鏡の掃除方法のコツを大公開! 汚れを取り除いてピカピカに!

身だしなみを整えたり、メイクの出来を確認したりと、鏡は日常生活に欠かせないアイテムですよね。また鏡は、生活環境が整っているかどうかを確認する指標にもなると思います。鏡が汚れていたり曇っていたりすると、気分が上がらなくなるものです。

そこで本記事では、ピカピカの鏡を取り戻すべく、鏡汚れの原因や汚れの種類別の掃除方法を一挙ご紹介します。

鏡汚れの原因を知ろう

ふと気づくと汚れている鏡。鏡につく汚れは、主に「水垢」と「油汚れ」に分かれます。その他、日々の掃除をおろそかにしているとどこからかやってくる「ほこり」もありますね。

水垢の正体は、水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル成分。それが水分が蒸発した後に残ってしまい、白く汚れて見えてしまうのです。

一方の油汚れは、化粧品や手垢、皮脂などが主な原因。

「汚れ」と一括りにしても性質がまったく異なるので、同じ掃除方法では綺麗にできないのが厄介なんですよね。

次項では、汚れの種類別にその掃除方法をご紹介します。
鏡の掃除方法のコツを大公開! 汚れを取り除いてピカピカに!

①ほこり汚れ編

どこからともなくやってくるほこり達。あまり意識しないかもしれませんが、ほこり汚れは鏡にもつきます。

基本的にはサッと拭けば綺麗になるので、比較的落としやすいのが特徴ですね。使い古した布や雑巾などで優しく拭き、水拭きの後は乾拭きで仕上げればOK。鏡を傷つけないよう、なるべくやわらかい布を使ってくださいね。

仕上げに、水200mlに対し小さじ1の柔軟剤を混ぜたもので雑巾拭きすると、ほこりがつきにくくなるのでおすすめです。柔軟剤には静電気を抑えるはたらきがあるので、その性質を利用した裏技です。最後に乾拭きを忘れずに!

②水垢編

ガンコな水垢汚れはアルカリ性なので、酸性のものと中和させることで汚れが落ちやすくなります。

トイレ用洗剤などで酸性のものがあればそれを代用してもOKですし、お掃除グッズとして人気の高い「クエン酸」もおすすめ。キッチンから「お酢」を持ってくるのもアリです!
鏡の掃除方法のコツを大公開! 汚れを取り除いてピカピカに!
水100mlに対して小さじ1のクエン酸を混ぜた水溶液を作り、それを鏡全体にスプレーします。その後、ラップやキッチンペーパーなどでパックして、数時間放置。すると酸性とアルカリ性が中和されて、汚れが落ちやすくなるんです。

柔らかいスポンジなどで汚れをこすり落とし、酸が残らないようしっかり拭いたらお掃除完了です!

水垢汚れは放置すればするほどかたくなって落ちにくくなるので、洗面台やお風呂を使った後は水滴を拭き取りましょう。それだけで、かなり水垢がつきにくくなります。

ちなみに、酸性の洗剤と塩素系洗剤を混ぜると有毒なガスが発生します。くれぐれも注意しましょう。

③化粧品汚れ編

手っ取り早いのが、新聞紙を使った方法です。インクが油汚れを吸着してくれるだけでなく、薄い膜を作るので汚れがつきにくくなるという一石二鳥! 自宅で新聞を取っているなら、ぜひ試してみてください。

やり方は、丸めた新聞紙を少し濡らして鏡をこするだけ。仕上げに、乾いた新聞紙で乾拭きして完了です。簡単ですよね♪

新聞紙がないときは、重曹を使った方法がおすすめ。重曹はアルカリ性の性質を持ち、酸性の油汚れを分解するのでキッチンの掃除にも活躍するエコ洗剤なんですよ。

掃除方法は水垢と同じ。水100mlに対して小さじ1の重曹を混ぜた水溶液を作り、鏡についた汚れになじませます。あとは綺麗に拭き取り、仕上げに乾拭きをしてフィニッシュです。
鏡の掃除方法のコツを大公開! 汚れを取り除いてピカピカに!

鏡をピカピカにすると気分も高まる!

汚れの種類別に鏡の掃除方法を紹介しました。鏡汚れに困ったときは、今回紹介した掃除方法を試してみてください。

それでも落ちないガンコな汚れは、研磨剤やカッターなどで削ったりせずに、お掃除業者にお願いするのも一つの手です。鏡に傷がつくとそこから腐敗するリスクもあります。

汚れた鏡よりも、ピカピカに磨かれた鏡の前で身だしなみを整えるほうが気分が高まるはず。綺麗な鏡をキープして、心がシャンとするような生活を心がけましょう♪

七尾なおの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…