結婚したいなら、結婚を前提に付き合うべき? メリットとデメリットとは

「結婚を前提に付き合う」というと、なんだか堅苦しいことのように感じられるかもしれません。その一方で、結婚への確実な一歩という考え方もあるでしょう。

今回は、「結婚を前提に付き合う」ことのメリットとデメリットをそれぞれ紹介していきます。

結婚したいなら、結婚を前提に付き合うべき? メリットとデメリットとは

結婚を前提に付き合うメリットとは

まず初めに、結婚を前提に付き合うメリットについて見ていきましょう。

確実に結婚へと近付くことができる

結婚を前提に付き合うことの最大のメリットは、なんといっても“確実に結婚へと近付くことができる”というものです。婚約が“結婚の約束”であるのなら、結婚を前提に付き合うことは“婚約の約束”と言ってもいいかもしれません。特に、結婚を強く望む女性にとっては、まるで結婚へのパスポートを手に入れたかのような喜びを感じさせるものであることでしょう。

彼からの「結婚を前提に付き合おう」という言葉は、「結婚したいけど、できなかったらどうしよう」という女性側の不安を一瞬で打ち砕いてくれるに違いありません。

お互いに真剣なお付き合いができる

「結婚を前提に付き合う」ということは、お互いの心に「適当なことはできないな」という思いを抱かせるものです。

これまで奔放な恋愛を楽しんできた人であったとしても、いざ結婚前提の恋人ができたなら、「自分はもうこれまでとは違うステージに立ったのだ」という恋愛に対する考え方の変化が起きるはず。

それによって、例えば過去の恋人との関係であったなら喧嘩別れで終わっていたようなすれ違いや喧嘩に対しても正面から向き合おうとしたり、相手を受け入れようという心境の変化が起きるのです。

お互いの良い部分も悪い部分も全てさらけ出すような、これまでにない深い関係を築くことができるでしょう。

結婚したいなら、結婚を前提に付き合うべき? メリットとデメリットとは

覚悟が決まる

結婚に対してあまり真剣に考えたことがないという人、あるいは漠然としたイメージしか持っていないという人にとって、「結婚を前提に付き合う」ということは、結婚する覚悟を決める為の大切なステップです。

「結婚を前提に付き合う」ことで、結婚によって自分自身や自分の人生に起きるだろう変化を具体的にイメージすることができるでしょう。

高い夢や目標に邁進してきた人や、自分一人でも充実した人生が送れるという自信がある人にとって、特にこの「覚悟」というのは重要です。この覚悟を決めることによって、結婚生活の中で度々訪れる“自分の人生が自分の力だけではコントロールできなくなる事態”を受け入れることができるようになるでしょう。

結婚を前提に付き合うデメリットとは

では、結婚を前提に付き合うことのデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

別れにくい

「結婚を前提に付き合う」ことのデメリットとして、まず挙げられるのは「別れにくい」というものです。

お付き合いを始める際に、彼から「結婚を前提に付き合ってほしい」と言われ承諾したものの、いざお付き合いがスタートしてみるとやっぱりなんだか違う気がする――そんな時、結婚を前提に付き合っているばかりに、まるで婚約破棄でもするかのように別れのハードルが高くなってしまうのです。

もちろん、「結婚を前提に付き合う」ことと「婚約」は違う為、そのタイミングで別れを切り出したからといって婚約破棄にはあたりません。この人とは無理と感じたのなら、安心して別れを切り出しましょう。

ただし、正式にプロポーズをされて了承していたり、婚約指輪を受け取っていたり、両家の顔合わせを済ませていたりなど、第三者から見て「婚約」と判断されるような状態にあったなら話は別です。

その場合、一方的に別れを告げてしまうと「婚約不履行」として訴えられてしまうことにもなりかねないので注意しましょう。

結婚したいなら、結婚を前提に付き合うべき? メリットとデメリットとは

相手の短所が目に付きやすい

普通のお付き合いであれば目を瞑っていられるような相手の些細な欠点も、生涯を共にする相手となるとどうしても見過ごせないという人は多いのではないでしょうか。

例えば、一週間に一度だけ耳元で聞くいびきには我慢ができても、毎日となると耐えられない――これは、愛情のあるなしとはまったく別の、ごくごく自然な感情です。恋人ならば許せるけれど、結婚相手なら許せないと感じるポイントを、多かれ少なかれ誰しもが持っています。

結婚を前提に付き合う相手のように、結婚相手としてのフィルターがかかってしまうと、許せないと感じる部分が増えてしまうのはある意味やむを得ないことでもあるのです。

打算的になる

結婚を前提に付き合うと、「相手の短所が目につきやすい」人がいる一方で、反対に「打算的になる」人もいます。

例えば、結婚を前提に付き合ってみたはいいものの、やっぱりピンとこない、どうしても受け入れられない部分があると感じたとしましょう。

通常のお付き合いであればその時点で別れを告げるはずですが、「見た目」「社会的地位」「お金」など、結婚相手として理想的な条件が整っているから別れない。結婚というゴールが見えかけた状態では、そんなことも充分起こり得るのです。

結婚したいなら、結婚を前提に付き合うべき? メリットとデメリットとは

終わりに

いかがでしたか?

結婚を前提に付き合うことには、メリットもデメリットも同じように存在します。そのどちらを重視するかは実際のところ当人たち次第。メリット・デメリットをしっかりと考えた上で、結婚を前提に付き合うかどうかを決断してくださいね。

この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…