできることから始めてみましょう。

これまで朝食を抜いていたら、あたたかいスープだけでも飲んで出かけるとか、気が向いたときだけサラダを一品加えてみるとか。サプリメントはメインではなく、あくまで栄養を補うサブ的な役割だと心得て。

健康的な生活を送るためのヒント☆睡眠・運動・食事編

完璧じゃなくてOK! まずはできることから始めよう

健康的な生活を送るには、睡眠・運動・食事が欠かせない3要素です。まずは紹介した対策の中から、どれでもいいのでできそうなものを普段の生活に取り入れてみてください。

すべてを完璧にやろうとしなくて大丈夫。過度なプレッシャーは自分を追い詰め、ストレスが溜まってしまいます。あくまで楽しみながらできる範囲で、ちょっとだけいい生活、始めましょ!

七尾なおの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…