プライド高い男性の特徴を知って、上手くあしらってみよう!

男性と話していると、往々にして「この人もしかしてプライド高いんじゃないか」なんて気づかせられる時がありますよね。プライド高い男性は面倒くさいし、付き合いづらくて厄介なもの。

しかしそれが同僚だったり上司だったりすると、無視をし続けるわけにもいきません。この記事では、プライド高い男性の特徴を分析し、上手くあしらえる方法を考えていきたいと思います。

自分の非を認めない

プライド高い男性は、たとえ大きな失敗をしようとも自分の非を認めようとはしません。それどころか、部下に責任をなすりつけたりもします。こういった男性は、完璧主義な人が多いです。完璧な自分を求めるが故に、プライド高い武装で自分を守っているのです。

神経質な面もあり、一見付き合いづらいと思えるかもしれません。しかし、完璧主義は弱さの裏返しでもあります。「失敗してもいいんですよ」ということをさりげなく伝えるようにしながら、広い心で見守ってあげるといいのではないでしょうか。

プライド高い男性の特徴を知って、上手くあしらってみよう!

自意識過剰である

プライド高い男性は大抵の場合、自意識過剰であることが多いです。自分を中心に世界が回っていると考えていますし、性格的に難がある場合もあるでしょう。こういった人に「あなた中心に物事は進んでいるわけではありません!」と怒ってみせたとしても、「はぁ?」という反応が関の山でしょう。

プライド高い男性は、自己中心的な考えを曲げません。この場合には相手を無理やり変えようとはせずに、つかず離れずの適度な距離を保って接するのが吉です。どうせ、自意識過剰な性格は直らないのですから。

プライド高い男性の特徴を知って、上手くあしらってみよう!

自慢話ばかり

プライド高い人は、自分自身の自慢話が大好きです。「昔はこんなことばかりやっててさあ……」などという武勇伝じみたものから「あの会社の社長に気に入られて、大口の仕事が取れちゃった」なんて業務内容に関する自慢まで、その自慢話を止めることは不可能に近いです。

「すごいですね」「さすがですね」と持ち上げていい気分にさせるのは簡単ですが、それではあなたのストレスは溜まってしまう一方です。「へえ、そうなんですか。では私は仕事に戻りますから」などと冷たくあしらうように心がけておけば、いくらプライド高い相手にも「俺の話がつまらなかったのかな?」と気づかせることができます。

プライド高い男性と話す時は甘やかさずに、冷たい態度で気づいてもらうようにしましょうね。

プライド高い男性の特徴を知って、上手くあしらってみよう!

他人の学歴を聞いてくる

なんといってもプライド高い男性から言われることで、一番腹立たしいのがこれではないでしょうか。他人の出身大学を聞いてきて、自分の高学歴をひけらかすというものです。

「君、どこの大学出身?」
「えっ、そんな大学出ても意味あったの?」

などと、こちらの気持ちを逆なでするようなことばかり言ってくるのがプライド高い男性の特徴です。

そんな嫌味な奴を撃退する為にはプライド高い男性よりも更に高学歴な同僚と仲良くなって「どこ大出身?」と聞かれた際に「T大ですけど」などと言わせてぐうの音も出ない状況に追い込んでやれれば気分がよくなります。

プライド高い男性はそれだけで敗北感を感じ、二度と学歴の話題を出してくることはないでしょう。

百花繚乱の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…