痩せたいけど食べたい! ダイエット女子が葛藤に負けない方法

「痩せたい」という気持ちがあっても、「食べたい!」という欲求に勝てないことってありますよね。特にダイエット中は食べ物のことばかり考えてしまいがちで、リバウンドの原因になることもしばしば。

「痩せたい。でも食べたい」という葛藤に勝つには、どうすれば良いのでしょうか?

SNSでダイエット宣言をする

人間は意思が弱いもの。ダイエットしようと決めても、自分一人で頑張りぬくのは難しいので、twitterやfacebook、ブログなどを利用して「ダイエット宣言」してしまいましょう!

その日に食べたものを報告するだけでもかなりのプレッシャーだから食事の内容に気を付けるし、「頑張ってるね」とコメントを貰えると一気にモチベーションアップ。

同じようにダイエットを頑張る仲間とフォローし合うのも楽しいですよ。たまには息抜きと称して「甘いものを食べるオフ会」を開催するのも良いのではないでしょうか。

痩せたいけど食べたい! ダイエット女子が葛藤に負けない方法

身の回りに「青いもの」を増やす

青色には食欲を抑える効果が期待できるそうです。筆者も実際にこの方法を試してみましたが、ランチョンマットとお茶碗を青色にするだけで本当にいつもより食欲を抑えられました。

なんというか、青色って心がスッと静まるし、食べ物とはどこかかけ離れた色なので、お茶碗に軽く一杯のごはんや腹八分目のおかずでも十分に満足できてしまうんですよね。

食べたいだけ食べていた頃はパッと明るい色のランチョンマットやお茶碗を使っていましたが、気持ちが開放的になるせいで「おかわりしてもいっか!」と自分に甘くなっていたと思います。

低カロリーな食材をフル活用する

食欲が止まらない時って、とにかくお腹いっぱい食べないと満足できませんよね。しかし、油をたっぷり吸った揚げ物やスナック菓子、砂糖がどっさり入ったスィーツなんかをドカ食いしてしまってはますます体重が増えるばかり。

カロリーの高い食べ物はデザート代わりにほんの少しいただくようにして(なるべく目につきにくい場所に保管しておきましょう!)、たくさん食べても太りにくい食材で料理をするようにしましょう。

たんぱく質もとれる鶏のささみ、食物繊維たっぷりのレタス、食べるのに時間がかかる熱々のおかゆ、低カロリーなのに食べごたえ抜群のこんにゃく、栄養豊富で女性ホルモンを整えるのにも役立つ豆腐など、探せばダイエットに適した食材やメニューは色々とありますよ!

痩せたいけど食べたい! ダイエット女子が葛藤に負けない方法

目標となるモデルやタレントを設定する

ダイエットをする時は「なんとなく痩せたい」というあやふやなものよりも、「あの人みたいになりたい!」と具体的な目標を立てた方がモチベーションを保ちやすく、成功しやすいです。

憧れのモデルやタレントのポスターを部屋に貼ったり、スマホの待ち受けにしたりして、一日に何度も目に入るようにしておきましょう。そして、今現在の自分自身の姿もしょっちゅう鏡に映して見てみるのです。

当然のことながら太ってしまった自分の姿は憧れの人には程遠いので、「食べたい!」という気持ちが湧いてきても「いやいや、そんなことをしていてはダメだ」と戒めるのに役立ちますよ。

成功のコツは、自分と似たタイプの人を目標に設定すること。あまりかけ離れたタイプだと痩せた時のイメージが湧きにくいので、痩せた自分を自然に想像できる人を目標にしましょう。

お出かけで運動量を増やす

ダイエットといえば、パッと頭に浮かぶのはハァハァと息を切らしながら必死に運動している自分の姿。しかし、あまり無理をすると続かないし、ダイエットに対してマイナスなイメージばかりが先行してしまうので、やりたくもない運動をするのはあまりおすすめできません。

かといって動かずにいればカロリーを消費できず溜め込んでしまうばかりなので、趣味や実益も兼ねた楽しい運動をしましょう。例えば、旅行が好きならできるだけ公共交通機関は使わずに歩いて散策してみる、スポーツ系の婚活イベントに参加してみる、などですね。

意識してこういう機会を増やしていくうちに、筋肉も鍛えられて基礎代謝力が上がり、少しずつ痩せやすい体質にシフトしていくはずですよ!

痩せたいけど食べたい! ダイエット女子が葛藤に負けない方法

終わりに

これだけおいしい食べ物が溢れている時代に、食べたい気持ちを抑えてスリムでいるのはとても難しいことです。しかし、太っているよりも痩せている方が綺麗に見えやすく、恋のチャンスが増えるのも事実。

「痩せたい!」と思ったその時がダイエット開始のベストタイミングなので、できるだけ楽しく続けられる方法を探して頑張ってみましょう。

まぁこの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…