大人の遊びのマナーを知っている男性と遊ぶと気持ちよくなれる【ひとみしょうのエロくてすみません】

今、セフレと呼ばれている関係は、その昔「大人の遊び」と呼ばれていました。時代が過ぎて呼び方が変わっただけのように見えますが、それだけじゃないんですよね。

大人の遊びがセフレと呼ばれるようになって、遊び方が変わりました。どう変わったのかといえば、マナーがなくなった。だから今の時代、セフレに泣かされる女子っていっぱいいるでしょ?

大人の遊びって、マナーを知りそのマナーを守れば、とても楽しいものになります。
大人の遊びのマナーを知っている男性と遊ぶと気持ちよくなれる【ひとみしょうのエロくてすみません】

セックスの基本は「男はヤラせていただく」です

マナーを守ろうと思えば、お金がかかることもあります。たとえば仕事中に出たゴミは、どこでも好きな場所に捨てていいというものではないですよね。ゴミの日に出さないといけないし、そのゴミ袋は有料です。お金がかかります。

同様に、大人の遊びも、マナーを守ろうと思えばコストがかかります。

今のセフレって「会ってヤッてバイバイ」でしょ? 昔は「会って、食事をして、エッチして、送っていく」でした。食事と送っていくというコストがかかっていました。だから、ある程度お金がないと大人の遊びなんてできなかったんですよね。

今は、食事なんてしないカップルがいるのは当たり前らしいし、ホテル代も割り勘とか!

でも、セックスの基本は、男はヤラせていただく、です。男は女子を気持ちよくさせてあげないといけない。この基本から考えれば、セックスの前に食事をして当然だし、セックスのあと女子を送ってあげるのも当然だし、それらにかかるコストを男がすべて負担して当然でしょ?
大人の遊びのマナーを知っている男性と遊ぶと気持ちよくなれる【ひとみしょうのエロくてすみません】

大人の遊びのマナーを守っている男性と遊びたい!

そういう大人の遊びのマナーを守っている男性と遊びたい(=セフレになりたい)。こういう女子の思いが支えているのが、パパ活だと僕は解釈しています。

「パパ活=売春」だという人もいるし、実態としてはそうであるわけだけど、でも、普通に暮らしているのではマナー良く遊ぶ男性に出会えない。だからパパ活専門のサイトに登録して、そこで良さそうな男性を吟味して、それからセックスするかどうかを決める。

女子がここまで慎重になって、当然といえば当然だろうと思います。

なぜなら、若い男はマナーを体現できるほどのお金を持っていないし、普通の暮らしの中では、その男がマナー良く遊ぶ人かどうかなんてほぼ見極めることが不可能だから。一見マナーが良さそうに見えて、セックスの段になると途端に豹変する男って、やっぱりいるからねえ。
大人の遊びのマナーを知っている男性と遊ぶと気持ちよくなれる【ひとみしょうのエロくてすみません】

大人の遊びのマナーを知っている男性と遊ぶと、女子は気持ちよくなれる

さて、女子にとっての大人の遊びのマナー。そのキーワードは「言葉」「約束を守る」の2つです。

言葉とは、大人の遊びをさせてくれる男に対して、「ありがとう」とか「そこが気持ちいい」とか「今日は5回イキたい」など、自分の気持ちを素直に伝えること。

「約束を守る」は、ドタキャンしないこと。

女子の場合はこれらを守っておくと、相手の男から悪く思われることはまずないでしょう。たとえデートに財布を持っていかなくても、マナーのいい女子だと思われるはず。
大人の遊びのマナーを知っている男性と遊ぶと気持ちよくなれる【ひとみしょうのエロくてすみません】
問題は男です。繰り返しになりますが、男にとっての大人の遊びのマナーとは、ヤラせていただく女子に対し、感謝の気持ちを持つことから始まります。

「俺の欲望を満たすために、俺の好きなようにセックスをする」こんなことを思っている男はアホです。それは大人の遊びではなく、子どもの遊びです。オワッてます。

あくまでも男はヤラせていただく&女子のことを気持ちよくさせてあげる立場――こういう考え方をしている男性は、大抵きれいに遊びます。

この「きれい」を会得するために、男たちは意識的にかなりの時間とお金を自分に投資するのです。だからこそ、きれいに遊べる。

大人の遊びのマナーを知っている男性と遊ぶと、女子は気持ちよくなれるのです。

この記事どうだった?

7いいね!

4うーん…