精子脳男子の見分け方とは?【ひとみしょうの男ってやつは……】

編集部から聞かされるまで、精子脳なる言葉を知りませんでした。普通に暮らしていたら精子脳なんて言葉、使わないしね。

それはそうと、精子脳に対して、卵子脳という言葉ってあるのでしょうか? 精子脳が、「常にセックスのことを考えている男子」と定義される言葉であるなら、卵子脳は、「常にセックスのことを考えている女子」ということになりますよね。

そういう女子がいるのは知っていますが、彼女たちのことを卵子脳と呼ばないのなぜ? さて、今回は精子脳男子の見分け方についてお届けしたいと思います。

セカンド童貞=精子脳

女子であるあなたの直感で「この男子、セカンド童貞だな」と思えば、その男子はたいてい精子脳です。

女子って、わりと包容力があって気の利いたことが言えて、仕事ができる男子のことが好きでしょ? その真逆の男子のことをセカンド童貞だと思っているでしょ? その直感、当たっています。彼らは正真正銘のセカンド童貞で、ゆえに精子脳を持っています。

女子と仲良く品よく喋っていても、彼の頭の中はセックスすることでいっぱいです。「どうやったら女子にモテるんだろう」「どうしてあんなもさっとしているおっさんが若い女子とセックスできるのだろう」などとばかり考えているんですよね。

精子脳男子の見分け方とは?【ひとみしょうの男ってやつは……】

アクセサリーをつけている男子は精子脳

若い男子で、ペンダントなどのアクセサリーをつけている男子は精子脳を持っています。

男子って、「どうすれば女子にモテるんだろう」とか「どこに行くとヤラせてくれる女子に会えるんだろう」などと考えますが、結局その考えが行き着く先は決まっています。仕事ができる&包容力のある男になればモテる、です。

でも、言うまでもなく、昨日の今日でいきなり仕事ができる男に生まれ変わるなんて不可能です。朝、目が覚めたらいきなり包容力のある男になっていました、なんてこともありません。

だから男子たちは「手っ取り早くできる<自分をかっこよく見せる方法>」を採用します。そう! 女々しく見えない程度にアクセサリーを身につけるのです。

「十字架のペンダントをつけている俺、かっこよくね? 俺とセックスしようよ」というメッセージが、彼らが身につけているアクセサリーに込められているのです。

精子脳男子の見分け方とは?【ひとみしょうの男ってやつは……】

理屈が多い男子は精子脳

ときどき、「理路整然と喋るあの男子はかっこいい!」なんて言う女子がいますよね。頭のいい男子のことが好きな女子に多い気がします。

どんなに立派な内容を、どんなに理路整然と喋っていようと、彼の脳内は精子でいっぱいです。つまり理屈を言う男子は全員、精子脳を持っています。

男子にとって、理屈とは、自分を大きく見せるツールです。上にも書いたとおり、昨日今日でいきなり仕事ができる立派な男になんかなれないのを男子たちは知っています。だから理屈を言うことで、少しでも「ダメな俺」を「ダメじゃない風に」見せようとします。

精子脳男子の見分け方とは?【ひとみしょうの男ってやつは……】

「こいつ精子脳でキモイ」と言う前に、彼女を紹介してあげてください

今の日本において、性欲が強い女子はラッキーです。女子はヤリたいと思えば、ヤレる相手を探すのに不自由しないですからね。

でも男子は違います。出会い系サイトに行こうと、街でナンパしようと、大学の教室や会社でヤラせてくれそうな女子を探そうと、ヤレない男は絶対にヤレないんですよね。仕事ができて包容力があって、多少の財力のある男に女子が群がるという事実があるのみです。

もちろん、そういう男子も、精子脳だからこそ、自分に寄ってきた女子と器用に遊ぶわけだけど、彼らの身のこなし方はスマートだから「あの男、精子脳なんだよ。ププっ」なんて女子たちから後ろ指をさされません。

モテない、ヤレない、ヤラせてくれないの三重苦の男子が、女子から後ろ指をさされます。男の世界ってかくも不平等にできているのです。「こいつ精子脳でキモイ」と言う前に、彼女を紹介してあげてください。

ひとみしょうの他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

21うーん…