頭の回転の速い人の15の特徴|速くする方法や診断ポイントも解説

ここでは、頭の回転の速い人に共通する15の特徴や、診断ポイントについて紹介していきます。

自分が頭の回転が速いかどうかを知りたい方や、頭の回転が速い人を目指したい方はぜひご覧ください。この記事で理想の頭の回転の速い人に近づければ幸いです。

頭の回転とは

頭の回転が速いとは、具体的にどのようなことをいうのでしょうか。

ここで取り上げる「頭の回転が速い」とは、学力や学歴が高くテストで高得点がとれる人のことではなく、日常生活を送るうえで仕事を効率的にこなし、対人関係も円滑で、公私共に楽しく生活できている人のことを指します。

頭の回転が速いメリット

頭の回転が速い人は、同じ話でも話が面白く、早口でも分かりやすく説明でき、どんな話題にもついていけるなどのメリットがあります。

頭の回転が速くない人は言葉につまり会話ができない場面などがありますが、頭の回転が速いとユーモアたっぷりに話せて余裕を見せることも可能です。

頭の回転の速い人の15の特徴

「この人頭の回転が速いなぁ」と感心することがあるのではないでしょうか。とめどなく溢れ出すアイデアや的を射る発言を聞けば、ついつい、頭の回転が早い人の頭の中を覗いてみたくなってしまうでしょう。

頭の回転が速い人はどのような特徴を持っているのでしょうか。ここからは「頭の回転が速い人の15の特徴」を紹介します。

1:会話の応対の歯切れが良い

「それってつまり○○ってことでしょうか。もしくは○○みたいな感じですか」というような質問をされた経験がある人も多いでしょう。こちら側が喋った内容を簡潔にまとめて伝えられる人は、頭の回転が速い人だと言えます。

相手から聞いた話をインプットし、頭の中で自分が理解しやすい話に組み替え、相手にアウトプットして理解した内容が正しいのかどうかを自分で確認しているのです。

頭の回転が速い人は、その作業を一瞬のうちにやってのけるという才能がある場合があります。

2:知識が豊富である

頭の回転の速い人の15の特徴|速くする方法や診断ポイントも解説頭の回転が速い人は、生まれつきその能力が備わっているのでしょうか。

確かに頭の中で情報を処理する力やひらめき力が高いのは事実です。それと同様に、頭の回転が速い人は「知識の引き出しが豊富」でもあります。

実際に思い返してみると、その知識や話題の豊富さに驚かされた経験もあるのではないでしょうか。「この話題はマニアックなので知らないだろうな」という話題でも、頭の回転が速い人は意外と知っていることがあります。

3:時々ズレが発生することがある

頭の回転が速い人と話していると「あれ、今の話題はもう終わったのかな」と置いてけぼりをくらうこともあるでしょう。

基本的に会話とは「Aという話題あって、Bという繋ぎの話題があって、Cの話題に飛ぶ」という流れですが、頭の回転が速い人はAの話題を話している時には、すでにCの話題について考えていることもあります。

そのような理由で、頭の回転が速い人との会話は話の展開の早いことが多く、時々ズレが生じてしまうのです。

4:相手の言いたいことを汲み取る力が高い

自分の感情や伝えるべき情報を、正確に相手に伝えるのは難しいものです。話しているうちに自分の伝えたいことから離れてしまい、戻すのに苦労するのはよくある話です。

しかしながら、頭の回転が速い人は、何を伝えたいのか分からない話の中から、本当に伝えたいことを知る理解力と想像力があります。また、それを汲み取る才能があります。

そして相手が本当に伝えたかったことに対し、的確に答えを出すことができます。

5:想定外の事態にも柔軟に対応できる

想定外のトラブルが起こったとき、多くの人は慌てるのではないでしょうか。

普通は「何からしたらいいのか分からない」「どうしよう」とパニックになってしまいます。頭の回転の速い人は、すぐに「これが必要だ!」と機転を利かせられます。

想定外の事態にも慌てることなく、対処するにはどうしたらよいかを考え、適切な答えを見つけ出せる危機管理能力の高さやメンタルの強さがあります。

6:ユーモアを混ぜて話ができる

頭の回転の速い人の15の特徴|速くする方法や診断ポイントも解説会話中に上手い切り返しやユーモアを挟むには、頭の回転の速さが必要です。

ここでいう「面白い人」とは、お笑い芸人の一発ギャグや流行りのギャグを会話の途中に挟んだり、ツッコミしたりすることではなく、話題の延長線上にあるユーモアという意味です。

また、会話をテンポ良く進めるために「笑い」を挟むのは非常に有効な手段です。その技術は、頭の回転の速さ、知性なしに語ることは出来ないでしょう。

7:難しい事を簡単な言葉で説明できる

「専門家の話は、専門的な言葉で難しくてつまらない」と思った経験があるでしょう。専門分野に長けた人は、つい自分達が使っている専門用語で説明してしまいがちです。

その為、専門的なことでも簡単に説明でき、これを言っても伝わらないなと瞬時に判断することができる人は頭の回転が速い人だからこそでしょう。

8:まとめることが上手い

知らない物について説明するという行為は大変です。そのような時、人は身近なものに置き換えて説明します。そこまでは誰でもできるのですが、頭の回転が速い人は、どんなものに置き換えたら相手にとって分かりやすいのかをすぐに判断できる能力があります。

例え話や話の持っていき方、まとめ方が上手いので、わかりやすく説明できます。これは、センスの良い会話力とも言い換えられるでしょう。

9:向上心が高い

頭の回転が速い人の特徴として、とにかく知識欲が強いため知らないことを知ろうとします。また、今できないこともできるようになろうという向上心が強い傾向にあります。頭がいい人は、知らないことをそのままにしておけないのです。

知識が豊富なので話題が尽きず、色々な言葉や物事を知っていて、話し上手であるというのは頭の回転の速さからくる賜物だと言えるでしょう。

10:記憶力が高い

過去を話題にしている際に、「そういえば前は〇〇だったけど、今はどうなの」と自分のことを自分以上に知られていると感じたことがある人もいるでしょう。

頭の回転が速い人の多くは、記憶力が非常に高い傾向にあります。相手が忘れてしまったようなことでも覚えていて、喋りながら上手く話を繋げられます。

11:好奇心が旺盛である

頭の回転の速い人には、雑談の中で気になったことは調べずにいられなかったり、首を突っ込んではいけない事でも近づいてしまったりする人がいるのも事実です。

どうしても「知りたい!」という欲求に勝てず、知的好奇心が旺盛な人にありがちな行動です。そして、頭の回転が速い人の特徴の1つでもあります。

12:常に効率化と優先順位を考えている

頭の回転の速い人の15の特徴|速くする方法や診断ポイントも解説頭の回転が遅い人は優先順位がわからないため、本来後回しでよいものから手をつけて効率が悪くなり、作業が遅くなる傾向があります。

頭の回転が速い人の場合は、常に効率化と優先順位を考えて動いています。したがって、日々の習慣から効率を上げる方法をマスターしているので、どのような作業でも素早く効率的にこなせるのです。

13:上手くいかなくても割り切る事ができる

何かトラブルがあった際、そのトラブルにとらわれていつまでも引きずってしまうことがあるのではないでしょうか。

頭の回転が速い人は、すでに起きたことはどうしようもないと割り切り、やるだけのことをやったら開き直って、次は何をすべきなのかに意識を向けられます。

もちろん反省することは大事ですが、反省ばかりしていては先にすすめません。上手くいかなかった場合でも、修正する方法や次に出来ることを考えられるのが頭の回転が速い人の特徴です。

14:自分がどう見られたいかしっかり考えている

頭の回転が速い人は、自分がどう見られたいかをきちんと考えています。これを言い換えると「どのような自分でありたいか」ということになります。

理想とする自分像がはっきりしていて、常にそうあるように心がけているので、行動や会話に一貫性があり一本筋の通った人という印象を与えられるでしょう。

これは、相手から信頼を得るためにもとても大切なことです。

15:自己否定をしない

頭の回転が速い人は、安易に自己否定しません。自己否定しても、何も生まれないことを知っているからです。

解決するにはまずどうすればいいのか考えます。自分に何か問題があれば、それを改善しようと考え行動します。いつまでも、自分に自信がないからと自己否定だけしていることはないでしょう。

頭の回転を速くする方法4つ

頭の回転を速くするには、具体的にどのようなことをすればよいのでしょうか。

ここでは、分かりやすい例えを出しながら頭の回転を速くできる方法を4つお伝えしていきます。

1:本を読むスピードを意識的に上げる

読書は、脳に負荷を与え続けることが重要だと言われています。活字の本を読むという行為は、左脳を鍛えるトレーニングでもあります。

読書の際に、意識して読むスピードを上げてみましょう。多読することで、脳に良い意味での負荷がかかり、頭の回転を速くする良い助けとなるでしょう。

2:パラメーターを増やして頭に負荷をかける

頭の回転を速くする方法として、ひとつの物事に取り組む際にパラメーターを増やすということがあります。パラメーターの定義は「結果やプロセスに影響を与える変数」です。

仕事に置き換えて考えてみましょう。依頼された文書作成に関して、まずは最低限「納期」を守る「誤字脱字がないようにする」ことを目標にします。次は目標に加えて「レイアウトを洗練させる」「改善点をこちらから提案する」ことを念頭に置き、仕事の精度を上げていきましょう。

頭の回転が速い人は、意識しなくてもこのような行為が自然に出来ている傾向にあります。

3:自分で考えてアイデアを出してみる

自分でアイデアを出す作業は、頭の回転を速くするのにおすすめです。

難しく考える必要はありません。アイデアを考えるのは楽しくもあり、仕事上でいえば結果的に周りを助けることに繋がります。まずは、自分の業務について、いかに効率よくできる方法はないか考えましょう。

与えられたものをこなすだけでは、自分で考えることをやめてしまい、頭の働きが鈍ってしまいます。日頃から自分で考える癖をつけましょう。

4:1つの分野の理解を深めながら具体的な学びを蓄積する

頭の回転の速い人の15の特徴|速くする方法や診断ポイントも解説料理人で例えると、段取りや食材の仕込み、料理を出すタイミングなどがあげられます。前の料理を食べ終わるか食べ終わらないかのタイミングで次の料理を出したいのであれば、最適な時間に料理を提供するための段取りを考えます。

このように、頭の回転を速くするには、自分が行っている業務について理解を深め、そこから具体的な学びを蓄積するようにしましょう。

頭の回転が速い人とそうでない人の診断ポイント7つ

自分は頭の回転が速いのか、判断が付かない人も多いのではないのでしょうか。いくつかの簡単な診断で、頭の回転の良さを判断する方法があるので紹介します。

ここであげる7つのポイントは、頭の回転が速い人の特徴でもあります。頭の回転が速い人を目指したいのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

1:正確な決断力があるかどうか

仕事や日常生活で、規模の大小はあるものの私たちは日々「決断」しながら過ごしています。

優柔不断になり決断が下せないことは避けたいものです。ただ、素早く決断を下せたとしても、その判断が間違っていては良くないでしょう。頭の回転が速い人は、瞬時にどちらが正解かを見抜き、素早く正確に決断できます。

2:教えられたことの理解速度はあるか

「一を聞いて十を知る」という言葉をご存知でしょうか。「物事のほんのさわりの部分を聞いただけで、その全体像をも理解できる」という意味です。

その人の理解力が高いこと、頭の回転が速いことを指しています。少し説明しただけですぐに理解してしまう人は頭の回転が速い人だと言えます。しかし、分かったつもりで分かっていなければ、ただの早とちりになってしまいます。

3:物事に取り組む姿勢はどうか

頭の回転が速い人は、物事に取り組む姿勢も真面目でかつ、集中力の高いことが特徴です。

「声をかけても反応がなかった」という程集中していることも珍しくはありません。勉強や仕事の際に気が散るタイプとは真逆だと言えます。自分が作業に取り組む際、周りがどんなに騒がしくても並外れた集中力で成し遂げられます。

4:無駄な事は避けられることができるか

無駄なことが嫌いで、常に優先すべきことを把握しており自分の中で優先順位を付け効率的に動けるので、無駄だと感じたことは避ける傾向にあります。

たいていは効率の良いことが重宝されますので、頭の回転が速い人の行動は称賛されるのです。

5:物事の先読みをする力があるか

頭の回転の速い人の15の特徴|速くする方法や診断ポイントも解説頭の回転が速い人は、理解した内容によって将来何が起こるのかを予測する力があります。「景気の動向を先読みする」ことは、ビジネスでもよく行われているでしょう。

頭の回転が速い人は、今何が起こっているのかを正確に把握し、その影響がこの先どう表れるのか具体的に予測できるでしょう。

6:知識と話題の量はどの程度か

知識欲が高く好奇心旺盛なため、知識と話題の豊富さは他の追随を許さないほどです。

普通の人は知らないようなことでも知っているのが、頭の回転が速い人の特徴でもあります。「そんなことよく知っているね」「〇〇さんて物知りだよね」と、よく言われる人は頭の回転が速い人だと言えます。

ただし、承認欲求や自己顕示欲から、知識をひけらかすことのないよう注意しましょう。

7:グループテストをする

「AのグループにあってBのグループにないものは何か」というようなテストが得意かどうかで、頭の回転が速いかどうかの判断材料になります。

このテストは「あるなしクイズ」とも呼ばれており、1+1=2のように答えがすぐに導き出されるテストではありません。問題を見て、そのグループに共通するものを見つけ出さなければならないので思考力が問われます。

頭の回転の速い人の特徴を知ろう

今回は、頭の回転が速い人に共通する特徴や診断ポイントについて紹介しました。頭の回転が速い人は知識量が多く、時に早口になるほど話の展開も早いのが特徴です。また、臨機応変に会話できる話し上手な人をいいます。

頭の回転が速くなりたい人は、今回紹介した特徴を真似してみてはいかがでしょうか。仕事の効率を上げたり、友人との会話を更に盛り上げたりすることにつながるでしょう。

センチネルの他の記事を読む