頭の回転が速い人に共通する5つの特徴とは?

「この人頭の回転が速いなぁ」と舌を巻いてしまう時ってありますよね。とめどなく溢れ出すアイディアや適格に的を射た発言。更にはユーモア溢れる発言まで繰り出してくる始末。ついつい、頭の回転が早い人の頭の中を覗いてみたくなる気持ちになります。

さて、そんな頭の回転が速い人はどんな特徴を持っているのでしょうか。今日は「頭の回転が速い人の特徴」をご紹介。皆さんは頭の回転は速い方ですか?

頭の回転が速い人に共通する5つの特徴とは?

1:知識の引き出しが豊富&話題が豊富

頭の回転が速い人は生まれつきそうなのかと言えば、それは少し怪しいところ。確かに頭の中で情報を処理する力やひらめき力が高いのは事実でしょうが、それと同じように「知識の引き出しが豊富」でもあるのです。実際「この人、頭の回転が速いなぁ」と感じる人を思い返してみると、その知識や話題の豊富さに驚かされた経験もあるはずです。「この話題はマニアックだから知らないだろうなぁ~」という話題であっても、頭の回転が速い人って案外知っていたりしますもんね。

頭の回転が速い人に共通する5つの特徴とは?

2:話をまとめるのが上手い&例え話が上手い

頭の回転が速い人と喋っていると「それってつまり○○ってことかな。もしくは○○みたいな感じ?」的な質問をされた経験ってありませんか? こちら側が喋った内容を簡潔にまとめて伝えてくる、あの感じです。まさにこれも頭の回転が速い人の特徴の一つ。

相手から聞いた話をインプットして、頭の中で自分が理解しやすい話に組み替えて、相手にアウトプットして理解内容が正しいのかどうかを問うているのです。しかもそれを一瞬のうちに済ませてしまうあたりがすごい。

頭の回転が速い人に共通する5つの特徴とは?

3:相手の言いたいことを汲み取る力が高い

自分の感情や伝えるべき情報を、正確に相手に伝えるのは難しいものです。文章なら箇条書きなんて方法もありますが、これが口頭となると話は別。一体何から喋っていいのか、どんな順番で相手に伝えれば理解しやすいのか。話しているうちに自分の伝えたいことからドンドン離れてしまうというなんてのはよくある話だと思います。

しかしながら頭の回転が速い人は、何を伝えたいのか分からない話の中から、本当に伝えたいことを汲み取る力があるのです。そして相手が本当に伝えたかったことに対し、的確に答えを出すこともできるのです。

4:話の展開が早い&話題が飛ぶ

頭の回転が速い人と話していると「あれ、今の話題ってもう終わったの?」なんて感じで置いてきぼり感を味わうことってありませんか? さっきまでAについて話をしていたのに、いつのまにかCについての話に飛んでいる感じ。会話というのは「Aという話題あって、Bという繋ぎの話題があって、Cの話題に飛ぶ」という流れがありますが、頭の回転が速い人はAの話題を話している時にはもうすでにCの話題について考えていたりするのです。だから頭の回転が速い人との会話は、時々ズレみたいなのが発生してしまうのです。

頭の回転が速い人に共通する5つの特徴とは?

5:ユーモアを混ぜて話ができる

会話の最中にユーモアを言うのにも頭の回転の速さが必要です。それは決してお笑い芸人の一発ギャグや流行りのギャグを会話の途中に挟むというわけではなく、話題の延長線上にあるユーモアであるのです。

また、会話をテンポ良く進めるのに「笑い」を挟むというのは非常に有効であったりします。そしてその技術は頭の回転の速さなしに語ることは出来ないのです。

まとめ:頭の回転は鍛えれば速くなる!

さて今回は、「頭の回転が速い人に共通する5つの特徴とは?」というお話でした。

特徴としては、
「知識の引き出しが豊富&話題が豊富」
「話をまとめるのが上手い&例え話が上手い」
「相手の言いたいことを汲み取る力が高い」
「話の展開が早い&話題が飛ぶ」
「ユーモアを混ぜて話ができる」

以上5つ。頭の回転が速い人になりたいのなら今回紹介した特徴を真似してみるのもいいですね。仕事の効率を上げたり、友人との会話を更に盛り上げることができるようになるかもしれませんよ。

この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…