みんなどうしてる? 男性からの下ネタLINE・メール

LINEやメール、もしくはSNSへの投稿など文章で見せる表情と、直接顔を合わせている時の表情が全く違う男性が存在します。ここでは、「直接顔を合わせている時は素敵な男性なのに、文章が残念」なタイプについて考えてみましょう。

みんなどうしてる? 男性からの下ネタLINE・メール

■LINE・メール時代の昨今、男性は以下4タイプに分類される
直接顔を合わせている時も、LINE・メールでのやりとりも素敵な男性(タイプA)はノープロブレムです。逆に、直接顔を合わせている時も、LINE・メールでのやりとりも残念な男性(タイプB)は、相手にしなければ良いだけのこと。直接顔を合わせている時は残念なタイプだけど、LINE・メールでのやりとりは素敵な男性(タイプC)も、どちらかといえば「相手にしないカテゴリ」に分類されます。

難しいのは、冒頭でも述べたとおり、直接顔を合わせている時は素敵なのに、LINE・メールでのやりとりが残念な男性(タイプD)です。

■残念すぎる下ネタメール
続いて、「残念」の具体的内容に関して。言葉遣いが幼稚だったり絵文字や顔文字のセンスがイマイチだったり色々ありますが、その程度は許容範囲。

多くの女性が「ご勘弁を!」と敬遠するのは、LINE・メールでの下ネタです。筆者自身も、素敵だなぁと憧れていた高学歴・高収入イケメン男性から、「エッチな画像を送ってよ」という内容のメールで、いっきに恋心がトーンダウンした経験があります。

■事前宣告はドン引き
筆者とて、いい歳した大人ですから、直接顔を合わせている時にエッチな雰囲気になり、その流れでセックスという運びとなり、その一環として遊び心で「エッチな画像」を撮るのはアリだと思っています。

しかし、直接顔を合わせる前にLINE・メールで事前告知されると興醒めしてしまうんですよね。女性は雰囲気を重視する性分ですから、おそらくほとんどの女性は、事前の下ネタLINE・メールをタブー視するでしょう。

■下ネタLINE・メールは深読みすべからず
ところで、男性側はどういった意図で下ネタLINE・メールを送ってくるのでしょうか? 「さすがに本命女性には送らないであろう。ということは、下ネタが送られてきている時点で脈ナシってことか?」と思っていましたが、それは勘繰り過ぎのようです。

下ネタLINE・メールを送る男性たちは、なーんにも考えていないことがほとんど。そういえば小学生の頃、男子って「オチン○ン」とか「ウ○コ」などの単語を意味なく発してはゲラゲラ笑い転げていましたね。あの頃の感覚とほとんど同じなのでしょう。

■マジレスは×
肝心なのは、下ネタLINE・メールの対処法です。あれこれ試した結果、もっともいけないのが「マジレス」でした。「そういう内容送るって、女性に対してものすごく失礼だよ。私に限らず、誰だって怒ると思うよ」とマジレスしたところ、二度と連絡が来ることはなかったです。おそらく、自尊心が傷ついたのでしょう。筆者とて、こっちからお断りなくらいの気持ちでしたから、未練はありませんでしたが。

しかし、自分にとって逃したくない男性の場合は、下ネタLINE・メールを上手にかわすテクニックが必要となります。

なお、「無視する」も有効ではありませんでした。筆者としては、「返信しない=あなたの下ネタに引いているという意味ですよ。お察しくださいね」というサインなのですが、男性は女性ほど共感能力が高くないので、察するのが苦手なようです。

かと言って、ノリノリで返すのも不本意! マジレスもダメ、無視もダメ、ノリノリもダメ……もう、どうしていいかわからないですね。はい、それです。その本心をそのまま伝えましょう。「何て返していいかわからないよ」に、困惑した表情の顔文字をつけるのがベター。

男性側は、なーんにも考えていないのでしょうから、こちら側も考え過ぎず、そのまま「返答に悩む」旨を伝えるのがシンプルイズベストです。
(菊池 美佳子)

この記事どうだった?

9いいね!

24うーん…