男性が毛深い女性とのベッドインで感じている本音って?

女性の肌は、男性に比べてスベスベでムダ毛も少ないものです。たまに女性顔負けに肌が綺麗な男性もいますが、9割9分は女性の方が肌が美しく保たれています。

しかし、体質によっては女性であっても、少々ムダ毛が濃く目立っていることもありますよね。こういう場合は脱毛サロンに通ったり、自宅で処理したりするなどすればいいわけですが、ここで基本に立ち返りましょう。

男性って、そもそも毛深い女性についてどう思っているのでしょうか。実はこの点については、毛深いことが必ずしもデメリットとも言い切れないのです。

今回は、毛深い女性に対して男性が感じている本音について、実例を紹介していきたいと思います。

男性が毛深い女性とのベッドインで感じている本音って?

男性は毛深い女性に興奮する!?

毛深いことを気にしている女性も大勢いるとは思います。特に夏場は露出も増えるので周囲の目も気になり、ムダ毛処理に躍起になることも多いはずです。確かに多くの男性は街中ですとか、電車の中などでムダ毛処理が雑な女性に対しては「あれ?」という視線を送ってしまうことも珍しくありません。

ただ、これは多くの男性が賛同するところなのですが、あくまでもムダ毛をしっかり処理していてほしい部位って、腕や足、それから脇ぐらいのものだったりするんですよね。逆に言えばそれ以外の部位について、ぶっちゃけ関心が低いということが言えるでしょう。

それどころか場合によっては、「ここの毛が処理されてないのが興奮する」と感じてしまう部位もあるわけです。例えば筆者の場合、アンダーヘアが未処理の方がなんか「最初はそんな気はなかったのにベッドを共にしてくれたのか」とか思えて興奮しますし、ある知人男性は「うなじから背中のムダ毛が手付かずの女の子は、なんかウブな感じがして逆に燃える」と話していたこともあります。

こういう話って、なかなか男性から女性に対して伝わることがないんですけども、このように実際には、毛深いことが=欠点とも限らないというのが実情という側面もあるわけですね。

男性が毛深い女性とのベッドインで感じている本音って?

脇の処理が甘い女性とのセックスが燃える理由

この手の話をする上で避けて通れないのが、脇の処理が甘い女性とのセックスで燃えてしまう男性たちの存在について、です。

上記の通りに男性の中には、元々人より毛深いワキ毛の処理が不完全な女性とのセックス中に、わざとそのことを指摘してから脇攻めをしたがる変態チックなタイプもいます。こういう男性はSっ気もあるんでしょうけど、何より相手の羞恥心を引き立たせる目的でそういう言葉責めをすること自体に興奮をしているタイプと言ってもいいかもしれません。

つまり彼らにとっては、毛深い脇の処理の甘さはマイナス要素ではなく、大いに興奮する為のプラスの要素ということになります。

そしてそういう男性って結構少なくありません。巷には、そんな男性向けのフェチAVなんかもあるんですが、売上を見ると常に一定のラインは突破しています。

少ないながらも、脇の未処理に興奮する男性は確実にいるということの証でしょう。もしあなたの彼氏やセフレに、ちょっと変態の気配を感じたら、あえての未処理で挑んでみるのも悪くないかもしれません。

男性が毛深い女性とのベッドインで感じている本音って?

終わりに

毛深いというのはウィークポイントではなく、個性です。確かに男性に限って言えば、度が過ぎるレベルで毛深い男性はドン引きされます。

男性が毛深い女性とのベッドインで感じている本音って?

一方で女性の毛深さは、状況によってはこの上ない武器になります。全身スベスベツルツルの女性の方がウケがいいのは間違いないのですが、毛深い女性には毛深いなりの利点があり、特に性的な意味で男性への訴求力が高いということは、覚えておくべきポイントではないでしょうか。

この記事どうだった?

7いいね!

1うーん…