結婚する上で価値観の違いは必ずしも重要ではない!?

「結婚を考えている彼氏がいるけど、いまいち価値観が合わない気がする。でも人として尊敬できる部分は多いし、自分と違った視点から物事を考えられるというのは良いことなのかも?」と、価値観が違うという理由で彼氏との結婚を迷うこともあると思います。

ということで今回は、「価値観の違いとは?」「価値観の一致が結婚において1番重要なのか」「既存夫婦が悩んだ価値観の違い事例」「価値観の違いを乗り越える方法」などについてご紹介します。

価値観の違いとは?

「価値観」とは、“何にどれだけの価値をおくかにまつわる個人的な基準”のことです。つまり「価値観の違い」というのは、“人生において重視するものや重要度の違い”を指します。

価値観は、生まれ持った性質以上に、育ってきた環境によって大きく影響を受けるものです。居住地や家庭の経済状況、家族構成など、共通する部分が多いもの同士が不思議と気が合うのは、環境の近さ故に価値観も似通っているからに他なりません。

自覚のないまま自分の行動をコントロールし、自分の意志で変えることのできないのが「価値観」といえるでしょう。

結婚を考える上で、恋人との価値観の違いはどう影響する?

――結婚相手は、価値観が同じ人を選びましょう。

きっとあなたもそんな言葉を見聞きしたことがあるのではないでしょうか。もちろん、結婚相手との価値観が近いに越したことはありません。

例えば、「お金」に対する価値観が大きく違った場合、家族としての生活基盤が不安定な状態にもなりかねないでしょう。とはいえ、「価値観」とは「価値基準」のことですから、大部分は話し合いで歩み寄ることができるものでもあります。

結婚相手には価値観が似ているということ以上に、テレビを見ていて同じ場所で笑い合ったり、同じものを食べておいしいと感じることができたりといった、話し合い以前の本能の部分が似通っていることの方が重要なのかもしれません。

結婚する上で価値観の違いは必ずしも重要ではない!?

既婚夫婦が悩んだ……価値観の違い事例

では、実際の夫婦が経験した価値観の違いによる悩みにはどのようなものがあるのでしょうか。

・お金に対する価値観の違い:「わたしがどれだけ節約しても、旦那が湯水のように使う。将来のことを考えてって何度言っても分かってくれない。」(31歳/派遣事務)

・家族に対する価値観の違い:「何かというと、『お前は○○家の嫁だから』って。実家では母が『嫁』なんて言われているのを聞いたことがないから、言われている意味が分からない」(25歳/アパレル)

・仕事に対する価値観の違い:「夫は超が付く激務。朝5時に家を出るのにその日のうちに帰ってくることがほとんどない。にも関わらず、『俺はまだ甘い』って……。死んでからじゃ遅いって言っても全く変わらない」(34歳/アルバイト)

結婚する上で価値観の違いは必ずしも重要ではない!?

価値観の違いはあれど、別れたくない時の対処法

では、相手と価値観が違うと分かった上でそれでも別れたくない時にはどうしたら良いのでしょうか。

先述したように、価値観を変えることは困難です。けれども、「価値観」はあくまでも価値基準でしかない為、話し合いなどによって歩み寄ることが可能です。ここで、歩み寄る為の大切なポイントを以下に二つ紹介します。

・相手の価値観を否定しないこと
・価値観はそうそう変わるものではないと理解し、時間をかけて歩み寄る努力をすること

この二つを心に留めておくことで、相手に対する無用な怒りや不満を鎮め、前向きに関係を育んでいくことができるでしょう。

もし、結婚後価値観の違いから離婚したいと思ったら……?

どれだけ時間をかけて歩み寄ろうとしても、やっぱりダメだった――その場合、悲しみや諦めから「離婚」を考えることがあるかもしれません。

実際に離婚を決断する前に、ひとまず冷静になって考えるべき問題について見ていきましょう。

・経済的に自立できるか
・問題になった価値観の違いは、相手が変わらなければ解決しないものなのか、自分自身に変わる余地はないのか
・問題になった価値観の違いは、本当に二人にとって離婚を決断しなければならないほど重要なことなのか

結婚する上で価値観の違いは必ずしも重要ではない!?

まとめ:完全に価値観が一致する人なんていない!?

価値観が同じ人と結婚した方が上手くいく――それは確かに真実であるかもしれません。

けれども、世の中に自分と全く同じ価値観を持った人物が存在するのかといえば、疑問が残るのもまた事実です。そもそも、価値観が全く同じだからといって、お互いが恋に落ちる保障はありません。

愛ある結婚生活を望むなら、自分と同じ価値観を持った誰かを探すより、多少違う価値観を持っていようとも、どうにか歩み寄りたいと思える相手を選ぶことが重要なのかもしれません。

安藤うめの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…