恋愛は“女性から誘う3段活用”こそがベタだけど、いつの世も最強!

オーソドックスって、いいですよね。昔から使い古されてきた手段で新鮮味こそないものの、それでも未だに重宝されているわけですから、手堅いというか無難というか、とにかく物事に挑戦する上で失敗しにくいという意味では、オーソドックスって、最強です。

恋愛においても、オーソドックスが効果を発揮する場面は無数にありますが、特に女性が能動的に恋愛をしたいなら、オーソドックスに「女性から誘う」ことをオススメします。

恋愛って、勢いです。率直に言えば、どうせ付き合っても結婚までは結びつかないことがほとんどなわけですから、どうせいつかは破局する儚い関係だと認識してしまえば、ガンガン攻めることもそう恐ろしくもないわけですね。この境地にさえ辿り着けば、女性から誘うことで恋愛がいかに捗るかが分かるようになります。

今回は、昔から変わらずに効果的とされる、女性から誘う3つのポイントの有用性について紹介していきましょう。

女性から誘う飲み会の、男性の心拍数アップ率は異常

恋愛って、昔から男性が能動的に取り組むケースの方が多いですよね。女性も肉食系ならそういう人もいますけど、やっぱり現在も奥手な女性だらけです。ですので男性も、恋愛は攻め入るものであると、知らず知らずのうちに認識をしているわけですが、この常識がうっかり破られると、それだけで男性は「あれ? こんなときめき久しぶりだ」と感じるようになってしまうもの。

つまり、女性から遊びのお誘いなんかを持ちかけられるだけで、妙にワクワクしてしまうわけですね。例えば、普段は自分たちが率先して計画している飲み会。これを女性の方から提示してもらった場合、男性は一気に心拍数がアップし「何か良い思いが出来るかもしれない」と期待してしまうわけです。

非常にシンプルでベタな話なのですが、女性から誘うというアクションは、男女の関係を促進させる上でもかなり有効であると考えておくべきでしょう。

恋愛は“女性から誘う3段活用”こそがベタだけど、いつの世も最強!

女性から誘うデートの、男性の「あわよくば」期待度は異常

また、男性はデートのお誘いを、基本的にはオファーする側です。これも女性の方から仕掛けると、それだけで男性は普段自分たちがやっているオーソドックスなアタックと同じことをされているだけなのに、えらく新鮮味を感じてしまいます。

やってることを、そのままやってあげるだけでいいわけです。これだけで男性は「あらやだ、新鮮な気持ちになったじゃないの」とアガってしまうわけですね。実に単純ながら、効果的なやり方です。

しかもそのデートの時間帯が夜だったら、男性の多くが小躍りしてしまうこと請け合い。なんだかんだ私たち男性は、初めてのデートをしている時から、相手とセックスしたくて堪らないわけですから、舞台が夜というだけで、テンションにブーストが掛かってきます。

恋愛は“女性から誘う3段活用”こそがベタだけど、いつの世も最強!

女性から誘うベッドの、男性の興奮度は異常

女性から誘う三段活用のラストは、当然ベッドについてのお話になります。これって、たとえ付き合って日が長いカップルの場合でも、男性は相手から「エッチしよう」と言われると一瞬嬉しくなってしまうものです(関係が冷めてさえいなければ)。

男性は狩猟本能を持っていますし、その上で子孫を残そうという遺伝子にも支配されています。だからこそ自分からグイグイ行くわけですが、その勢いを見せる前に相手から同じ趣旨のことを言われてしまうと、割と新鮮な驚きを得るわけですね。

そして驚きは期待に変わり、期待は興奮へと昇華するのです。ついでに扇情的な勝負下着でも用意していれば、勝負はもうこっちのもんです!

恋愛は“女性から誘う3段活用”こそがベタだけど、いつの世も最強!

終わりに

恋愛って、男性から誘うことがマストになっていますよね。でもそれと全く同じことを女性がするだけでも、なんだか一風変わって見えるようになるんです。女性から誘う、恋愛にまつわるアレコレって、インパクトは結構大きいものですよ。しかもその手法にしたって、大昔から男性がオーソドックスに実践していたものをそのまま真似するだけで良いので、コスパも悪くありません。

「私ってそんなにモテないはずがないのに、何か恋愛に関するチャンスが乏しいなあ」と思ったら、この三段活用で落としに掛かってみてはいかがでしょうか?

松本 ミゾレの他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

2うーん…